バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
上海出張4日目
上海出張4日目、もといグータラ週末2日目、流石に昨日一日を引き篭もってダラダラ過しただけあってか気力と体力に余裕が出てきたことと天気も滅茶苦茶良いので10時頃にホテルを後にした。
まずはホテル近くにローソンがあると聞いていたので聞いたとおりに歩道を歩いていくと5分もしない位置にローソン発見。
ここでライターを買っていないことに気が付き(中国はチベットの件以降に国際便も含めて手荷物・預け荷物でライターやマッチなどを持ち込めなくなっている)店内に入り探すが無い、店員にライターを置いてあるか英語で尋ねるが通じず、タバコに火をつけるジェスチャーをするとレジカウンターの後ろの箱を指差すとライターはそこに居た。
どうやら危険なものは厳重管理の模様、一つ欲しいとジェスチャーして1元払って入手、店員も笑っていたところを見ると可笑しなアジア人に思われたのだろう。

ローソンを後にして付近を散歩するが、腹も減ってきたので上海中心地に向おうと考え、タクシーを止めると興味があった徐家匯へ向う。(言葉は通じないので地図を見せて指差すしかないけど)
丸いドームが特徴的なビルへ到着して中に入るが事前に調べた情報どおりパソコン系一色のつまらない場所だった。
KchiboとかREDSUNとかラジオが大量に置いてある店が1店ぐらいはあるのかと淡い期待を持っていたが叶うわけも無く、日本価格よりも若干高目のブランド品(ソニーとかIBMとかhpとかTOSHIBAとかLGとか)本体や周辺機器があるだけだった。
唯一、目に留まったのはiPodminiのようなmp3プレイヤーぐらいだが、値札も無くジロジロ見ていると店員が即座に張り付くので写真だけ撮って離脱。
大きさ的には現行iPodminiの更に半分の大きさだが、本物と同じガラスケースに置いてあるのには感動すら覚える。
徐家匯は期待したほど面白い場所ではなかったので二度と来ることはないだろうな。

タクシーを拾って徐家匯を後に向うは古北。
上海でも日本人居住者の比率が高く、欧米人の姿も多く見かける場所だ。
そこにあるカルフール古北店ではkchibo KK-9906Sを買ったこともあるので別の機種が入荷していないかチェックも兼ねて向ったのだが…まずは腹ごしらえということでマクドナルドへ入る。
店内には日本人家族と(多分)米国人の家族が居てなんとなく落ち着く。
が、店員は現地の人、メニューも言わなければ出さないしスマイルゼロ、マニュアル通りに動くわけも無く殺伐とした雰囲気だった。
頼んだのはビックマックのセットにドリンクをLargeにグレードアップ、これで31元(約500円)だから日本よりは少しだけ安いのかもしれない。
たった数日ぶりの欧米的な味付けの食事だが妙に美味しく、そして落ちつく。
空腹を満たした後はカルフールへ入るが肝心のラジオは目新しいものは無く、短波9BAND搭載のアナログラジオが88元ということで買いそうになったが冷静に観察すると日本のホームセンターで売っているS312のオリジナルモデルだった。
日本で買うと1000円ほど高い金額になるが、ラジオNIKKEIの周波数を示す印刷が文字盤にあるので使い勝手は日本向け製品のS312だと言うことに気が付き購入を思いとどまる。
機能的にはER-21Tで十分だし、次に買うとしたらバックラッシュの無いPLLモデルで小型のものしか考えられないからカルフールもパス。

昼過ぎにはホテルに戻るが、ホテル隣のコンビニで夜食と水をゲット。
インスタント珈琲や日本茶を飲みながらダラダラ過し、今夜の夜食はコレ。
微妙に中華風味なUFOだが麺は日清、今日は中華料理を食べない日になった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/180-340be072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック