バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
GPZ900R タペット調整
既に8万キロを越えたGPZ900R、エンジンを始動させるとシリンダ・クランクケースなどからは大きくなったメカノイズが聞こえてはいるがタペットクリアランス調整も1年以上確認していない。
更に去年の秋からタペット音が大きくなった気もしていたので都内でも涼しさを感じる貴重な日曜の朝に蚊取り線香の煙を立てつつガレージへ引きこもった
アンダーカウル・センターカウル・ガソリンタンクを外し、更にアッパーカウルもステーごと前に倒す。
このアッパーカウルステーの左右両端の固定箇所がシリンダヘッドカバーを外す時に微妙にぶつかるので急がば回れ、ボルト3本の差しかないので今回は外した。(前回はこのボルト3本をサボッた為に苦労した)

ヘッドカバーを開けて目に入ってきたのはカムシャフトのロッカーアーム接触部分の虫食い。
既に3万キロくらいから針の穴のような小さなキズが見受けられていたが、8万キロになると大きな穴とは成っていないものの浸食が進んでいる。
手で触ると若干ザラザラした感触を覚えるが来年には腰上OHを考えているので修正などは行わずに現状のままやり過ごすことにした。(どうせロッカーアーム含めて全部交換でしょう、これでは)
シックネスゲージでIn/Ext両方のクリアランスを計測すると予想通り調整幅の上限ギリギリ、もしくは微妙にオーバーした数値が9割。
普段から高回転回しっぱなしで乗ることは滅多に無いので調整幅の下限値ちょい上に数値を設定して調整。
タペットクリアランス調整後はプラグも交換。
各パーツを組み付けてエンジンを始動させるとシリンダヘッド周りの音は…変わってないような気が…、ま・こんなもんでしょう。
気分的にスッキリしたので精神衛生的に良い効果があると信じて作業終了。
コメント
この記事へのコメント
3番のカムはキレイに見えますが。

それにしてもNinjaの腰上OHは色々と欲が出てきそうですね。自分でやるんですか?
2008/08/15(金) 01:29:23 | URL | 乙尺400海苔 #zp5fqWQk[ 編集]
>乙尺氏
3番カムも吸排気ともにポツポツとした巣が出ちゃっています。
腰上OH…私の実力だと50ccエンジンの2バルブまでしか対応していないと思われます。
4輪の時は整備士資格を持った人がバルブ周りを担当していたので私など無資格者はもっぱら人間ジャッキな奴隷状態w
予算次第ですかねぇ…自前OHは。
ともかくパーツ代の捻出で頭悩ませています。(スタータのワンウェイクラッチという持病も兆候は無いものの、ショップ任せなからついでに…という野望もあるので)
2008/08/22(金) 11:27:36 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/219-eb347b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック