バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
週末整備
RZ250のクランクケースから聞こえてくる ぁゃιぃ音、これを滅するべく1年前にケースを割ってみたが状況変化なし。
走行中に「カツーンッ!」と来てリアタイヤがロック、そのまま「ヒャッハー!」な状態になりたくなかったので乗った回数は2回。
何度も「よーし、パパ今日はエンジン降ろしちゃうゾ!」と意気込んだものの気がつくと12月、時間と金の流れは早いと痛感した2009年師走。
週末にちょいと復活の呪文を唱えてみた。
これがバイク整備を生業している人ならば詠唱破棄で復活するのかもしれないが、なにぶんにも素人整備+堕落しきった週末を重ねていたので詠唱が長いこと…
ガレージに立つ → (一服) → 各種封印解除 → (一服) → 各種工具用意 → (一服) → 外装撤去 → (一服) → 水・オイル抜く → (一p(ry
エンジンを下ろすのが出来たのは半日後の土曜の夕方。(そもそも作業開始が昼だったりする)

ここで予備エンジンが2基あるので1987年購入時のシリンダが装着されているエンジンを引っ張り出す。
もっとも、10年前の整備でシリンダとクランクの組み合わせは怪しくなっているので素性は不明、整備記録はきっちりしておかねばならないのを痛感。
仮固定と思われるシリンダヘッドボルトを外し、シリンダを持ち上げるとクランクがオイル漬けになっている。

「10年前の俺って気が利いているな」

そう思ったのは0.5秒だけ、シリンダつけて保管するエンジンのクランクをオイル漬けにする必要は無いと思っているし、そもそも2stオイルではなく小麦色のミッションオイルというのがおかしい。(このエンジンを使用していた時期は2stオイルにヤマハ純正のオートルーブ(緑色)しか使っていない。)

( ま さ か … )

予感的中、オイルレベルゲージを抜くとオイルが付着していない。
クランクケース下部のドレンボルトを外してもオイルが数滴だけしか出てこない。
フレームに載せていない状態のエンジンを置くと前のめりの状態になる、どうやらミッション室とクランク室の間のシールが抜けてミッションオイルが流れ込んだらしい…
このエンジンはケースを割って液体ガスケットを塗り直さないといけない。
それ以前にシールが抜けた原因が気になる。
この頃の整備記録は十分な内容ではなく、ケースも一度開けた形跡があるので全てが仮止めだったのかもしれない。(それだとしたらミッションオイルが入っている理由がわからないが…)
どっちにしてもクラッチボスやら何やらを外して作業するのは面倒なので、残るもう1基の腰下に期待するしかない。

降ろしたエンジンからシリンダ・ピストンなどを移してフレームに載せたのは某クラブの忘年会直前。
ラジエターなどが装着されておらず、オイルポンプなどのワイヤリングもまだ、続きは次の週末に。
来週の今頃には詠唱した呪文が「ふっかつのじゅもん」だったのか「パルプンテ」だったのかが判明しているはずだ。
コメント
この記事へのコメント
がばれー
2009/12/10(木) 21:06:47 | URL | こけ #SFo5/nok[ 編集]
さんざん、いろんな方面から、かなり重みを持って忠言されてはおられると思いますが....
タバコをアレされたらいかがでしょう?(^^)v
2009/12/11(金) 08:23:24 | URL | イワタ #OuJ/wyN6[ 編集]
あいかわらず整備スキルはスゴいと思ってます。
当方は2st単気筒が精々な物で‥‥‥。とりあえずパーツ代稼がないとどうにも……。
2009/12/11(金) 17:40:45 | URL | かぎま #-[ 編集]
れす
>こけ
おう、とりあえず動いたぜー
動いた→動かす→壊れる
おわりのはじまり、はじまりのおわり…かもw

>イワタ氏
タバコをアレするのはプロシージャ的にありえないかもw
実際にはタバコよりも部屋を出る気力の都合で開始時間が遅いことかと…
昔より急がなくなっているのは確かですねー
一番危険なのはガレージが無線LAN到達圏内なので2ちゃんすることw

>かぎま氏
近くに頼れるバイク屋が無いっつーのが最大の理由だったり…
一軒だけ押して歩ける範囲内にバイク屋があるんですが、基本的に自店販売したバイクしか面倒見ない姿勢ありすぐる&値段高いというので利用することは無いでしょうねぇ。
金が無いから体力で勝負→金も無いし体力も無いし店も無い…という四面楚歌になりつつあるかもw
2009/12/14(月) 12:14:42 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/332-d0d22fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック