バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
LUMIX LX3レポ(1)
当初はエントリー機種のDMC-LZ10を購入するはずが、なし崩し的に中堅コンデジのDMC-LX3に転んでしまったが何故か購入後に情報を集めるというgdgdな具合。
それでも何故かさり気無く情報は集めていたのでLX3という機種の簡単なスペックは認識していたしLX2の頃から気になっていたシリーズ、且つ、購入する時に店頭カタログでの仕様チェックと実機を操作してからの購入なので根本的にダメな所は無いはず。
しかし、それでも気になるのが人の心というものだろうか。
LX3の発売は去年の夏、現在までの半年間で先達の知恵がネットで沢山見つけられる。
早めに仕事を切り上げ、帰りにヨドでコンデジ用の小さいレンズペンとRICOH GX-100/200用オプションであるLC-1を購入。
レンズキャップを手動で外さなければ撮影できないLX3、しかもレンズキャップを装着したまま電源を入れると液晶画面にレンズキャップがついたままのコーションメッセージが出るのはいいが、モード切替するか電源を入れ直さないと撮影できないという不便さがある。
LC-1は自動開閉式のレンズキャップなのでLX3の不満点であるレンズキャップが解消される。(ポン付けではないのでキャップ側に少しばかりの改造が必要だけど)
肝心の改造は後日。

んで、自宅へ戻る途中で後楽園を通過。
取説を読み切っていないのでマニュアルモードは使いこなせないのでインテリジェントAiモードのみで取り巻くってみた。(LX3で最も自動的に撮影してくれる一般人向け設定?)
価格帯も違うので差は歴然なのだが、年始にNikon COOLPIX P60で撮った観覧車の画像があったので、同じ場所で同じ取り方もしてみた。

【Nikon COOLPIX P60】
モード:プログラムAE(P)
焦点距離:36mm相当(35mm換算)
ISO:1600
露光時間:1/6秒
絞り:F3.6
露出補正:なし
ホワイトバランス:AUTO
画素数:5M
画質:FINE
編集:Photoshopで800x600へサイズ圧縮したのみ(コントラスト・シャープなど一切手を付けず)→JPEG圧縮(画質80)


【Panasonic DMC-LX3】
モード:インテリジェントAi(iAi)
焦点距離:24mm(ワイ端)
ISO:800
露光時間:1/8秒
絞り:F2.0
露出補正:なし
ホワイトバランス:AUTO
画素数:4.5M
画質:FINE(JPEG)
編集:Photoshopで800x600へサイズ圧縮したのみ(コントラスト・シャープなど一切手を付けず)→JPEG圧縮(画質80)



手ぶれ補正の効果も大きいが、なによりも24mmという焦点距離の威力は絶大。
36mのP60では見上げていた観覧車を写そうとして数歩下がる必要があったが、LX3では全く必要なしでフレームにすっぽり収まる観覧車のフレーミングを気にする余裕まであった。

その他、インテリジェントモードで気軽に取りまくったので以下に。

【Panasonic DMC-LX3】
モード:
焦点距離:24mm(35mm換算)
ISO:800
露光時間:1/20秒
絞り:F2.0
露出補正:なし
ホワイトバランス:AUTO
画素数:4.5M
画質:FINE(JPEG)
編集:Photoshopで800x600へサイズ圧縮したのみ(コントラスト・シャープなど一切手を付けず)→JPEG圧縮(画質80)



【Panasonic DMC-LX3】
モード:
焦点距離:24mm(35mm換算)
ISO:800
露光時間:1/20秒
絞り:F2.0
露出補正:なし
ホワイトバランス:AUTO
画素数:5M
画質:FINE(JPEG)
編集:Photoshopで800x600へサイズ圧縮したのみ(コントラスト・シャープなど一切手を付けず)→JPEG圧縮(画質80)


【Panasonic DMC-LX3】
モード:
焦点距離:24mm(35mm換算)
ISO:200(上限200に設定)
露光時間:1/30秒
絞り:F2.0
露出補正:なし
ホワイトバランス:AUTO
画素数:4.5M
画質:FINE(JPEG)
編集:Photoshopで800x600へサイズ圧縮したのみ(コントラスト・シャープなど一切手を付けず)→JPEG圧縮(画質80)

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/251-2a045c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック