バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
GWキャンツー1日目(4/28)
(※当日アップの予定が、寒い&狭いで書く気力も削がれて後日アップ&追いかけ更新です。)
世間様がGW突入する1日前の4月28日、何故か有休取得に成功したので1日早く都内を脱出することにした。
気象情報では朝から生憎の雨、昼には雨が過ぎ去る…と思っていたら意外と長引きそうなので昼過ぎに小雨降る都内を出発。
近くのGSでガソリンを満タンにした後、代官町ランプで首都高に乗って前線から遠ざかるために西へ西へ…
相模湖過ぎたあたりで雨は止んだが、たまに小雨がパラつき車が跳ね上げる路面の飛沫でシールドが濡れる状態が勝沼まで続くが、勝沼では見事に晴れ。
境川PAでレインウェアを脱いでガラガラの中央高速をのんびりと北上する。
途中、八ヶ岳が見事な姿を見せるが、
「先週は反対側から見ていたんだよなぁ…氷点下だったけど…」
と、呟きながら一応は両面を拝んだことに自己満足。
平日ということもあって中央高速は営業車が多いが、たまにレジャーと思われる関東圏ナンバーの普通車を抜いたり抜かされたり。

松本インターで下道に降りるとR158で向かうは平湯へ。
この時点で夕方5時、いつものACOOP栃尾店での食材調達も、バスターミナルでのタバコ調達も難しいと判断して球形も兼ねた新島々セブンイレブンで準非常食(もとい今晩の主食)であるレトルトカレーと焼き鳥缶を調達、あとは本島の非常食で凌ぐだけだ。
休憩中に温度計を見ると21度、夕方の新島々で21度というのは例年からすると暖かい部類だ。
平湯は15度くらい、夜には5度くらいまでしか下がらないだろうか?
そんな期待を旨にアルピコバスのレインボウカラーとすれ違いながら出発。

新島々までの道でも感じたのだが、R158が非常に空いていた。
平日の夕方、それもGW突入直前ということもあって会社関係も休みモードに入りつつあるのだろうが、それにしても車が少ない。
それを裏付けるように新島々から沢渡まで追いついた車はローペースなトラック1台だけ。
そのトラックも安曇集落箇所のR158新道の直線でハザード点灯させ道を譲ってくれたのでお互いのペースを乱すことなくパスできた。(感謝)
その後は60km/h以下の流しペースで走るものの対向車もまばら、結局、沢渡を過ぎて釜トンネル入口の信号まで車の列につかまることは無かった。
安房峠旧道は積雪で通行止めにつき安房トンネルで平湯入り。
キャンプ場に到着したのは夕方6時頃だった。

今年は忘れずに持ってきた平湯キャンプ場からの年賀状。
いつも忘れる or GWには行方不明のどちらかだった。
持参の特典はひらゆの森チケット2枚、800円相当だが必ず入る温泉でもあるので有難い。
この日は管理等も夜7時に閉めてしまうとのこと、荷物をテン場に置くと早々に管理等で薪と炭を購入。
嵐の前の静けさか、この日のキャンプ場利用者は私も含めて2組だけ。(3名でした)
1組の方はオートサイト奥に設営しており、私は以前も使った少しだけ高台になっている場所をチョイス。
視界にテントが一つも見えない、事実上の貸しきり状態となった。

ひらゆの森は予想通りガラガラ、というか内風呂に3名ばかり、露天にも5名程度しかいない空きっぷりで温泉を満喫。
その後、夜8時まで営業してくれている「つるや」で酒と乾きモノのツマミを調達してテン場に戻る。
肉・野菜は明日の買出しにまかせるとして、白米を炊いてレトルトカレーを主食にし、あとはマルタイラーメン+増えるわかめ&酒とツマミで堕落した生活スタート。
夜の気温は予想通り5度程度まで下がって打ち止めだった。
コメント
この記事へのコメント
今年初の平湯乙でした。
この続き「GKBR!?早春の平湯に**が舞い散る!」編も楽しみにしております。
あ、オレも年賀状発掘しとかなきゃ....
2010/05/03(月) 07:26:36 | URL | イワタ #OuJ/wyN6[ 編集]
>>イワタ氏
無事に帰着しとりまする。
平湯は最終日(つまり撤収する日)だけが晴れでしたが、gkbrどころかwktkな雪見風呂&雪見酒三昧で意外と楽しめました。
これも氷点下6(ry

で、年賀状はやはり亡くしますよね…今年の私は壁に貼り付けておきましたw
2010/05/04(火) 15:25:57 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/360-ff7d967d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック