バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
LUMIX LX3レポ(6) ポケット三脚新調
COOLPIX 4100時代にもポケット三脚を使うことはあったが、そもそも解像度が低くワイ端時に周辺部収差が大きいことでスナップ撮影やバイク整備時の記録程度にしかデジカメを使わないので三脚の出番は少なかった。
が、LX3で長時間露光も楽しめる領域が発生すると必要になるのが三脚、ということで今まで使っていたポケット三脚がLX3に合わないので新たに買い直した。
LUMIX LX3レポ(5) ROWAバッテリー発注
LX3の純正バッテリーが4,500円から5,000円という値段にビビり格安バッテリーで有名なROWAバッテリーを使うことにした。
ROWAでは同等品が日本セルバッテリーで1,000円ちょい、中国セルバッテリーだと700円台という価格なのでカメラ本体にダメージが無いのであれば非常に魅力的。
今回は2個パックで1,100円の品を発注した。
LUMIX LX3レポ(4) ファームアップデート
気象予報通り冷え込んだ日曜の朝、気が向いたら箱根辺りに朝駆け…と思っていたが目を覚ました朝5時の時点で寒さのあまり二度寝決定w
ん~、オサーン化は着実に進行しているね。
で、まだ実行していなかったLX3のファームウェアをアップデートした。
購入時は初期ファームの1.0、そこからAWBの一部適正化など各種補正が行われたファームになっているらしい。
LUMIX LX3レポ(3) 上野散策
レンズキャップも自動的に開くようになってチョイ撮りにも気軽に使えるようになったLX3を持って北の玄関口・上野を軽く散策してみた。
し・か・し、天気は画像の通り生憎の曇り空。
オマケに気温も10度を超えない予想の為にポッケへ入れたハクキンカイロが手放せない気候に少々萎え。
LUMIX LX3レポ(2) LC-1装着
Lumix LX3 & LC-1LX3購入翌日に入手していたRICOH GX200用オプションレンズキャップ LC-1をLX3で使えるようにようやく加工できた。
LC-1購入直後に加工したかったのだが、何故か仕事が忙しく…
レンズキャップ自体は銀塩一眼レフ時代に経験しているので普通の存在のハズなのだが、コンデジでオートレンズシャッターに慣れてしまった今では面倒くさい存在になってしまったらしい。
LUMIX LX3レポ(1)
当初はエントリー機種のDMC-LZ10を購入するはずが、なし崩し的に中堅コンデジのDMC-LX3に転んでしまったが何故か購入後に情報を集めるというgdgdな具合。
それでも何故かさり気無く情報は集めていたのでLX3という機種の簡単なスペックは認識していたしLX2の頃から気になっていたシリーズ、且つ、購入する時に店頭カタログでの仕様チェックと実機を操作してからの購入なので根本的にダメな所は無いはず。
しかし、それでも気になるのが人の心というものだろうか。
衝動買い
年末にNikon COOLPIX P60を買ってからプチブームなコンパクトデジカメ系の趣味。
こーゆーのマズいんですよ…エスカレートするっつーか…
で、やっちゃいました。
1万円の買い物で5万円の品物に手を出すという有る意味デビルスパイラル…ではなく、撒き餌に釣られた魚状態。
一つだけ違うのはNikonが撒いた餌でPanasonicに食いついたってトコ?
鏡開き?
世間では鏡開きを行うニュースも聞こえてきますが、ヲタ的鏡開きと称して今年は古~いMacintoshを起動させて鑑賞。
筐体は3機目となるものの、付き合いは18年になるMacintosh Plus。
発売は1986年、これでも当時は日本語を使用するのに十分なメモリを増設すると100万円近い価格だったんだそーだ。
電源を入れると「ッポーン」という懐かしい起動音が響く。
謹賀新年
あけましておめでとうございます。
去年は仕事の都合などで趣味パワーが半分ほど削がれた挙げ句、年末近くには海外出張禁止令が出るなどして少しだけ嬉しかったりもするけど将来が不安になる複雑な心境でした。(会社全体が…という意味ですHi)
今年はもちっと余裕を持って週末を過ごせる…はずなのでお付き合いがある方々、宜しくお願いしますです。