バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
鎌ヶ池ソロキャンプ
0608041.jpg梅雨明け直後の8月上旬、ここ最近は仕事に疲れたいたので「キャンプした~い!」とフラストレーションが溜まっていたということもあるが、ソロでビーナスラインは霧ヶ峰にある鎌ヶ池キャンプ場へ行ってきた。
贅沢にも有休を金曜日に取り、平日の早朝に都内を脱出して十石峠・麦草峠とひたすら酷道299を乗り継いでお昼頃に鎌ヶ池に到着。
(食材や酒は事前に途中のスーパーや白樺湖のコンビニで購入しておいた。)
0608042.jpg時間はまだ午後1時、日差しが強く照り付けている時間だったのでテントを設営するとコンパクトタープも展開、バイクも利用して日陰をつくり高原の冷たい空気の中で昼寝する。
標高1700mほどの高地なので気温そのものは高くなく、オホーツク高気圧の影響か夏らしくない冷たくて心地よい風が流れてくる。
平日の金曜日ということもあり高原を散歩する人も少なく、テントサイトには今のところ自分一人で管理人が言うには予約している人は誰も居ないので飛び入りの人がいなければ利用者は私だけの状態らしい。

0608043.jpg南の空には夏らしく入道雲が見え、その手前にトンボが止まるという高原の夏らしい情景を満喫。
天頂近くには雲ひとつ無い快晴の空が広がり、金曜日に有休とって本当に良かったと思う瞬間だった。
(有休を意図的に使えるだけマシだという人もいるでしょう…以前の私も有休を自由に使えない職場でした…)
夕方近くになり日が落ち始めると気温はグングン下がり夜の7時頃には15度、半そで一枚では肌寒いと感じる。
0608044.jpg晩飯はネイチャーストーブ(S)にオガ備長炭を縦に5本並べた簡易七輪状態、その上で途中で買っておいた鳥の手羽とエリンギを焼く。このオガ備長炭だとおおよそ3時間くらいの燃焼時間、火が弱くなる10時くらいまで焼酎を割るお湯を作りながら星と月を眺める。
時折、人工衛星や流れ星を目にするが圧倒的に多いのが航空機の識別灯。
ここは国際線などが通過するポイント近くでもあるので高度を南北に飛び交う姿が見え、たまに国内線と思われる飛行機が低空を通過していく。
空を見上げれば必ずといっていいほど飛行機の識別灯が見えるので航空ダイヤが過密状態だと言われるのも納得できる。
0608045.jpg本来なら満天の星空を期待したいところだが、この日は半月だったので月明かりに邪魔されて星はイマイチ、次は新月の頃にテントを設営したいと思う。
夜10時過ぎに就寝し、目が覚めたのは朝の7時頃。
予定では平湯キャンプ場へ移動するつもりだったが体調が思わしくなく、思ったより疲れているらしい。
予定を変更してそのまま帰宅として9時半頃にキャンプ場を出発、諏訪から中央高速に乗って昼過ぎには都内の自宅へ到着。
帰り道、中央道の下り線が勝沼から調布あたりまで車列がつながって渋滞していたのには驚いた。
今回は体調が思わしくなく、鎌→平湯の定番コースを消化できなかったが、秋頃に再び訪れて見ようと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/25-c15c85ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック