バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
Kindle Fire7とBluetoothキーボード付きケース(と、その改良)
スマホの大画面化に伴って市場から消えつつある7インチタブレット用のキーボード付きケースをFire7の為に買ってみた。
自宅で文章をがっつり入力する時はMacBookPro13"を使い、出先ならiPhoneを使うのが手軽で簡単だろう。
では、どういう時にFire7+キーボード付きケースを使うかって?これから考える(笑
こういったガジェットは手に入るうちに買っておかないと…という単なる物欲の言い訳だ。
Amazon Kindle Fire7 & HD10
普段はネット接続はiPhoneSEの狭ーい画面を使い、blogの画像編集にはMacBookProを使う生活がここ数年のパターンだったが、KindleFireHD10(2017)が私の手元へ流れてきた。
カッコイイ、マジで。そして速い。ディスプレイに触れると動き出す、マジで。ちょっと感動。
しかし500gはベッドに寝ながら持ち続けると重たい…というところでセールでFire7(2017)が安くなっていたのでポチリ。
cheero iPhone 5/5s用ケースバッテリー
Ingressにハマッて活躍の度合いが大きく増えたiPhone5s用のバッテリー内蔵ケースだったが、ヤフオクで入手した2200mA/hのケースが年始早々に動作しなくなった。
予想されたとは言え流石はChinaクォリティ…と言うよりパーツレベルから選別の手間を省き、生産後のチェックも省いて低価格を実現しているから仕方ないだろう。(保証は商品到着後1週間なので既に期限切れ)
iPhone5S用バッテリー内蔵ケース
周回遅れでiPhone5Sに機種変更して真っ先に用意したのがバッテリー内蔵のケースだった。
iPhoneに限らず電波状況が悪い場所では携帯電話は探索の為に電力を多目に消費するので手軽に充電したくなる。
外付けのモバイルバッテリーも良いが、最も手軽なのはボタン1個で即充電のケース型ということで入手してみた。
機種変更
このご時世にプライベートな携帯電話はフューチャーフォン(所謂ガラケー)、2008年に発売された今はなきソニーエリクソンのW62Sだった。
W62S発売当時の目玉機能だったGSM通話機能も日本に居る限り活用できず、Googleマップからもサービスを除外され、メールと通話に天気予報などの簡単なWEBサービスだけが使えるという情弱ツールと化していた。
CASIO PROTREK PRG-50電池交換(その2)
既に現役を引退しているカシオ プロトレック PRG-50、プロトレック初のタフソーラーモデルだが2006年12月の記事「CASIO PROTREK PRG-50電池交換」の通り、カシオにて二次電池の交換を行い今に至る。
現在はタフソーラー+電波時計であるPRW-1000JがメインのプロトレックなのでPRG-50は家族の気圧計として余生を過ごしているが、今年になってフル充電してもすぐに(30分持たない)電池残量インジケータが半分以下になってしまう状態となっていた。
iPod(4G)バッテリー交換
iPod 4G 20GB、4年前に購入した2台目のiPod。(最初のiPodは初代5GB、流石に容量不足だった)
主に通勤で使うのだが最近はバッテリーのヘタりが目立ち、充電を頻繁に行うようになってきた。
nanoも16GBモデルが出ているので買い替えも考えたが、音楽データ全てで15GB近くになっているので「ものぐさSync」はできなくなる日が近いのは確か。
20GBモデルも実質18GB程度の容量なので団栗の背比べと言われつつ…
sigmarionIIIとAS-10C+W62S【その後3】
サン電子に発注したAS-10C(i-Card for AU)のWIN対応ケーブルが生産終了となっていたのでsigmarionIIIでAU機種を使う道が閉ざされていたが、結局はCDMA1x機種を復活させるのが一番手っ取り早く現実的という結論に至った。
そして1ヶ月前まで使用してたカシオG'sOneを持ってAUショップへ…最も安いプランSSに事実上2年縛りな誰でも割に加入して月1800円の維持費という形で手を打った。
sigmarionIIIとAS-10C+W62S【その後2】
サン電子サポートからの返信内容では送付してもらったケーブルはどう見てもWIN対応ケーブルではないと思われるので、デジカメで撮影したケーブルの画像を添付し、サポートへ向けて幾つかの質問を投げていた。
月曜早々にその回答が来ていたが…
sigmarionIIIとAS-10C+W62S【その後】
sigmarionIIIとAU携帯電話を接続する為のカード AS-10C用のWIN対応ケーブルがサン電子直販より届いた。
発注から3営業日かな?レスポンスとしては非常に早いと思われるので好印象↑という所。
早速、手元のカードをversion2.00にアップデートし、W62Sを接続してPacketOne接続を開始する…が、あれれ?状況は変わらず、W62Sはダイヤルアップを開始することなく液晶画面に「このケーブルはデータ通信には使用できません」という釣れない文字を表示されるだけだ。
SUNTEC i-Card とCDMA 1x WIN
SUNTAC AS-10CsigmarionIIIのAirEDGE圏外対策として携帯電話に接続するための通信カード i-Card typeA1 (AS-10C)を使っているが、先日機種変したソニエリ W62Sとの接続確認を行ってみた。
元々がパケット通信専用カードなのでsigumarionIII側の設定は何一つ変えずにW62Sを接続してダイヤルアップ接続を実行、しばらく待つが接続できずに失敗してしまう。
設定を確認するが特におかしな点は見つからず途方に暮れる。
W62Sになって(3日目)
G'sOneからW62Sへ機種変更して二日目、当然だが不満な点が出てきた。(全てを満足する ネ申 機種に出会ったら今後は機種変できませんぜって…不満点あって当然…)
既にネット上では既出なネタも多いが、書き綴ってみた。
ようやく標準化?W62Sへ機種変
au W62S幾度か上海出張も経験している私だが、使用している携帯電話はご時世に取り残されたCDMA 1xである初代G'sOne、「win」とか「定額」などといった言葉から遠い存在のまま2年以上を過ごしてきた。
が、流石に「デカい」「重たい」「記憶領域は内蔵メモリのみ」という環境を辛いと思うようになってきた直後にGSMローミング対応で小型軽量(な部類)のW62Sが発売となったので機種変更した。
ASUS Eee PC 4G-Xにときめいたが…
噂で聞いていたASUSの200ドルPCがついにASUS日本法人から正式発表になった。
2chのニュー速スレでは画面が狭いなど色々意見があるものの、個人的には画面が800x480というWideVGAはsigmarionIIIも同じなので今のところは大きな問題はないし、重さも1kgを切っているので持ち運ぶにはギリギリな数字なので(゚ε゚)キニシナイ!のだが…
sigmarionIII用240V対応ACアダプタの製作
sgimarionIII用小型ACアダプタ【ACアダプタ改造は自己責任で…】
sigmarionIIIを日本国内で使用するには全く気にしていなかったのが純正ACアダプタがAC100Vまでしか本当に対応していないことだった。
以前使っていた前機種のsigmarionIIではNTTドコモが作成したACアダプタの表記はAC100Vまでだが実はACアダプタ本体はAC240Vに対応しているものがあり自己責任の範疇で海外でもそのまま使うことが出来たが、sigmarionIIIでは本当に対応していないので今回の海外出張時に予定表の確認と議事メモ作成の為に面倒だがノートPCをいちいち起動させて対処しようかと諦めかけていた…