バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
RZ250エンジンOH(3)
RZ250の整備を開始して3日目、そろそろ飽きがくる頃だw
前日と打って変わって日曜日の朝は8時半作業開始とまったりムード。
昨日の夕立が効いているのか朝の空気はなんとなくヒンヤリとして暑苦しさは和らいでいる。
夕立で中断したシリンダヘッドの合わせ面のカス取りを続行し、シリンダヘッド取り付け後にラジエタージョイント装着。
午前11時にはシリンダ周りの装着が完了していた。
マグネットステータを取り外しているので点火時期調整作業が控えているので、まずはエンジン単体で始動できる状態を目指しキャブ・ラジエター
の装着を続けるが、ラジエターコアを見て作業追加。
ラジエターカバーの隙間から走行時に跳ねた小石などがラジエターコアに衝突し、歪んでしまったフィンを修正できるまたとないチャンスなので細いマイナスドライバーを2本持ってチマチマ修正開始。
装着時は裏側などのチェックがなかなか出来ないコアフィン修正だが、外してしまうと非常に楽。
しかし一箇所だけ大き目の小石があたったのか中の層まで歪んでいる箇所があり可能な限り補修して断念、他の箇所は表層部だけの歪みだったのでほぼ完全に修正完了。
目視チェックの範囲では水漏れ跡も無いようなのでラジエターは問題なしとして車体に装着。

この日はがんばれば午後4時~5時くらいのタイミングで全作業を終了できたが、東京アメッシュを見たところ各地で突発的に雷雲が発生していた。
数年に一度の整備だということもあるので試走は急がず点火時期調整の為のエンジン始動までの作業とした。
オイルポンプのエア抜きを行ってエンジンを始動後に点火時期が大きくズレていないのをタイミングライトで確認するとオイルポンプが2つのキャブにオイルを送り込んでいるかワイヤーを引っ張って吐き出し量が変換するのを確認して最後に点火時期を調整。
アイドリング状態のケースからは異音などが聞こえてこないので大ポカはやってない模様。
残りの時間は各パーツのネジに閉め忘れがないか時間をかけて総チェックし、最後に外装を取り付けて軽く洗車、シートに座るとガレージの前を軽く一周して作業完了。

残る作業はエンジンが冷えた後のシリンダボルト増し締め確認と慣らし運転のみ。
さて、次の週末は慣らし運転三昧にするか、それともキャンプか…悩ましいところだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/212-47e2b70f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック