blog バイクにのる人
RZ250に装着したキジマGH07の感想
RZ250にグリップヒーターGH07を装着して一週間経ったが、3連休の頭に少し走ってきたので感想など。
気候は関東にも寒気が降りてきて早朝の気温は都内で10度を切り、郊外では3度から5度という条件でウィンターグローブ装着。
感想を一言で言えば「暖かさは必要にして十分」。
RZ250にグリップヒーター GH07装着
GPZ900Rには5年ほど前からグリップヒーターを装着して冬に重宝している。
しかし、もう一台あるRZ250はノーマルグリップのまま維持し続け、冬になると必然と稼働率も下がってしまっていた。
理由は色々あるが、やはり一番の理由はグリップヒーターを装着するとコントロールスイッチが別に必要になるのでハンドル周りに余計なスイッチを増やしたくないというのがあった。
十石峠
一気に秋が進む感じの11月、久しぶりに週末が晴れとなる第1週の土曜日にRZ250で十石峠を越えてきた。
入間~秩父~上野と国道299号線を早朝出発のプチツーリングコースにしているが、いつも南牧へ流れてしまい、十石峠は10年以上前にGPZ900Rで走ったっきり疎遠なこともあったのと、あと1ヵ月もしないうちに路面の凍結も心配されるかもしれず、紅葉を見ながら標高1300mまでの道を愉しんだ。