バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
CyberShot DSC-U30修理
0610291.jpgツーリングの写真撮影にメインで使っているSony CyberShot-U30が今年の春過ぎから「おかしいな?」と思うような動きをしていた。
いわゆる「デジタルメモ」としてツーリング途中の通過風景やExifを利用した単なる時間記録など200万画素とは言え1秒で撮影になるクイックな特性も含めて愛用している。
ツーリングに出発するのは大抵が早朝、それも薄暗いうちからなのだが出発前に撮影した1枚の画面全体がピンクがかった色調になっていた。
0610292.jpgパソコンでよく見るといわゆる日なた、淡い光の部分にだけピンクフィルタのような色合いが発生していたのだが、日中の直射日光下など通常の風景では問題がなかったので気にしないでいた。
しかし9月に入って症状が悪化、晴れた日であろうが白い部分があれば全てがピンク・ピンク・ピンク…しかも画面の上側から黒く画像が記録されないエリアが徐々に浸食してきている。
ソニー製デジカメはCCDに不良があるロットが存在するとのことで無償修理のアナウンスが出ていたが、コールセンターに連絡して現在の状態を説明すると「恐らく今回のリコール箇所とは違う部品がおかしくなっている可能性が高い」という回答を貰ってしまい少々ヘコむ。
現在の市場に「小型」「クイック起動&撮影」「乾電池も使用可能」「オレンジ色」の条件を満たし、且つ、購入意欲をそそるようなデジカメは新品に存在しないので、現在のDSC-U30を修理するかヤフオクなどで中古の小型デジカメを入手するしかないが相場を調べてみると程度の良いU30だと1万円近い金額になる…修理しよう…。

0610293.jpg週末に秋葉原のSony修理受付センターで出向いて症状の説明と修理依頼のお願いをしたところ、例のCCDリコール対象の可能性があると言われ待つこと数分、技術担当の男性が「リコール対象として無償修理致します」。
修理作業の価格表にはCyberShot-Uシリーズなどの小型デジカメに関する作業料金が7千円程度となっており、サイフに厳しかったのは確かなので非常に助かる。
コールセンターの回答と違う点が気になるが、バッテリー問題で企業イメージ低下を食い止めたいソニーとしてはCCDリコールの案件に関しても出来るだけトラブルが発生しないように方針を緩くした可能性もあるので時期的にも運がよかったのかもしれない。

待つこと30分、1時間と言われていた修理が速く終わり手元に戻ってきたCyberShot U-30は以前と同じように普通の風景を普通に記録してくれるようになった。
「デジタルメモ」というコンセプトは今でも好きなので、後継機種を出してくれないですかねぇ?ソニーさん、出来ればオレンジ色のボディカラーでwww(そんな余裕無いとは思うが…)

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/34-b9ac5a87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック