バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
LiL Larry POWER POCKET LIGHT
少し変わったハンドライトをGW直前にRICOランド東雲へ行った時に衝動買いしていた。
一般的なライトのようにスポット光で照射するのではなく、面発光にて周囲を照らす為のペンライト、LiL Larry POWER POCKET LIGHTというのが商品名になるようだ。
お値段2千円ほど、レジ横に展示してあったがライト好きなピカ厨なので即買い。(こういったものは一期一会)
PROTREK PRT-50のベルト交換
PRW-1500を入手してからお蔵入りしていたPRT-50。
久しぶりに取り出してみたら電池が切れていたので交換…していたら何故かアナログな針に何かが反応してしまい、常用の腕時計として再び使い始めることになったがベルトだけは交換することになった。
ハクキンカイロ mini
「こはる」も持っているけどminiをようやく購入。
実は「こはる」の火口を発注した時に勢いで買ってしまったのは内緒だ。
PEACOCK(3R)を4個持っているのにmini買って「どうすんだコレ?」的な状況は考えない様にしよう。
DANBOARD x amaloop
冬場の手を温める道具にエネループカイロ KIR-SL2Sを2個(予備でSL1Sx2)使用しているが、これは単三型エネループを使用する電池入れ替えタイプだ。
中の電池は1シーズン使った程度では大きな劣化は認められないのだが、ほぼ毎年交換している。
今年も新しい電池を…と思ったところ、amazon basicsで販売しているニッケル水素充電池(俗称amaloop)の評判が良いので購入しよおうとWebサイトを見るとDANBOARD柄があるので買ってみた。
ミニマグライトLED 2nd AA
ツーリング(特に夜走り)、キャンプにいつも持ち歩いているのがミニマグライト。
最初に買ったのは1990年代半ば、ミニマグライトAAとソリテールだったが電球なので明るさはどちらも「それなり」
それから20年近く経過してソリテールもマグライト社によりLED化されたので(やっと)購入した。
フラッシュライト買った
趣味のハンドライト再開w
今まで(今も)主力のメインライトがミニマグライトにTerraLux TLE-5EXを組み合わせた(一応)140ルーメン仕様。
通常の使用であればこのミニマグで十分だが、短時間でも強力な光をと考えてフラッシュライトの領域に手を出した。
OPTIMUS No.123R SVEA
1月23日はSVEAの日…と誰が決めている訳でもないが、机の上に並ぶのは2つのSVEA。
汚れまくったSVEAは自身初のガソリンストーブでもあるが購入は2006/11/23(数字の末尾3桁が一応123になっている?)なので8年ほど使用している事になる。
当時は生産終了の噂が流れていたこともあって急いで購入した記憶があるが、2015年の現在は生産終了の噂は聞くことが無く安定した販売状況のようだ。
冬準備~ハクキンカイロの換火口~
都内の最低温度も10度台前半で推移しつつある10月下旬、11月に入れば強い寒波一つで一気に一桁台まで下がることが予想されるので冬装備の一つである懐炉を引っ張り出した。
メンテナンスと言っても春から放置したボディを磨いて「曇り」を取りプラチナ触媒がある火口をチェックする程度だが、むしろ行方不明になっている個体が無いかの確認をするのが目的となっている気もする。
nuvi1480をv14に地図更新
nuvi205用にmicroSD版のCityNavigator日本詳細地図v14を購入したが、いいよねっとではnuvi1480/1480plus向けに内蔵フラッシュの地図データをv14へアップデートするサービスを継続していたので申し込みを行い、送付したnuvi1480が戻ってきた。
既にmicroSD版でv14を持っているが、nuvi1480/1480Plus向けの地図更新はv14へを最後に終了しているので新東名に対応している最終版にしておきたかった。
ヘルメットの音声をBluetooth化
今更ながらにBT化。
液晶が壊れたnuvi1480plusを復活させたが、交換用の液晶を入手するまでに幾つかの考えがありzumo660への乗り換えも考慮に入っていた。
地図更新の継続性、そしてヘルメットへの音声伝達手段にBluetoothが使えるというメリットからだった。
nuvi1480plus復活
去年の10月に入手したnuvi1480plus、zumo660が高価すぎて手を出せなかったのでMP3再生機能を持つ低予算機種となると1480/1480plusしか選択肢は残っていなかった。
地図年度は2011年(整備は2010年の9月頃までの道路が対応?)なので古いままだが、新東名と圏央道を除けば普段使いに困ることは無いので重宝していたのだが…やってしまった。
ガレージから自室へ戻る時に何気なく落とした一撃が液晶へクリーンヒット、表示される画面は前衛芸術を目指して失敗したような状態になっていた。

...orz...
nuvi205バッテリー交換
2009年に販売が終了したガーミンの3.5インチモデルナビ nuvi205。
コンパクト路線を貫いて欲しかったものの、現実はそうも行かず現在の日本のガーミンの製品はオートバイ用のzumo660を除くと5インチか7インチの製品しか無く、GPZ900RならまだしもRZ250には大き過ぎる液晶サイズだ。
そんな状況でnuvi205を使い続けてきたが、最近は電源周りで怪しい動きが出ていた。
nuvi205の地図に新東名高速を
名称検索が使えないとか探索する経路品質がバカ過ぎるとか一部を除きダメ出しされまくっているGarmin nuviシリーズを未だに愛用して4年、最初に買ったnuvi205は新東名高速が入らないまま日本の地図更新対象機種からディスられていた。
滅多に使わない新東名だけど、いざ走ると山の中や人知れず細い道を少しだけ走ってはリルートを繰り返す…
このままでは「ストレス溜まるなー」と制限事項付きだけどnuvi205に新東名対応をさせてみた。
GARMIN nuvi1480plus入手
2011年発売、既に型遅れの販売終了品を今頃になって所望。
理由はただ一つ、「安くてMP3再生機能がある」ただそれだけ。
今頃になって気がついた自分のトロさに..orz...な気分。
USBパワーメーター
不本意ながら会社から首輪に鈴をつけられてしまった、iPhone4Sという鈴だ。
普段はガラケーなのでキャンプ中などでもあまり充電に気を使わなかったのだが、iPhoneはそうも行かず頻繁に充電する必要にせまられ、既存の機材などで凌いでいたが状況を把握する必要性を感じて電流の「見える化」を実現してくれる便利アイテムを購入した。