バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
プラグ交換&ガソリン抜き方法再考
ナップスでタイヤ交換をしている最中にGPZ900Rのプラグを購入していたが、先週は交換する時間が無くなってしまい手つかずだったが、ようやく着手。
東京地方の日中最高気温が20度を予想される絶好のツーリング日和にガレージでプラグ交換...orz...
が、今まで寒くてサボッていた分を取り戻す必要はあるので仕方ない。
1番シリンダーから4番シリンダのプラグを順番に並べて焼きチェックをするが、特に突出して焼け具合がおかしいプラグは無い。
1番・2番シリンダはシリンダヘッドとプラグホール間のシールが劣化してきているのか、若干のオイル漏れを確認するモノの、プラグ電極部分がオイルで油没するような状況では無い模様。(ここのシールを発注するの、数年前からサボッている気がする…)
新しいプラグを装着して完了。
ついでにプラグキャップ部分の接点も磨いておく。

各部点検とエアフィルターの洗浄を終えた後にガソリンタンクからの燃料抜き実験を再チャレンジしてみる。
先週はバッテリーに付属していたブリーザーパイプを連結して行ったが、パイプが固くなっており作業し辛い&長さが足りないと痛感していたので近所のホームセンターから適当なパイプを調達。
しかし、そのパイプは燃料用(耐油脂性素材使用)ではなく金魚とかの水槽に使うエアポンプ用ホース…単に耐油ホースが無かっただけなんだが…(一発使用で抜き取る為の手法を確認したいだけと、溶けても構わないと割り切り購入)
ホースの長さは5mあるので1.5mにカット、ホース自体が柔らかいかこともあり画像の通りタンク横でU字を描くように上手く垂れ下がってくれ、口で軽く吸うだけでタンクから吸い出されたガソリンがU字の底まで到達してくれた。
この状態になれば手で持ち上げているホースの先端を下に持っていけばガソリンがタンクから流れ落ちてくる。
先週のテストでは60cmしか長さが無く、吸い出す時も上手く加減しないと口の中にまでガソリンが飛び出してくる状態だったが、1.5mもあれば吸い出す力をシビアにコントロールする必要もない。
ホースそのものも丸めてしまえばコンパクトに収まり荷物にならないので、北海道ツーリングにはガソリンタンクからの吸い出し道具として持っていく予定だ。(ホース先端は片方をこんなふうに加工し、口で吸い出す側とガソリンタンクに入れる側が入れ替わらないようにしている)
ちなみに耐油性についてだが、実はホースを入手したのは先週の日曜で1.5mにカットして吸い出しのテストまで軽く行っていた。(ボトルへの移動までは行っていない)
今日のテストはその時に使用したホースを使ったが、変質・硬化・溶解などの以上は今のところ確認されていない。
北海道ツーリングは5泊程度の予定なので、2回だけの使用ならば問題ないということだろう。
それでも毎日使った場合の耐久性は不明なのでホースを数センチだけカットし、ガソリン漬けにしてあるので来週まで放置して確認するとしたい。
うまく行けば耐油ホースを購入する必要は無いかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
いっそのこと
タンクに穴あけて、蛇口つけちゃうとか。
あひゃひゃ。
2008/04/12(土) 20:18:40 | URL | やち #-[ 編集]
>やち
XL250Rパリダカとかビッグタンク装備車なら蛇口使って商売できたり…(スクーター専門だろうけど)
ちなみに、古いヤマハ車('80年代)でサビがひどいタンクだと、格闘漫画のように指1本でタンクに穴が空くから蛇口不要とも...orz...クサッテヤガル...
2008/04/13(日) 08:42:28 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
燃料
私はいつもシャンプーやリンスのポンプ部分を持っていって燃料用ホースで延長して使ってる

123Rは最近ハイオク仕様になってきてる
2008/04/13(日) 13:28:42 | URL | 愛知の齊藤 #W5O0XXSk[ 編集]
>斉藤兄ィ
シャンプーのポンプ部分はブレーキのエア抜きで10年ほどお世話になっています。(便利)
が、ブレーキフルードと違ってガソリンでは溶けないんですかね?それが怖くて今回は回避した方法なんで…

ハイオク仕様は…バイク本体にとっても贅沢ですw
2008/04/14(月) 07:23:54 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
シャンプーポンプ
もう数年つかってるけど
何も変調を起こさないよ~


もともと廃物利用なので
気になったら
(たまに汲み上げなくなると)交換している

耐油ホースもホムセンで購入してるし

自分が理解して使ってるので
それで良いんじゃないかな~

それと123Rの給油キャップの
リリーフヴァルブは一度開放すると戻らないので要交換です
(一度無理やりばらそうとして5角レンチ
自作して挑んだけどダメだった)
2008/04/14(月) 11:47:42 | URL | 愛知の齊藤 #W5O0XXSk[ 編集]
斉藤兄ィ
そういえばシャンプーポンプネタは琵琶湖で同じ話をした記憶が蘇ってきました(汗(だいーぶ酒入った状態で話したような…)
リリーフバルブは私のSVEAだとインチ系六角レンチで普通にバラせました。
中のバネを若干強めに調整して10分程度の赤ガス燃焼テストを行いましたが今のところは異常なし。
でも怖いので部品発注かけました。
ただしGWには間に合いそうもないので週末にもちっとテストしてみるつもりです。(そもそもGWは日本にいるかわからない状態なのでハラハラしてますが…)
2008/04/16(水) 22:11:19 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/164-69728a91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック