バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上越一泊
毎年の恒例行事になっているのだが、11月の連休は祖母宅がある新潟県上越市(旧中頸城郡)まで一泊程度の予定で出かけている。
一昨年まではキャンプ道具一式も積んで信州のキャンプ場にも足を伸ばしていたのだが、一昨年から家の都合によりキャンプは出来なくなってしまった(´Д⊂グスン
今年は天気予報も3連休は関東甲信越に関しては大きく崩れることがないとアテなるのか怪しい予想をしているので初日は下り方面の道が混むと思い、早朝5時には関越道の新座料金所(もしくは練馬の入り口)を通過する予定だった。
が、当時の朝を迎えたのは7時…( ゚д゚)ポカーン…
Σ(゚Д゚)ハッ、出かけなければ!と、こんな事態を予想していたのかパッキング完了していたタンクバッグとウェストバッグを掴んでNinjaに飛び乗り関越道へまた~り向かった。(急いでも仕方ないからなー)

0611041.jpg目白通りに入り、谷原交差点に近づくと徐々に車の密度が濃くなってくる。
練馬入り口を通過して新座料金所に到着する7時半頃には全線これ車という状態、しかも電光掲示板には渋滞情報が出ていらっしゃる。
所沢から鶴ヶ島までは全線ほぼ40km~20kmで流れるノロノロ運転状態、その車間をバイクがすり抜けているがリッタークラスのオンロードスポーツからビクスク・アメリカンまで様々な車種・乗り手が混在するものだからバイク側でも先頭車と後続でペースが会わずプチ渋滞。
東松山から先は流れが良くなる箇所も出始めたが、流れが100km/h巡航になったのは上里SA直前あたりという、いつもの状態であった。(これが早朝5時に練馬通過だと100km/h巡航どころか、流れそのものが120km/hになっている時もある)

0611042.jpg横川駅前にあるドライブイン「おぎのや」で遅い朝食ということで「峠のかまめし」を食べる。
子供の頃は確か700円くらいだったと記憶しているが今は900円という高くはないが安くもない微妙な価格、しかし味は900円出す価値を十分に持っているので毎年食べている結果になる。
バブル崩壊後の不況な時期はドライブインそのものも24時間営業をやめていて、かまめしも午前10時を過ぎないと供給されないという危機的状況を感じたものだが、最近は上信越道のサービスエリアでも販売されるなど好調なようだ。
腹を満たして再び国道18号を流れにのって"まったり"走り、浅間サンラインへ入り上田の手前で県道4号線へ入る。

0611043.jpgしかも国道144号線と合流する山間の横沢地区は時期が良ければ左右の山が綺麗な紅葉になるというオススメルートなのだが…今年はダメだった。
数年前は左右の山が黄色一色という素晴らしい景色だったのだが、今年は黄色・赤・緑が入り混じり1週間ほど待たなければならない状況だった。
そのまま菅平高原を抜けて長野県の須坂へ向かい、小布施から飯山へ抜けて国道292号線(飯山-新井線)で新井市の国道292号線(旧国道18号線)に出る。
ここまでくると祖母宅は10分も走れば到着する。
しかも、普段は長野か上田あたりで給油するはずの予定が上越市までメインタンク容量を2Lほど残して到着してしまった。
理由は恐らく関越道の渋滞を60km/h~40km/hでゆっくりと抜けてきた結果だと思われる。
給油は13L、燃費は22km/Lと7年目/7万キロ走行のNinjaにしては良い結果だった。

0611044.jpgまわりは田畑で覆われ、妙高山・焼山・上難波・難波の山々を西に見ながら雲が流れるのを楽しめる場所だ。
遠くに黒姫山も見えるのだが手前には新幹線を通す為の高架線工事が小さく見え、静かな農村地帯に貢献度の低い騒音が響く日もそう遠くはないことを物語る。
子供の頃に夏と春(たまに真冬)で遊んだ山は今もそのままだが、確実に状況は変わっているのを痛感した。
余談だが数年前までは携帯電話すら電波状況が怪しかったこのエリアもAirH"がしっかりと使えるようになっており感動した。
携帯電話の9600bps通信しか手段が無い時の苦労が本当に前世紀の代物になったと実感。

0611045.jpg天気予報では北から寒気が入るので午後は雲が出やすいと伝えていたが、外は既に南風が吹き始めて上空に寒気が入ってきたことを知らせている。
当初の予定では往路と同じように国道292号線で飯山へ抜けて、そこから高速を使うか菅平高原もしくは志賀草津道路を使うか判断するつもりだったが、南風が思ったより強いので天候が急変する予感がして中郷ICから上信越道を使うことにした。
さすが3連休の中日、普段は80km/hで流れるはずの片側単車線区間が100km/hで流れている。
妙高高原を抜ける辺りは流石に冷え込むが、飯山を過ぎて長野に出る頃にはすっかり暖かくなっていた。
2車線区間は追い越し車線を120~140km/hで追い抜いていく車を右手に見ながら80~100km/hで巡航する。
時折、バイクの集団に追い抜かれるが綺麗なNinjaを2台見る。
最近はGPZ900RなNinjaをツーリング先で見かけることも少なくなり、少しだけ嬉しくなる。
更埴JCTを左へ入り上信越道を東進するが流れはそのまま100km/hで続く非常に走りやすい状況。

0611046.jpgどうやら寒気の影響がここまで到達しているらしく(もともと浅間~碓氷間は雲が出やすいエリアなのだが)帰宅のペースを早めることにした。
藤岡ジャンクションで関越道に入り、流れに乗って休憩無しで一気に新座料金所まで到達。
流石に昼を過ぎたばかりの新座料金所は車も少なくバイク専用の料金所の人は暇そうだった。
天候は薄曇りの中にも少しだけドス黒い雲が見え始め、降水確率20%ほどだったはずの天気予報は今日も悪い方に外れているような気がする。
練馬出口から目白通りに入り自宅までトラックの少ない空いた道を走り、自宅に着いて1時間もした頃にベランダに大粒の雨が衝突する音が響く。
南から湿った空気が流れ込み、局地的な雨となったらしい。
これで今年は信州にバイクで足を運ぶことは無く、次は来年の5月になるだろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/35-787b8b06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。