バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
KONICA C35FD入手
minolta HI-MATIC F の上位機種として設定されているHI-MATIC 7SIIの評判が良くない割に中古価格が高い(そして姿を見ない)ので注目したのがコニカ C35FD。
現在はカメラ本体からもフィルム産業からも撤退してしまった小西六だが、ニコンと名前がカブった「KONICA FM」という一眼レフまで出してカメラ業界では老舗"だった"。

そのコニカがC35のコンパクトボディにHEXANON 38mm/f1.8という明るいレンズを搭載してシャッター速度優先の半マニュアル撮影が可能な構成で発売したのが「凄腕ジャーニー」ことC35FD。

…というのがネットで調べた結果。
発売は1973年、数年後には一眼レフカメラに業界が塗り替えられてしまうが、発売後の僅かな期間がコンパクトレンジファインダー機種の蜜月期間というところだろうか。(1970年代後半は庶民機で高性能なレンジファインダー機種が激減している)
完全なオート撮影ではなくシャッター速度は必ず設定する必要があるが、ファインダー内のメーターには連動して絞り値が表示されるので被写界深度を調整したい場合には有効な手段となる。
この辺りはレンズシャッター機種故にシャッター速度を指定するようになっているが、絞り優先AE機が主流となった入門一眼レフ機と同じ思想なんだろうな。

ちょい撮りするだけならHI-MATIC F で十分なのだが、やっぱ気になるので露出計の動作が不安定なボディを入手。
到着して動作確認してみると露出計が明らかにオーバーな値を示す。
他の一眼レフ機種のメーターと比べても4段階くらい遅いシャッター速度を示すのでCdSが劣化していると思われる。(針が不安定に動いたりしないので、純粋にCdSだけの動きと推測)
他にはバルブ開放でシャッターを開けたままにしてレリーズボタンから手を離しても即座にシャッター幕が閉じることが無く、1秒から2秒ほどして閉じるという駆動系に謎の粘りも見せている。
元々ジャンク品として入手したがレンズにカビなどは無くモルトが劣化している以外は良好な状態、情報を収集してからレンズ周りをバラす予定。
初HEXANONレンズ、さて、上手く復活できるだろうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/304-0b7bde66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック