バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
平湯よ私は帰ってきた
ここ2年、色々あってキャンプツーリングから遠ざかっていたが、「今年こそ」という事で世間より一足早くGWの連休に突入した4月26日(金)にお馴染みの平湯キャンプ場へ向かった。
今回は今まで一度も足を運んだ事が無い平湯大滝まで行ってみようか、それとも白川郷へ出向いてみるか、色々考えながらの準備期間になった。
GPZ900R不調
先々週からGPZ900Rの調子が悪い。
信号待ちなど停止した状態から普段通りに発進すると低回転域の点火が鈍く、最悪の場合は交差点を曲がっている最中にエンジンがストールして停止してしまう。(エンストゴケしやすい状態)
アイドリング時の回転も400〜600rpmもフラつくことがあるが、走り出して3000rpm以上をキープすれば全く問題なく走ることが出来てしまう。
ハンディ無線機用ブラケット
GPZ900Rでバイクモービルするのに残課題の一つだった「無線機の固定方法」に着手。
世の中にはFTM-10というバイク向け無線機も存在するが、そこまで本格的にする必要はないし、何よりも設置スペースが無いのでGPZ900Rへ設置する無線機はハンディ無線機のみにしぼることにした。
KENWOOD PG-4Y自作
KENWOODのアマチュア無線機 TH-F7には400のメモリチャンネルがあるが、これを手でチマチマ入力していると面倒なのでPCで管理してTH-F7へ読み書きする機能が装備されている。
この機能を利用するにはPC側には専用のアプリが必要だが、メモリーコントロールアプリ「MCP-F6F7」がケンウッドから無償で提供されている。
問題はPCとTH-F7の接続、オプションとしてインターフェイスケーブル「PG-4Y」が設定されているが、メーカー価格で5,040円と高価だ。
久々にTH-45Gを手に取る
隠し財産?の一つである数々の無線機、その中の一つのKENWOOD TH-45Gを久しぶりに引っ張り出してみた。
TH-45Gは最初の局免が切れる寸前に山梨へツーリングに行くので急遽、秋葉原で購入したのが最初だった。
RZ250のバッテリーから電源を直接引き、アンテナはハンディ用のRH-77をリアウインカーステーに装着、スピーカーとマイクはジャンク品として転がっていたヘッドユニットをバラしてヘルメットに装着という急造システムだったので高速道路では声を出しても風切り音で相手には何も伝わらなかった記憶がある。