バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
ナイフケース作成
今までキャンプにはフォークとスプーンがセットになったミニ食器に付属の刃渡り4cm程度の小さなナイフで全てを調理していた。(キャベツ1個を無理矢理カットしたり、飛騨牛ロースをチマチマカットしたり…)
しかし流石にそろそろ包丁らしい刃物が欲しくなっていたところ、家の調理場でペティナイフが余ったのでキャンプ用にGET!
が、台所で使う前提の安物ペティナイフに歯を隠すようなケースなど無く、このままで持ち運びに不便だということで安物素材で自作してみた。
素材はハンズで購入した10x20cmの薄い皮素材。
衛生的な面を考えれば皮は避けた方が良いのだろうが、軽くて加工しやすい素材としては皮以外に今は考えられないので妥協。
加工は勿論?手縫い、簡単に型合わせを行いって千枚通しで糸を通す穴を先に開けておく。
皮が300円くらい、ナイフが飛び出さないように抑えるバンドの固定にミニホックと玉カシメを購入して500円程度に予算を抑えたので皮用の糸など購入せず、家にあった裁縫用の20号糸でチマチマ縫いつけていく。
ホックなどの圧着にも専用の工具など使わずドライバなど適当な工具で誤魔化す。

で、完成。
折り曲げた部分に歯が当たるように収納し、ナイフが飛び出さないようにホック式のバンドで一応抑えられるようにした。
皮を切るはさみも単なる文房具用ハサミを使ったのと、素人加工と言うことで見栄えの悪さは忘れることにした。
とりあえずはこれでキャンプ道具の中へ入れても痛い思いをしないで済むだろう。
最大の問題はキャンプ中にペティナイフを使うほどの料理をするのか?ということかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/158-23ea6492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック