バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
PowerBook5300の液晶ハウジング割れ補修
PowerBook 5300部品とリ機として入手したPowerBook 5300/100cはロジックボードを交換したリワークプログラムのシールが貼ってあるものの、液晶ハウジング(ケース)の合わせ面がしかり開き、液晶の開け閉め時にグラグラするノというより砕けた樹脂の破片がポロポロ落ちてくる状況はどう見てもハウジング内部が崩壊している証だ。
部品取り機種とは言え、このままにしておくのも気分が悪いのでダメ元覚悟で補修を試みた。
このハウジング強度不足はリワーク後のPowerBook5300シリーズでも再発することが有名。
原因は全てAppleComputerの素晴らしい品質管理による強度不足。
崩壊する箇所は2箇所あり、一つは液晶下にある[Macintosh][PowerBook5300c]プレートの裏でハウジングの表/裏をつなぎ止めるビスの頭部分と、本体と液晶部分を支えるヒンジの固定ネジを受ける埋め込みナットの周囲にある樹脂部分。
どちらも液晶を開閉する時に力がかかる場所となり、最終的にはヒンジの金属パーツを押さえ込めなくなり液晶ハウジングが割れて中身が丸見えになってしまい開け閉めも出来なくなってしまう。

PowerBook 5300本来ならハウジングそのものを交換するレベルなのだが、その交換したハウジングもいつかは同じ道を辿ることになる。
今回は壊れた箇所を何かで補強して再生できるかどうかの確認も含めた補修にした。
手を入れる箇所は2種類4箇所、埋め込みナットの土台については崩れ去った樹脂パーツの変わりにホットボンドを流し込んで固定させ、ネームプレート裏のハウジングを挟み込むビスが押さえ込む部分は手持ちの金属ワッシャーをやはりホットボンドで固定させることにした。
見た目的にはアレだが、ヒンジの金属パーツが入るギリギリまでホットボンドを流し込み、余分なところはカッターなどで削っていく低レベルな作業を続けること1時間、ハウジングの合わせ部分が少しだけ膨らんでしまうものの形になる状態まで持っていけた。
この状態ではハウジング裏側にホットボンドが貼り付く形で各パーツを固定しているので長期的には持たないだろう。(その頃にはPowerBook5300を残しておく必要すらないはず)

PowerBook 5300ネームプレート側からは金属ワッシャーが丸見えとなるが、この部分に関してはもう少し手を入れたい気分だ。
薄いプラ板などを加工し、接着剤でワッシャーを覆うようにしてビスが通る穴を開けることでハウジングへの固定も一層固くなるはずだがノ私にはそこまでの加工技術は無い。
とりあえず現状のまま組み上げPowerBook5300cの液晶をそっと動かしてみるがホットボンドで固定した部分が崩壊するような挙動も感触も無い。
実験的に補修を実施した割には期待通りの結果が得られているようだ。
気が向いたらPowerBook5300/117ceのハウジングも崩壊する前に補強までは行っておこう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/134-d93e843d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック