バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インナーグローブ新調
07112701徐々に本格的な冬の訪れを感じ始めている東京だが、先々週のGPZ900Rユーザー車検を終えた帰りにナップス練馬店へ寄って今シーズン用のインナーグローブを購入していた。
このインナーグローブを使用しなくてもいい暖かいウインターグローブも持っているのだが、いかんせん厚みがありすぎてグリップの握り具合やレバータッチなど気になる点が多く、可能であれば皮グローブ+インナーグローブで済ませたいと思っているのは確かだ。(外気温が10度くらいまでであれば一枚革のグローブにインナーグローブで十分対応できるが、5度とか0度になると寒さで指先が痺れてしまう)
今年の冬は平年並みか平年より寒いとの噂が…ということで老朽化して指先が破けかけたインナーグローブを新調した。
[インナーグローブ新調]の続きを読む
スポンサーサイト
[mixi]梅ヶ島キャンプオフ
07112501去年に引き続き某mixiの梅ヶ島キャンプオフに参加してきた。
今年は金曜日が勤労感謝の日ということで3連休、当初は迷っていた連泊を自宅にてパッキングしている段階で決意し、寒さ対策としてハクキンカイロ(PEACOCK2個&こはる&ハクキンベルト)に加えてネイチャーストーブL+おが備長炭4kgという装備内容で挑む。
初日の23日は去年と同じように朝5時頃に都内を出発して下道優先のエコルートで清水まで到達する予定だったが見込みどおり朝7時の出発、第三京浜に向かう途中の用賀にある東名高速 東京インター入口へ吸い込まれていく。
LEDテールランプ修理
07111701今週の月曜に車検を終えたGPZ900Rのナンバープレートに貼ってある車検シールの貼り替え作業を行った。
シールの貼り替えは何事もなく終了したのだが、実は車検当日にトラブルの前兆らしき挙動を感じていたので確認した。
一つはセルモーターの周りの悪さ、もう一つはミスファイアが数回あったことだ。
LEDウインカー対応リレー
LED化したRZ250のウインカーだが、最も苦労したICウインカーリレーが有名パーツメーカーから幾つか出来ていることに気が付いた。
リレーさえ用意できてしまえばLED化は容易に実現可能なのと、自作リレーという不安要素が消えるので導入検討中。
DAYTONA製リレーはにえ's ガレージの管理人さんもRZ250に使用している実績がある。
以下は自分へのメモ。
ユーザー車検終了
07111201週末の天候不良がウソのような快晴に恵まれ、絶好のツーリング日和な月曜日に行ってきました練馬自動車検査事務所。
今回で4回目の車検(継続検査)となるGPZ900Rだが、気のせいか過去2回は風邪を引いた微熱状態で検査を受けに行った記憶が…
季節的に風邪を引きやすい11月下旬に納車してしまったことを悔やむ事もあったが今年の体調は絶好調。
検査は午後からなので午前中をダラダラ過ごし、準備に漏れが無いか確認をする程度だった。
ユーザー車検準備
07111101気が付けば11月、GPZ900Rにとって今年は2年に一度の車検の月でもあった。(先週までその事をすっかり忘れていたのは内緒だ)
マフラーとテールランプ以外はノーマルなので車検対策といっても大がかりな作業を必要としていないのだが、琵琶湖~平湯キャンプツーリングに使ってから洗車もせず放置状態なので、洗車も含めてGPZ900Rを車検に向けた点検を日曜の午後に行った。
朝駆け失敗?
07110401目が覚めたのは朝の4時半、しかしガレージからRZ250を出すことが出来たのは朝の6時半。
この2時間にわたる時間差は行くか行かないかの葛藤なども存在しない、単なる二度寝だったとは今でも信じたくない気分だ。
出かける直前にWEBで都心部の気温をチェックするが13度、奥多摩や箱根は8度という数字になっている。
これはハクキンの出番か?と心躍らせながらハクキンベルトにPEACOCK(3R)を2個忍ばせていざ出発。
RZ250点検
RZ250気が付けば2007/06/03(日)の「RZチョイ磨き2」以来、RZ250に手を触れていなかった。
今年は週末になると天候不順か、別のイベントでバイクに乗れない or GPZ900RでキャンプなどRZ250の出番が無かったのは確かだった。
「このままでは年末になってしまう!」ということで、土曜日の夕方にRZ250を引っ張り出して簡単なチェックを行うことにした。
まずバッテリーだが、当然のごとくエンジンを始動させないとヘッドライトは点灯しない…
LED化されているウインカーもメーターパネルのインジケータは点滅するもののウインカー本体のLEDバルブは僅かに光りらしきものが確認される程度、迷わずバッテリーを取り外して充電器にかける。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。