バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
京急~羽田散策
品川駅 臨時ホーム3月上旬にしては気温が高く(予報によれば3月下旬並の暖かさとか)、土曜日の段階で「日曜日は軽くどこかい行こうか」などご考えていた。
朝の6時か7時頃に自宅を出発し、奥多摩から丹波に抜けて「のめこい」温泉で湯に浸かりながら疲れを癒す…はずが日曜の朝を迎えてみれば時間は9時…あれ?おかしいな?目覚ましをセットしていおいたハズだが…しっかりOFFられてやがる、誰だ?俺か...orz...
空を見ると薄曇り、今から奥多摩目指しても丹波に到着するのは昼過ぎになり、帰りは夕方~夜になってしまうかもしれない。
青梅街道は小平あたりで混むんだとなぁ…と考えているうちに諦めが付いた。
気を取り直して日曜日を如何に有意義なものとするか思考する事10秒(短か!)、家族に「京急のメロディアスなインバーター音を聞きに行こうか」と声をかけた。
私自身は別に鉄ヲタでもない。
某タモリ倶楽部で京急ネタをやったらしく、運用している車両の中にエレクトーンでも弾いているかのようなメロディーを奏でる車両があるらしいと家族が話していたのを思い出しただけだ。
私も以前に仕事か何かで「楽器みたいな音を出す」車両に出会ったことがあるので、同じものか興味があった。

自宅から近い京急とのポイントは品川駅。
地下鉄から京浜東北線に乗り換え、仕事以外で来るのは10年ぶりか?という品川駅に到着し、ふと気になったのが「臨時ホーム」と書いてある看板。
ホームに下りる階段には進入禁止と書かれたプレートも無ければ柵も無く、一般客の出入りに関してガードしているものは何一つ視界に入らない。
そっと見学する程度であれば問題ないと判断してホームに下りてみると売店も無ければ自動販売機も無い殺風景なホームがあるだけ、まるで貨物の積荷を扱う場所のようだ。
「回送」とプレートを掲げている電車が一両止まっていたが静かに発車し過ぎ去っていく。
東側の新幹線レールには残り少ない500系のぞみが走り去っていく、品川駅の駅ナカ商店街の雑踏から隔離された静かな風景画そこにあった。
まるで深夜0時の上野駅18番線ホームのようだ。(上野駅は深夜0時でも別の意味で活気あるけど)

その後は京急に乗り換え、とりあえず大森海岸までの切符を買いホームで待つこと数分、正面に「2100」と形式名?らしき数字が書かれた車両が発車時に「ウィーン…ルールルルルル~♪」と音階を奏でるような音を発しながら過ぎ去っていったが、私の記憶にある音と同じだ。
どうやら以前に京急を利用し、この音を出す車両に乗ったらしい。
家族の情報では正面に「1000」と書かれた車両でも同じ音が出るらしいので自分達のホームに入ってきた特急?に乗り込んだが、発車時に期待した音は聞こえてこなかった。(後で調べたら前期型と後期型があり、音階を奏でるのは後期型インバータ搭載車両らしい)
そのまま次の停車駅で降りてと思って路線図を見ると…おっと京急蒲田まで一気に走ってしまうらしい。
子供が線路を見たいというので最前列に位置取ったが、直線では躊躇せず速度を出し、カーブでは少々キツ目の減速をしてから進入していく感覚はバイクや車に近いものがあり、新鮮な感覚だった。
それにしても、通過駅ごとに必ず一人はいる気がする撮り鉄な方々、品川~京急蒲田駅間で10人以上は確認できた気がする…人気なんですね、京急って。

京急蒲田まで勢いで到達し、さてどうしたものかと家族会議していたところへ羽田空港行きが降りた反対側のホームに到着した。
子供が飛行機に興味を示していたのと、僅か数駅の距離でもあったので羽田空港へ向うことにした。
今年に入って仕事で4回利用している羽田空港だが、プライベートで訪れたのは第二ターミナルが出来た直後くらい…って何年前だろう?思い出せない…
今までも一度も訪れることが無かった展望エリア「バードビュー」に行くと離着陸する機体が一望(着陸側は第二ターミナルで隠れ気味だが)できる場所だった。
まだ風が冷たい季節なので長時間は厳しかったが、広くてフェンスも高いこのエリアは子供を安心して遊ばせられるので暖かくなってからまた来ようという共通見解に至る。

JAL機が集まっているパイロンでは懐かしい旧JALマークを尾翼に描いた機体があった。
まだ残っていたんだねぇ…でも白地に小さな赤いマークが一つだけなので子供にウケが宜しくないようだ。
どちらかと言えば青いラインが綺麗なANA機に視線が集まっている。
AIR DO!などはほぼ丸無視、ポケモン機は当然大人気。
自分はといえば仕事以外で旅客機を見る機会が初めてになるので「着陸はあんな角度でタッチしていたんだ…」など脳内で機内風景をイメージしながら眺めていた。

帰りはモノレールで浜松町まで。
併走する首都高横羽線を見ながら「あー、今年に入ってバイクに一度も乗っていないなー」と寝坊したのを思い出す。
次の週末こそバイクでどこかに行こう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/143-1d3278e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック