バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
10年前の亡霊再び
PowerBokk5300/117ce1995年にPowerBookシリーズで始めてPowerPCプロセッサを搭載して発売されたがリチウムイオン電池、液晶パネルヒンジがもぎれるリコールなど数々の汚点を残してAppleComputerの収支を悪化させたとも言われる過去の亡霊「PowerBook5300/117ce」が何故か再び目の前に…
きっかけはMacintoshPlusのメンテナンス用母艦と2HD-FDが使えないのでネットワーク越しに転送する目的で手軽なPowerBook145Bをヤフオクで再入手したことから始まる。
届いたPowerBook145Bの環境を整えようと大昔の記憶を辿りながら手元に残る何十枚ものMOメディアやフロッピーディスク・外付けハードディスクを発掘していたが、FDも幾つかは認識できなくなっており整理もされていない。
しかも外付けハードディスクの一つが4GB…しかも拡張HFSフォーマット...PowerBook145BにMacOS8は「おまじない」かけないとインスコ出来ないし正常に動作する保証は何処にも無い...orz
そこで、昔持っていた機種ならば分解もお手の物だし、弱点もある程度は覚えているので中古物件でも対処が可能だろうということでPowerBook5300/117ceの再入手となった。

到着して起動確認を行った後、早速バラして液晶パネルのヒンジ周辺パーツの亀裂と液晶パネル内部のスピーカーブラケット(これがよく壊れてカラカラ音が出る)を確認するが問題は無く、トラックパッドおよびクリックボタンの陥没も問題なし。
今では信じたくない70万近くした最高級機種だが、全オーナーは丁重に扱っていたらしい。(もしくはリコール対策済み)
そのままバラし続けてiBook(Shell)から取り外されていた3GB-HDDを内蔵させ、懐かしのMacOS7.6をインストール。
800x600の狭い画面だけど、OS自体は512x342の狭い画面を前提としていたのがベースなのでMacOS-Xで使う1024x768の画面と同じような広さに感じてしまう。(単に文字が小さいだけ)
週末は余裕があればOS8を入れた環境を構築してみよう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/131-1e26514d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック