バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
LUMIX LX3レポ(4) ファームアップデート
気象予報通り冷え込んだ日曜の朝、気が向いたら箱根辺りに朝駆け…と思っていたが目を覚ました朝5時の時点で寒さのあまり二度寝決定w
ん~、オサーン化は着実に進行しているね。
で、まだ実行していなかったLX3のファームウェアをアップデートした。
購入時は初期ファームの1.0、そこからAWBの一部適正化など各種補正が行われたファームになっているらしい。
一昔前ならアップデート作業はWindows搭載PCのみでしか実施できなかったのだが、SDカードに実行プログラムをコピーして行うのでWinだろうがMacだろうが関係ないという嬉しい作業環境。
たまに最新ファームより一つ前のファームが安定していたりするので情報収集は怠らないほうが良いのがデジタル機器の常識だと思っていたが、LX3の場合はWEBの情報だとVer.1.1は不具合が発生していたらしく1.0から迷わず1.2に上げるのが良いらしい。
アップデート作業は1分程度で終了したが差は感じられない。
1.0の状態でしばらく使い込んだ人以外は気が付かないのだろう。

続いて昨日の散策でLC-1に貼り付けていたゴム足がいつのまにか落ちていたのでホットメルトで再加工。
高さなどを考えるとモデルガンのBB弾あたりを加工するのが良さそうだが、たった3発のBB弾を小売りしている事はないので入手に難ありかと思ってホットメルトで代用。
黒のホットメルトを垂らしながら高さを稼ぎ、レンズが飛び出た時にレンズキャップが上手く開くように調整。
実際には多めに垂らしてカッターやリューターで3つのホットメルトの高さを調整、最後にテレ端時の開き具合も確認して作業完了。
ホットメルトの素材そのものが適度に滑るのでレンズモーターへの負担も少ないはずだ。

テレ端時の開き具合はこんな感じ。
キャップのヒンジ根本から少し中心寄りに突起の先端を持ってくるとテレ端時の開き具合が良くなる。
どのみちワイ端時はレンズの先端がキャップを飛び越えているのでテレ端時のみに配慮すれば良いはずだ
昨日の一日しかLC-1で撮影を行っていないが、それだけでもレンズキャップを手で外す必要がない恩恵はあった。
コートのポケットからヒョイと取り出して即電源ONはやはり楽だ。
あと一月もすれば春の香りが風に乗ってくるはずなので、それまでに操作方法を隅々まで覚えよう(汗

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/254-9456797b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック