バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
ミリタリーテントのメンテナンス(2)
シームテープの再融着まで行ったミリタリーテントのフライシート。
週末に残りの作業となっていたシームシール剤の塗りこみと撥水剤の塗布を実施した。
(ミリタリーテントを干している間に眠らせたままのロゴス TDラピーダを引っ張り出してフロ場で漂白剤と洗濯洗剤漬けにしていたのは内緒だ)
ミリタリーテントのメンテナンス(1)
2006年12月に購入して3年ほど使用しているアサヒシャイニングのミリタリーテント。
今年のGWキャンプツーリングにも使用したが、平湯連泊時の雨・雪の状況では気がつくとフライシートの前室部分に嫌な汁がポタポタ垂れてくるのが確認されていた。
現場では70Lゴミ袋を切り開いてフライシートとインナーテントの間に設置して対処したが、毎回これではアレなのでフライシートのメンテナンスをすることにした。
朝駆け
ちょいと軽く朝駆け。
但し、徒歩の朝駆けw
早朝の関東平野を望める場所、出来れば薄明から日の出までをまったり眺める…ということで個人的にお馴染みの筑波山へ。
到着は深夜2時30分、筑波山神社。
ヘッドランプの明かりを頼りにケーブルカー横の御幸ヶ原ルートで登頂開始。
GWキャンツー6日目(5/03)
やーってきましたアハハン♪何を見てんだバババン♪酒を飲んだら、ゲゲッゲ~♪ということでGWキャンツー後半は祖母宅で2泊してから再開。
到着したのは群馬県の内山牧場キャンプ場。
2週間前に地面へ転がしておいたプロトレックで氷点下6.1度を計測したアノ場所。
到着してみれば風は強いものの南風なのでまったく寒く感じず、水場の蛇口から普通に水が出ることに何故か感動。
GWキャンツー4日目(5/01)
朝6時半、例年通り早朝からペグ打ちする音で目が覚める。
テントの外に出ると青空が広がり、安房の山の影に強烈な光を放つ太陽が昇ってくるのが判る。
周囲には早朝組が場所取りとして設置されたタープやイスの姿が見える。
その目の前を到着したばかりの人が場所を求めてハンターのような目つきでテン場を歩く。
ようやくGWらしい平湯になってきた。
GWキャンツー3日目(4/30)
平湯3日目、目が覚めると曇り空。
気温は1度、うーん寒い。
SVEAをプレヒートさせ、シュボボと早朝の平湯に燃焼音を響かせる。
この気温だと肉も腐らない、というか凍らないか心配だ。
一応は缶ビール6本セットのオマケだった簡易保冷バッグを持ってきているので「凍らないための保管庫」として使っている。
GWキャンツー2日目(4/29)
平湯二日目、目が覚めた朝8時過ぎに聞こえてきたのは小鳥のさえずりでもなく、テントとタープへ物体が降りかかる嫌~な音だった。
シュラフから這い出て外を見ると…そこは雨から雪に変わろうとしている物体が降りしきる光景。
雨雲レーダーをチェックすると局地的な雨雲が平湯にかかっている、どうやら下界では雨でも平湯では雪になるらしい。
GWキャンツー1日目(4/28)
(※当日アップの予定が、寒い&狭いで書く気力も削がれて後日アップ&追いかけ更新です。)
世間様がGW突入する1日前の4月28日、何故か有休取得に成功したので1日早く都内を脱出することにした。
気象情報では朝から生憎の雨、昼には雨が過ぎ去る…と思っていたら意外と長引きそうなので昼過ぎに小雨降る都内を出発。
近くのGSでガソリンを満タンにした後、代官町ランプで首都高に乗って前線から遠ざかるために西へ西へ…