バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カビのある生活
「俺、あのチャイムが鳴ったら淀カメに行くんだ」

初春にてしては梅雨時のような空模様が続いて雪が空を舞った2月の終わり、一人電車に揺られて欲望の街「新宿」に降り立つ。

(強制定時退社日も悪くないな)

湿気を帯びた冷気を腕に絡みつかせつつペデストリアンデッキ状態の駅前ロータリーを歩き、街の喧騒と回転寿司屋を背にしながらが小さなビルへ吸い込まれる。
フロアNo.4、ここ最近のお気に入りスペースだ。
[カビのある生活]の続きを読む
スポンサーサイト
LX3用レンズアダプタのケース
LX3用のフィルタは揃えたがレンズキャップを買い忘れるなどしていたので日曜の午後は新宿へ買い物に出かける。
乾燥剤にキャップ、それに復活させた銀塩カメラ用レンズのSkyLightフィルタなどを買い込んで更に何か無いか物色するが、LX3用レンズアダプタのケース代わりになるものはないかと思うものの「これだ!」というに出会わない。
店員に尋ねてもメーカーから出ている品しか知らない(コンデジ・デジ一あわせて多くの製品があるから下手するとユーザーの方が知っている事もあるかも)だろうと思ったが念のために聞いてみる。
本日のおまけ:Nikon LENS SERIES E 35mm f/2.5
数年前にヘリコイド不調と埃侵入で格安に入手したまま放置していたニコン レンズシリーズE 35mm f/2.5があるのを更に思い出す。
不思議なことにレンズ用グリスが目の前にあったりする。
更に不思議なことに気が付けば目の前には全バラされたレンズ群(正確には前玉だけが鏡筒に装着されたまま)が居る…ということは埃が取れるということだ。
minolta HI-MATIC Fの簡単掃除
デジカメ用に防湿ケースを買ってきたので銀塩カメラ用の防湿ケースに入れていたCybershot U30予備機などを取り出そうとして大昔のレンジファインダー機種 minolta HI-MAIC F に気が付いた。
数年前にフィルム1本使ったけど、色の乗りが浅く全体的にアンダー気味だったのでお蔵入りに。
実はこれ中学生の時から持っているのだが(入手前の持ち主も手荒な扱いだったこともあり)レンズ本体にカビは無いもののファインダーに埃とうっすらカビが…
やっぱりフィルタを買った
LX3レンズアダプタを買ってから気になっていた追加のフィルタ。
手持ちで46mmは古~い東芝のPLフィルタしか無いけど、ピンさえ合えばその場しのぎに使えるかな?と思っていたところでkenkoなどのホムペを見ると…や・安い。
大昔、銀塩カメラの世界を少しだけ覗いていた頃はフィルタ一枚も買えない経済力の学生だったが、今は多少の余力がある。
でもなー、マジ撮影なんて年に幾度もある訳ではないし、フィルタケースやらアダプタも持ち歩くとコンパクトなボディの旨味が薄れてしまうし…なんて考えているうち…
LX3用レンズアダプタ購入
オプションは買わないだろうと思っていたLUMIX LX-3だが、やはりレンズアダプタを購入してしまった。
原因は外で電源を入れたまま短い距離を歩く時に飛び出たレンズが剥き出しということに違和感を持ったことと、ほぼパンフォーカス構造のレンズとは言え直射日光が照りつける野外では減光したい時がありNDフィルターが装備できる環境が欲しかったこと。
レンズアダプタそのものは2100円という価格なのでヨドポイントでサクッと入手した。
RZ250のオイル漏れ調査
一年前からなんとなく気になっていたRZ250のオイル漏れ。
Kawasaki系の古いエンジンも「オイル滲みはオイルが入ってる証拠」などと冗談に使われることも多いが、RZ250/350も負けじ劣らずでシフトチェンジシャフトのオイル漏れが有名だ。
但し、自分のRZ250に限ってここ1年ばかりは話が違い、ガレージの床にはオイル溜まりが出来るほどひどくなっていたので何処のシールから漏れているのか調査を行った
Nikon COOLPIX P60を見直してみる
1万円の不良在庫一掃セールで入手した Nikon COOLPIX P60。
それまで使っていたCOOLPIX4100がコンデジにしてはNikonらしい、しっかりした作りであった為と、1万円というダメージの少ない価格であった為に入手したが某巨大掲示板の専用スレッドに書かれているように迷機とも言える中途半端な作りだった。
その迷機を名機と思えるように努力(手のひらに「名機」と書いて飲み込むまねを128回とか256回やってみるとか、オタマジャクシを水を張ったお椀に入れて枕元に置いて一晩念じてみるとか的なノリ)してみたがダメなものはダメ。
バッテリー補充電
日曜日は快晴になるという予報に朝駆けを目論んでいたが目が覚めた朝4時、風が強いのと寒い& ('A`) マンドクサ の一言で二度寝。
きっちり二度寝して起床10時、遅い朝食後にガレージへ向かい朝方に使う予定だったNinjaのセルを回してみると心なしかセルモーターの回りが鈍い。
流石に月1回程度の稼働率でバッテリーが放電気味な模様。
LUMIX LX3レポ(7) RAW現像
LX3などの高級コンデジクラスに踏み切った理由にRAW保存が可能というのがある。
最後はPhotoshopでチョイチョイと構ってしまうので記憶に頼って色を戻し、更に感覚的に誇張したい部分に手を入れてしまうので撮影時の風景を忠実に再現する気は無いので自己満足以外の何者でも無い。
そういった事もある別に「作品」を作るつもりはなく、基本的に風景も含めて記念撮影程度のつもりでしか写真を撮らないのだが、デジカメ本体のJPEG圧縮機能では不満足な時もあるので可能であれば原始データであるRAWフォーマットが使える環境を入手しておきたかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。