blog バイクにのる人
真っ白な一日
「まっ白な新雪を 眺めては飽きもせず(略)今日も一日が 過ぎてゆく…」などと井上陽水的な言葉が脳裏を霞める一日になった4月27日(土)。
昨晩は雪が降りしきる中の就寝だったが、目が覚めたのは早朝の薄暗い明るさとタープの表面を何かがこする音。
シュラフから這い出てテントの外に見ると真っ白な世界が構築されていた朝6時、まだ連休初日だった。
平湯よ私は帰ってきた
ここ2年、色々あってキャンプツーリングから遠ざかっていたが、「今年こそ」という事で世間より一足早くGWの連休に突入した4月26日(金)にお馴染みの平湯キャンプ場へ向かった。
今回は今まで一度も足を運んだ事が無い平湯大滝まで行ってみようか、それとも白川郷へ出向いてみるか、色々考えながらの準備期間になった。
内山牧場
夏の宴から迎えた朝、まだテントから豪快なイビキが聞こえる朝6時に起床、そして撤収開始。
このまま待っていれば大将が姿を現すのでお会いできるのだが、次の目的地があるので後ろ髪を引かれる思いで7時には会場を出発した。
目指すは内山牧場キャンプ場、群馬と長野の県境(位置は長野側、但し県境から数百メールの位置w)にあるプチ高原なプレミアムステージだ。
GWキャンプ
世間がGWに突入しようかと構えている28日、一足先にGWに突入した。(させた?)
昼過ぎに都内を出発して目指すは恒例の平湯、中央道をひたすら北上して松本ICで国道へ。
平日なので道はガラガラ、もちろん観光バスも皆無。
夕方5時過ぎに平湯キャンプ場へ到着した。
六斗の森ソロキャンプ
思い返せば12~2月の3ヶ月間はバイクに乗らず仕舞い。
12月→業務多忙&親戚の不幸など
1月→風邪&丸いモノ祭り
2月→寒い
景気に呼応するようにテンションが上がらず、その間に補充電すること2回。
やっと再始動、目指すは元稲敷郡茎崎町六斗。
暗闇に炎ゆらめき冬隣 in 梅ヶ島
今年も梅ヶ島、motoi 焚き火氏を愛でる会が催されたので末席にて暖を取ってきました。
天気予報は土曜日に関東から東海にかけて雨だったのが前日になって「晴れ」になるというブレっぷりに歓喜しつつ9時半頃に都内を出発。
昼には富士川を越えて静岡市内では毎度お馴染み「もちづき」にて食材購入。
この不況の最中なので、流石のもちづきも9円もやしは19円もやしになっていた。
平湯再び
「あれ?先々週に行ったよな?」そう思った人は正解です、またまた平湯に行ってました。
2週間ぶりの平湯、前回は紅葉の「こ」程度しか木々の葉が色づいてなかったが、流石に2週間も経てば何か色づいてるだろうと淡い期待を込めて某オフに乗っかることに。
海の日の3連休
関東が梅雨明けした7月17日の3連休初日、向かうは相模原のとある場所。
某横浜のMC主催の夏のイベント、1年ぶりの人も居れば8ヶ月ぶりの人も居る。
お互いの無事を確認し、喜び、酒を酌み交わす。
そして翌朝に再会を誓い合う握手をして散開していく。
スタッフの皆さんお疲れ様でした&感謝。
野田山にて降雨試験ナリ
相変わらず梅雨空が続く日々の中、仕事中に脳裏を過ぎるとある言葉。

「や ら な い か ?」

ここで自動的に脳内変換されてしまう便利機能発動。

「やらないか」
  ↓
「修行しないか」
  ↓
「修行するぞ」
牧場再び
土曜の昼下がり13時30分、ピーンと閃く一つの言葉。
「そうだ!牧場へ行こう!」
先週、水漏れによって急遽入れ替えを行ったGPZ900Rは既に仮修復済み。
フィルタ部分と前後のパイプまとめて普通の燃料ゴムチューブでバイパスしただけだ。
先週の反省点も盛り込んだ装備は万全のはず。
GWキャンツー6日目(5/03)
やーってきましたアハハン♪何を見てんだバババン♪酒を飲んだら、ゲゲッゲ~♪ということでGWキャンツー後半は祖母宅で2泊してから再開。
到着したのは群馬県の内山牧場キャンプ場。
2週間前に地面へ転がしておいたプロトレックで氷点下6.1度を計測したアノ場所。
到着してみれば風は強いものの南風なのでまったく寒く感じず、水場の蛇口から普通に水が出ることに何故か感動。
GWキャンツー4日目(5/01)
朝6時半、例年通り早朝からペグ打ちする音で目が覚める。
テントの外に出ると青空が広がり、安房の山の影に強烈な光を放つ太陽が昇ってくるのが判る。
周囲には早朝組が場所取りとして設置されたタープやイスの姿が見える。
その目の前を到着したばかりの人が場所を求めてハンターのような目つきでテン場を歩く。
ようやくGWらしい平湯になってきた。
GWキャンツー3日目(4/30)
平湯3日目、目が覚めると曇り空。
気温は1度、うーん寒い。
SVEAをプレヒートさせ、シュボボと早朝の平湯に燃焼音を響かせる。
この気温だと肉も腐らない、というか凍らないか心配だ。
一応は缶ビール6本セットのオマケだった簡易保冷バッグを持ってきているので「凍らないための保管庫」として使っている。
GWキャンツー2日目(4/29)
平湯二日目、目が覚めた朝8時過ぎに聞こえてきたのは小鳥のさえずりでもなく、テントとタープへ物体が降りかかる嫌~な音だった。
シュラフから這い出て外を見ると…そこは雨から雪に変わろうとしている物体が降りしきる光景。
雨雲レーダーをチェックすると局地的な雨雲が平湯にかかっている、どうやら下界では雨でも平湯では雪になるらしい。
GWキャンツー1日目(4/28)
(※当日アップの予定が、寒い&狭いで書く気力も削がれて後日アップ&追いかけ更新です。)
世間様がGW突入する1日前の4月28日、何故か有休取得に成功したので1日早く都内を脱出することにした。
気象情報では朝から生憎の雨、昼には雨が過ぎ去る…と思っていたら意外と長引きそうなので昼過ぎに小雨降る都内を出発。
近くのGSでガソリンを満タンにした後、代官町ランプで首都高に乗って前線から遠ざかるために西へ西へ…