バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
河口湖・御坂峠ツーリング
たぶん10年以上も昔になるかもしれない、RZ250で河口湖まで行くのは。
ふと、思い立って金曜の深夜に都内を出発、靖国通りから新宿に抜けて国道20号を大月まで下道だけで向かった。
走りながら思い出したのは、高校生の頃に原付免許とMBX50を手にした最初のツーリングも河口湖だったな…。
丸美屋自販機コーナー
ふとネットで目にした気になる情報「富田町のハンバーガー自販機が撤去された」。
確かあそこの自販機って関東圏は唯一のオリジナル「グーテンバーガー」自販機だったはず…確認せねば…ということでお出かけ。
京都ツーリング&満月
「そうだ、京都へ行こう!」
今年の連休は恒例のキャンプは無し。
そのかわり前半はバイクの整備をしつつ、また~り過ごして中盤の雨を眺めつつ脳裏に浮かんだ一つの言葉。
兄貴塩と弟味噌
週末はなんか晴れらしい、これは何処かに行かないとモッタイナイ…ということでお出かけ。
その「どこか」をどうするか脳内ディスカッションすること暫し、脳内に「パーフェクトもハーモニーも無ぇんだよ!」という声が響く。
とりあえず9時頃に出発するが暑い・暑い・暑い、これは30度越え確実と思いながら事故渋滞激しい首都高6号線を下って常磐道へ。
調子が良いので銚子へ朝駆け
いきなりオヤヂギャグ、しかもダダ滑り。
金曜日は"珍しく"仕事で疲れたのか早々に落ちてしまい、余波で土曜は朝早く目が覚めた→土曜の夜も早く落ちる→日曜の朝は早く目が覚めるという健康杉というか高齢杉なプランニングを実行する結果に。
で、日曜早朝に目がサメのは午前2時半すぎ…をいをい、まだ夜だぜ、しかし腹が減ったな…そうだ!シオヤに行こう!
出発3時ちょっと過ぎ、何故か手元にClarion DrivTrax P7DTというポータブルナビがあるので目的地を設定していざ出発。
新潟帰省
個人的に毎年恒例の11月祖母宅参りの季節ということで防寒装備も積み込んで上越市目指して都内を朝6時過ぎに出発した。
自宅を出てからは国道17号をひたすら北上し、高崎で国道18号に乗り換えてETC搭載車しか優遇しない状況HIDOスと呟きながら妙義まで下道のみで走り続けた。
201系を求めて奥多摩へ
鉄男ではないが奥多摩へ向かう途中に併走したりすれ違ったりするオレンジ色の車体が妙に気になる中央線(の端っこの青梅線な訳だが)、その車体がここ数年でオレンジ一色から白地にオレンジのラインだけになりつつある。
いつも国道411からチラリと見えるオレンジ色の車体であったが、かなりの数が新型車両へ変わってしまっている。
梅雨の晴れ間となった土曜日にGPZ900Rで朝の奥多摩へ向かってみた。
帰路
07101501.jpg目が覚めたのは9時過ぎ、天候は晴れだが今年は冷え込みが甘いらしくシュラフカバー無しの状態でぐっすり眠ることが出来た。
テントの前でお湯を沸かして珈琲を一杯飲みながら和んでいると月曜だというのに荷物を積んだバイクがキャンプ場前の国道を通過していく姿が目立つ。
腹も空いていないことから珈琲を数杯飲んで体を目覚めさせてから撤収開始。
バイクに荷物を積んでキャンプ場を後にしたのは昼の12時を過ぎた頃だった。
平湯キャンプ場
07101401.jpg翌朝は8時出発!…のはずが朝食のサンドイッチと珈琲が美味しく、珈琲を飲みながら「また今度!」と別れの挨拶などをしていたら出発したのは9時すぎ。
琵琶湖参加の度に帰りは平湯温泉に寄り、平湯キャンプ場で一泊して温泉と飛騨牛の両方を楽しむことにしている。(近江牛→飛騨牛という牛まみれ週末とも言う)
マイアミキャンプ場から米原ICまでは湖岸道路を使い僅かなながらも高速代をケチる。
天候が良ければ飛騨清見ICで降りずに一つ手前の荘川ICで降りて白川郷でも立ち寄ろうかと思ったが曇り空&気温10度に意気消沈、中部縦貫道が接続して高山市外を効率よくパスできる飛騨清見ICまで一気に走り切る。
B級グルメ夜走り[オートパーラー・シオヤ編]
07090901.jpgネットでふと見かけたのが「昭和の香りが残るオートパーラー」という個人ブログかHPか何かだった。
どうやら大通りではない閑散とした場所に昭和の雰囲気を残すオートパーラー(あたりまえだが24H営業)が今も残っていて、しかも静かな人気だという。
何よりも心惹かれたのがカップそばの自動販売機(乾麺ではなく生麺ソバの自動販売機)。
私が子供の頃には街道沿いに必ずあったソバの自動販売機を思い出しつつ、週末の深夜に街灯へ吸い寄せられる夜の虫のように現地へ向かった。
梅雨の奥多摩
0706231.jpg天気予報が天気占いになる梅雨時、金曜日の予報では「土曜日-晴れ時々雨:日曜-晴れ時々曇り」となっていたが気象レーダーを見る限り土曜日も天気が良いと思えたので夜半過ぎまで降っていた雨が残る土曜早朝に奥多摩目指して出発した。
昨日の雨のおかげで気温が下がっているのかメッシュジャケットでは少しだけ肌寒く感じるが、日中は30度近い温度になるという予報も出ているのでメッシュジャケットの上にウインドブレーカーを1枚重ね着した。
奥多摩周遊の春はこれから
0704081.jpgまた天気予報が節操なく変わる季節になったが日曜の早朝に奥多摩目指してRZで出かける。
今日は都議会選もあるからか(投票率40%では関係ないか)青梅街道はガラガラ、奥多摩まで妙なローペースの車に引っかかることなく流れに乗って到着。
途中、鳩ノ巣あたりまで満開だった桜は大麦代パーキングに到着するころには三分咲き程度になっており、奥多摩の春はこれからだということを実感させてくれる。
パーキングには何故か2羽のウサギが飛びはね、その横をおみやげ物屋のビーグル犬「モモちゃん」が散歩する光景が…しかも周遊を一往復だけして戻ってくると陸亀も散歩して駐車場は「どうぶつ奇想天外」状態www
伊東プチツーリング
0701131.jpg「走るおやじの会」などというものを勝手に内輪で立ち上げているが、その面子で伊豆は伊東の定食屋までウマいもの食べに行くツーリングに行ってきた。
朝9時に西湘バイパス下り線の西湘PA集合…のはずが到着したのは9時30分、ゴメンナサイ。
一服して西湘を出発、熱海の来宮神社へ寄って大楠を見るがデカい…
複数あったであろう幹の何本かは折れてしまっているが根本付近は都心近郊にしてはかなりの太さのものなので見応えは十分。
上越一泊
毎年の恒例行事になっているのだが、11月の連休は祖母宅がある新潟県上越市(旧中頸城郡)まで一泊程度の予定で出かけている。
一昨年まではキャンプ道具一式も積んで信州のキャンプ場にも足を伸ばしていたのだが、一昨年から家の都合によりキャンプは出来なくなってしまった(´Д⊂グスン
今年は天気予報も3連休は関東甲信越に関しては大きく崩れることがないとアテなるのか怪しい予想をしているので初日は下り方面の道が混むと思い、早朝5時には関越道の新座料金所(もしくは練馬の入り口)を通過する予定だった。
が、当時の朝を迎えたのは7時…( ゚д゚)ポカーン…
久しぶりに奥多摩
0607021.jpg「日曜には午前中を中心に雨」という前日の天気予報が期待通りに外れた7月2日の日曜日に久しぶりの奥多摩へRZ250で出かけた。
土曜日にはステムの打ち変えとエアクリーナーエレメントの装着を終えていたので様子を見たかったというのも理由の一つだが、本当の理由はゴールデンウィーク開けから週末、それも日曜になると何故か雨が多いという天気に振り回されていたので、奥多摩に行きたかっただけだ。