バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
CAR BABY ミニバーベキュー購入&改造
今までキャンプ時の炭火をネイチャーストーブ(S)(L)でこなしてきたが、そろそろ一般的なピラミッド型の焚き火台を使ってみようと思った2010年の春。
主流に乗るならばロゴス ピラミッドグリル(M)しか選択肢はないが、重さと網などの収納サイズで二の足を踏んでいた経緯もあってサカイトレーディングのCAR BABY ミニバーベキュー FHI1688-B1 を購入した。(密林で1,980円、送料タダキャンペーン便乗)
しかし、購入前に情報を集めてみると自立しないことが判明し、詳細を調べるべく他も見るとクリップで折りたたみ部分の改善を行ってみたりしている購入者の情報もあった。
届いた品で確認すると確かに自立するには無理がある構造。
底の灰受け・底の網・上の網の3箇所でなんとか支えている状態、しかもバランスが崩れれば一気に画像の通りになってしまう。
つまり、これは炭火前提で上に網を置くならば大丈夫だが、薪を入れて焚き火しようものなら常に画像のような状態になる危険を抱えていることになる。
ここで気が付く商品名の「ミニバーベキュー」という文字、何処にも焚き火台とは書いてないわな、確かに。

ここでピラミッドグリル(M)に流れるのもアリだが、少ないノーミソかき混ぜて考えた結果は一つ。

「網が動くなら固定してしまえばいい」

最初はピアノ線などの細くて頑丈な金属の棒を折りたたみの隙間から差し込んで底の網が上に上がらないようにと思ったが、テン場で無くしたら一発アウトなのと固定も想定通りに行かない気がしたので却下。
現物を目の前にあれやこれやと試行錯誤して辿り着いたのはボルトで固定だった。
ホームセンターで売っている汎用ステーを2枚使って底の網に固定、ステー中央の穴に長いボルトを差し込んで下から引っ張れば底の網は上に上がらない=本体も内側から網で押さえつけられるので形が崩れないはずだ。

そのボルトを下で抑える部分は灰受けを中に置かずに下部に配置し、中央に開けた穴にボルトを貫通させて蝶ナットで固定する方法にした。
これなら組み立て・分解時に蝶ナットを回すだけで良い。
底の網を固定できればいいだけなので大きなトルクを掛ける必要もなく、手で回せる範囲の力で十分なことから工具などは一切必要ない。
尚、長いボルトは6mm×8cmを使用してるが、長さは8cm必要だ。
締め付け後にピッタリの長さ(だいたい6cm)だと組み付け時の最初に浮いている網に蝶ナットを取り付けることが出来ない。
また、12cmなどの長さだと脱着に面倒だと思われるので間を取って8cmにしてある。

このボルトのおかげで上の網を外した状態で見事に自立する、画像の状態から一辺を片手で掴んで持ち上げても形が崩れることはない。
これならば薪を入れて焚き火をすることも可能だ。
こんな苦労、ピラミッドグリルを買えばしなくてもいいですがね…重さがね…チトね…値段も安いし軽いしなんで諦めてますが。
ちなみに、入手した直後(ボルト入れる前)にガレージで炭火の着火テストを行った限りでは、中に木炭など一定量の物体が存在することで底の網がせり上がることはなく、とりあえず使うことはできた。
それでも形が崩れやすいという現実は精神衛生上よろしくないが…

で、構成品全部を並べるとこんな感じに。
追加したのは6φ×80mmSUSボルト、蝶ネジ、汎用ステー1本(それを2つに割る)、5φ×10mmSUS小ねじ(ネジ・ナット・ワッシャセットを2本分)だけ。
人によっては底の灰受けの中心に開けるボルト貫通用の穴開けが最も面倒かもしれない。
工具を持っているなら投資も少なく簡単に実行可能だが、無い場合はそこそこの投資か苦労をしなければならない。
私の場合は最初に1.2mmの金属ドリル歯を装着した電動ミニドリルで突破口を開き、その後3mmの歯で穴を拡大、その後、小型リーマーで穴を6mmまで拡大させて終了した。
これらの工具を新たに買い足して作業するのであれば最初からピラミッドグリルを買った方が目的を早く・確実に達成できる。

CAR BABY ミニバーベキュー付属の専用ケースに全てを入れた状態で大きさ比較の為にタバコの箱を並べてみた。
上の焼き網を半分に折りたためるのが最大のメリットでもあるこの商品、重さも1.4kg程度とピラミッドグリルと比べたら800gほど軽い。
勿論、軽くて安い場合にはそれなりに弊害もあるので一概に軽いの喜ぶのは危険だ。(現にボルトを一本入れる結果になった)
あとは汎用ステーとボルト・ネジが炭火・焚き火の熱にどこまで耐えられるかという点だろう。
暫くは念のために予備ステーとボルト一式を専用ケースの中に放り込んでおくつもりだ。(ボルト・蝶ネジ42円、汎用ステー73円、小ネジ一式180円、金額的にも重さ的にも質量的にも気にするレベルではない)

さて、これでネイチャーストーブ(L)の立場は…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/357-3d1500b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック