バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
iBook G4メモリ増設
既に時代はインテルだというのにしぶとく使い続けるiBook G4、しかし搭載メモリは512MB増設して768MBという貧弱な環境のまま現在に至っている。
iBook G4を購入した4年前は1GBメモリの値段が3万円を超えて4万円近かったので断念した経緯があり、その後も機会を伺っていたが今年になってようやく1万円まで価格が下がり手が届くようになった。
仕事帰りに秋葉原へ寄り向かった店は秋葉館、目指すは1GB増設メモリ。
入手可能だったのはサムソン製と見知らぬ台湾メーカーと思われるメーカーの2種類。
秋葉館の実質的な親会社である某C社の資本を持ってしても値段は1万円を少し切った程度の9千円台、でも十分安いと思うから入手できる時に動いておくのが良いだろうとサムソン製を購入。
保障は秋葉館保障5年だが、5年後には代替の品物も無くなっているんではないだろうか?
某C社のお得意だったTrancendも永久保障と言いつつ品がなければ同じと聞いているので保障は1年もあればいい。

自宅に戻り早速メモリを交換。
メインメモリスロットはキーボードを外し、AirMacカードを外した下の金属の板を取れば見えてくるので手順も少なく楽。
取り外した512MBメモリは使い道が無いし、中古で流すにしても二束三文だろうから1GBメモリ故障時の予備メモリとして手元に残すことにした。
キーボードを戻して電源を投入、メインメモリが1.25GBに増えているのを確認して作業終了。

ハードディスクは先月160GBにアップして残容量80GB、メモリはカタログスペック上の最大搭載量まで載せた。
あとはROWAに発注しているメインバッテリーが届けばリフレッシュ完了、あと2年は戦えるかも?
(WintelなMacBookも欲しいっちゃ欲しいけど、Windowsを起動する必要性が滅多に無いんだよねぇ…)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/205-af808e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック