バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
GPZ900Rノーマルマフラーに戻す
2001年からGPZ900RのマフラーはSP忠男スーパーコンバットを17年装着していたが、6月のある日にサイレンサーを見ると角度がおかしいことに気がつく。
触れてみるとサイレンサーの根元が中から崩壊してグラついていた…年末に凍結した路面で軽い転倒をした時にサイレンサーが路面と接触して内部から崩壊したらしい。
現在もSP忠男でサイレンサーを製作してもらえるか不明なことと、別に思う事もあってノーマルマフラーに戻す事にした。
GPZ900R車検
2年に一回のイベント、車検がやってきた。
今年は自分にとって平成最後の車検になるはず。(あまり関係ない話)
新しい車検証は手に出来たのだが、今回は普段よりも少々騒がしかった。
ライコランド東雲店でGPZ900Rのタイヤ交換
時間に余裕ができたので三連休を終えた平日にライコランドTOKYOBAY東雲店へ出かけた。
天気予報では週の終わりから暫く雨模様が続く秋雨に入るとのこともあって、晴れているうちにという考えも合った。
10月にしては最高気温が29度になる夏日同様の中、開店直後のライコランドのピット作業は1時間半待ちの状態でもあった…。(前日から作業予約が入っていた模様)
[GPZ900R]ディスクプレート交換
今年の夏頃から停車する度にフロントブレーキが鳴くようになってしまっていた。
最初は「ブレーキパッドががが…」と思っていたが交換しても変わらない、むしろ悪化していくばかり…。
これはアレだな、ディスクだな…ということでディスクブレーキのプレートを交換することにした。
GPZ900Rの水漏れ修理
内山牧場キャンプから戻ってRZ250では高速道路の巡航に厳しいもの(燃費とトルクの谷と積載量)があるので水漏れしたままのGPZ900Rに手をつけた。
幸いにも発注していた部品はキャンプに出かける直前に届いていた。
大昔(30年ほど前)のカワサキは発注した部品が3日で届くなんて夢の様な話だったが…
GPZ900R水漏れ
GWキャンプの帰りに立ち寄った道の駅でGPZ900Rの下に溜まっていた緑色の物体が視界に入ったが、水温計の動きに異常が見られなかったので見なかったことにした。
いや、以前からクーラントリザーバタンクの水量はFullのままラジエター本体の水が減っていたので「どこかが漏れている」のは察知していたんだけどね…。
GPZ900R:冷却水減り杉
久しぶりにバイクタネ。
先週の日曜、自宅へ戻る為に走っていると水温計が中央から右(Heat側)へ針が傾いたままなのが気になった。
エンジンの発熱に対してラジエター容量が少ないと言われるGPZ900Rだが季節はまだ初春、走行しているのに水温が下がらないのはおかしい…ということで翌週の土曜、雨の振りが強く振る音を耳にしながらガレージでチェックをした。
車検
GPZ900Rへ2年毎に訪れる車検、今回もいつもの練馬自検へ行ってきた。
1999年に新車で卸してから16年8回目、最初は緊張していたユーザ車検だったが8回目になると恒例のイベントのように蕭々と実施するのみ。
天候は小雨がパラつく瞬間もあったが風もなく気温は平年並みの車検日和?だった。
鍵開かない(´・ω・`)
週末の夜、GPZ900Rで夜走りに出かけようとガレージに向かうがリアホイールに装着されていたワイヤーロックの鍵が外れなくなった。
シリンダー型のキーを差し込んでもキーが回転する気配は無し、ダメ元でCRC556を投入しても状況に変化は無し。
あれこれ奮闘すること30分…結果は…
GPZ900Rシート張り替え
GPZ900Rのシートの皮がそろそろ限界になってきた。
車体は逆輸入車なのでタンデムベルト無しのシートだったが、キャンプ道具を積む時にシート側にフックをかけるタンデムベルトが便利だったので2年か3年くらいして中古のシートを入手して使っていた。
それから10年以上経ってる。
GPZ900Rオイル交換
長いGW連休の終わり、久しぶりにGPZ900Rのエンジンオイルを交換した。
普段の整備ならなんてことは無い一つの作業だが実は交換用のオイルは去年の12月に購入してあり、更に前回の交換から1年経っているという…
GPZ900Rタイヤ交換
(すっかりサボっていたblog再開)
2014年の年末から実施しようとして出来ていなかったGPZ900Rのタイヤ交換。
特にフロントタイヤのサイドが磨り減ってしまい、車体を寝かし込むと一定の角度へ強制的に固定されてしまうという非常に乗りにくい状態になっていた。
GPZ900Rブレーキパッド再交換
Yamashidaパッドを前後ブレーキに装着したGPZ900Rだが、それまで装着していたYamashidaパッドと比べてブレーキング時のタッチ・性能に関しては確かに向上しておりツーリング用途では文句のない性能だった。
しかし、しばらくしてから停止する直前にフロントブレーキから「鳴き」が発生するようになってしまい、最終的に交換することにした。
GPZ900Rブレーキパッド交換
快晴の9月23日秋分の日、絶好のツーリング日和ということは絶好の整備日和でもある。
6月に購入したままだったGPZ900Rのブレーキパッド(前後)を握りしめてガレージに経っていた。
今やらないと来年になってしまう…(冬は寒いから整備するのが嫌だ)
GPZ900Rメインリレー交換
先週の出来事だった、GPZ900Rをメンテナンスしていた時にイグニッションキーをOFFからONにしても電気が通電しない状態になった。
最初はキーシリンダー周りを疑ったが異常は見つけられずジャンクションボックスのヒューズを点検したところヒューズも異常なし。
ハーネス周りか?と不安が脳裏をよぎった時、3個あるリレーの一つが異常に加熱していることに気がついた。