バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
Nikon COOLPIX P60を見直してみる
1万円の不良在庫一掃セールで入手した Nikon COOLPIX P60。
それまで使っていたCOOLPIX4100がコンデジにしてはNikonらしい、しっかりした作りであった為と、1万円というダメージの少ない価格であった為に入手したが某巨大掲示板の専用スレッドに書かれているように迷機とも言える中途半端な作りだった。
その迷機を名機と思えるように努力(手のひらに「名機」と書いて飲み込むまねを128回とか256回やってみるとか、オタマジャクシを水を張ったお椀に入れて枕元に置いて一晩念じてみるとか的なノリ)してみたがダメなものはダメ。
コストダウンで作りが安っぽいのは百歩譲ろう、しかし画面全体に発生するパープルフリンジで眠たい画像になってしまうのだけが受け入れられない。
LUMIX LX3に基準が移りつつあるし、このままでは確実にヤフオク行きだ…と思いながらも「P60だって、やれば出来る子」という一抹の希望を胸にCOOLPIX P60を見直してみた。

比較対象はLUMIX DMC-LX3、撮影対象は某首都高の某所から見える川向こうの街並み。
P60とLX3ではワイ端時の焦点距離が全く異なるので、PC上でトリミングを行いLX3側の画像をP60のワイ端相当に加工した。
最終的にPhotoshopでレベル補正を行い、画像サイズを800x600にリサイズしてシャープを1回だけかけ、画質60でJPEG書き出しした。

■ワイ端(35mm版換算で約36mm相当)
Nikon COOLPIX P60

露出モード:シーン(夕焼け)
露出時間:1/200秒
絞り値:F4.5
ISO感度:80
露出補正:0.0EV


Panasonic LUMIX DMC-LX3

露出モード:シーン(夕焼け)
露出時間:1/500秒
絞り値:F2.8
ISO感度:80
露出補正:0.0EV


■テレ端(35mm版換算で約180mm相当)
LX3に関しては光学が最大で2.5倍(60mm換算)になるが、トリミングを行っているのでEX光学ズームをPC上で再現した形となる。

Nikon COOLPIX P60

露出モード:シーン(夕焼け)
露出時間:1/200秒
絞り値:F4.5
ISO感度:80
露出補正:0.0EV


Panasonic LUMIX DMC-LX3

露出モード:シーン(夕焼け)
露出時間:1/400秒
絞り値:F2.8
ISO感度:80
露出補正:0.0EV


■で、結果は?
最終的に画像を縮小して加工する場合、P60でも「なんとか」なってしまう。
但し、上記のテレ端画像を比較した場合、光学60mm相当しか持たないLX3でも最大画素数で記録してPC側でトリミングを行うか、最低画素数でEXズームを最大活用すればレンズ自体の描写力でP60を上回る結果となる。
特にテレ端画像右側のマンション左下部分に見える細かい建物描写などはノイズを滲ませて誤魔化すP60が不利。
空の微妙な色の変化も平均化してしまい塗り絵のようなP60と、そこから一段階だけ情報を深く記録するLX3で差が出た。

ワイ端画像は明るいレンズのLX3が俄然有利なのは明白だが、P60もがんばっているように見える。
画像加工ソフトで強引に処理するなら、更にアンシャープマスクを1回かけると荒れた固い画像に近くなるものの全体がシャキッとする。
小さなレンズ+小さな安物CCDでは画像全体が眠くなるのは価格帯的にしかたないので許容範囲だろう。
むしろ歪みのほうが気になる、まるで24mmの歪みを36mmで再現しているようだw

結局、私にとってP60の存在価値は下記の3点のみらしい。
・単三電池駆動
・テレ端180mm相当の光学ズーム
・画素数低いがEVファインダー装備、

PanasonicのLZ7にズーム連動の光学ファインダーが装備されていたら…と思ってしまう。
現行機種のLZ10はテレ端150mm相当なのが少々残念。(そのかわりワイ端30mmとなっている)
まー、P60をblogなどの画像として使うには十分だということがわかったのでヤフオク行きはペンディング。
今のヌコンにコンデジへの意気込みが感じられないので最後のNikonになるかもしれんけど…

■参考
双方のワイ端・テレ端画像をレベル補正・トリミングせずに画像サイズを800x600にリサイズしてシャープを1回、画質60でJPEG書き出したのが以下の画像。
LX3はこの状態からトリミングしたことを考えると倍の平均販売価格は伊達ではないということか…

【COOLPIX P60】
ワイ端
(36mm相当)







テレ端
(180mm相当)







【LUMIX LX3】
ワイ端
(24mm相当)







テレ端
(60mm相当)








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/260-2318c2a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック