バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
ELPA ER-21T(その後)
ELPA ER-21T5月の連休と連休後の半月海外出張に持って行ったELPA ER-21T(ベースはREDSUN RD1202)だが、当初はKchibo KK-9906Sを以って行くつもりだった。
結論から言えばER-21Tで正解だったといえる。
その理由だが単純明快で「カバーしているバンドが多い」その一点に尽きる。
Kchibo KK-9906Sは短波帯が6MHz台後半からのカバーとなるのでラジオNIKKEIの3/6MHz帯を使えず、9MHz帯専用になってしまうのだ。
■日本国内での受信状況
飛騨の平湯キャンプなどではラジオNIKKEIの3.9MHz帯を受信できる強みは大きく、放送局の電波を低い位置で跳ね返す電離層が多い日中は9MHzがほとんど役に立たず3.9MHz帯もしくは6MHz帯のお世話になることが多かった。
これは電波を発射している放送所との距離も関係するので、必ずしも日本のすべての場所で同じ結果になるとは限らない。
また、日中にテントの中で天皇賞中継(競馬)を聞いたときは2mばかりのビニールコードをアンテナに接続して聞かないとフェーディングによって電波が弱い時の音声が聞き取りづらくなった。
中波帯(AMラジオ帯)・超短波帯(FMラジオ帯)については「普通」といった感じ。

■中国での受信状況
中国出張中はラジオ日本(NHK国際放送)を聞くこともあったが、上海市の西側にある瑞特大酒店(宜山路/万源路)の二桁階の南側窓では付属ロッドアンテナのみで十分聞くことが出来た。
ただし、KK-9906S付属のアンテナ延長コードを使うとキャリアを強く受信できる代りにホテルなどの電気設備が発する生活ノイズもたくさん拾ってしまい結果的にはNHK国際放送がノイズに埋もれて聞こえなくなってしまう。
一番強烈なノイズは室内灯(単なる電球のはずだが…インバータでも間に入っているのだろうか?)を付けるとS感で「5」クラスのノイズがバリバリ入ってラジオとして機能しなくなる…つまりロッドアンテナ以外はホテルで使えなかったということ。
尚、付属ロッドアンテナのみでもどこかのバンドで東南アジア系の放送が昼夜問わず入感し、感度的には値段の割りに十分だった。

北京では某巨大掲示板の某スレッドにあった情報で中波帯の金沢放送が聞こえるというので試してみたら軽いフェーディングを伴うものの音声はクリアに聞こえ、NHK国際放送もしっかり聞こえる。
ただし、北京まで移動すると韓国系放送がかなーり強力に入感するので近隣の弱い信号は潰されてしまうだろう、関東で聞く大昔の北京放送のようだ。

■使い勝手
非PLLラジオなことから大小差はあれど周波数のドリフトは常に発生するのがあたりまえ。
チューニング機構も糸掛け式であることからバックラッシュも発生し、周波数のドリフトやバックラッシュなど合わせて5分の間に凡そ1kHzは動くと見ていいが、その後は急激な温度の変化がなければ安定している。
FMラジオとして考える場合には音質的にゲインが足りないような割れた音が起因して大音量で長時間の視聴に難があるものの、AM波よりは帯域が広いFM波であることが幸いしてかバックラッシュや周波数のドリフトが意外と気にならない。
きちんと聞きたい場合には5倍以上の予算でSONY ICF-SW35などの製品を購入したほうがいいだろう。
また、アナログチューニングなのでメモリ機能などは皆無、よってNHK国際放送など時間帯によって周波数が変更される局を捉えるにはタイムテーブル表を別に用意しておく必要があるので、面倒と思う人はメモリ機能が搭載可能なPLL機を選ぶしかない。

■総括
今回の日本国内キャンプや海外出張で使用した限りでは2,480円という値段から考えれば、機能的にも性能的にも十分な働きをしてくれた。
むしろ値段が安いからか扱いに気を使うことなく(水をかけないなど最低限は気を使うが)気楽に使えた。
チューニング直後のバックラッシュと若干のドリフトがたま~に気になる程度でアナログラジオとしては十分だろう。
音質の悪さはむしろ気にならなかった。
尚、1日で凡そ1時間~2時間(週末は3時間程度?)聞くのを10日ほど続けたが、1600mA/hのニッケル水素電池はまったくヘタることなく今も使えている。
今回のような短期出張程度では予備電池を必要としないだろう。
Kchibo KK-9906Sは短波帯が6.9MHzから上の周波数にしか対応していないので、日本国内でFM/中波AM専用ラジオとして活躍してもらう予定。
キャンプツーリングや海外出張にはER-21Tを選択するだろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/192-729f7b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
○目次:ELPA ER-21T(ELPA 朝日電器株式会社)関連 ここ最近はこの
2008/06/24(火) 05:10:57 | ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!