バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
朝駆け
ちょいと軽く朝駆け。
但し、徒歩の朝駆けw
早朝の関東平野を望める場所、出来れば薄明から日の出までをまったり眺める…ということで個人的にお馴染みの筑波山へ。
到着は深夜2時30分、筑波山神社。
ヘッドランプの明かりを頼りにケーブルカー横の御幸ヶ原ルートで登頂開始。
2年近く前に数十年ぶりの御幸ヶ原ルート登山では気温が25度前後と蒸し暑いこともあって神社から御幸ヶ原まで3時間近い鈍足ペースだったが、今回は気温13~15度という歩くのに丁度良い気温に加え、前回の教訓を生かして休憩(立ったままだが)を小刻みに入れることで1時間50分でなんとか達成。
薄明はわき水がある水場ポイント手前でかなりの明るさになってしまい出発を30分から1時間早くしておけばよかったと後悔。
時間的には水場ポイントあたりで日の出だったはず。

御幸ヶ原へ到着したのは4時50分、ここまでで追い抜かれた人は2名。
北側の八郷エリアを望むと吾ヶ国山から筑波山まで閉ざされた区域だからか、雲海が広がっていた。
石岡との境でもある龍神山が盛り上がった雲でなんとか確認できる程度、これだと下界は濃霧状態につき視界100m以下という感じか…これが平日に発生すると通勤・通学に影響するんだよな…と思いながらしばしの休憩。
この後は山頂への道を辿らず、自然研究路の途中にある立身岩へ向かう。

間宮林蔵ゆかりの地となっている立身岩、ここは展望がとても良い。
女体山ほどの豪快さはないが、一目につかずにのんびりできるので個人的にお気に入りの場所。
ここで自宅から持ってきた魔法瓶に入れたお湯とカップラーメンで関東平野を眺めながら朝食タイム。
前日の夕方に食事摂っただけなので登山ルートの中間あたりから空腹を感じていたこともありウマかった。
世の中には山のてっぺんで何故かアイロンがけをすることに情熱を燃やしている人達がいるが、少しだけ気持ちが理解できた気がするw

その後は男体山山頂へ。
特に山頂にこだわる気は全くなかったのだが、なんとなく。
今まで山の陰に居たので山頂で日差しを浴びるが、朝の弱い日差しは暑すぎず心地よい。
魔法瓶の残りのお湯を使ってインスタントコーヒーでブレイクタイム。
中学生の頃は毎週、自転車+徒歩でここまで来ていたことに今更ながらアホかと思う。
貴重な小遣いを無駄にしない為に水・食料まで抱えて、更に無線機まで…
山頂の立派な本殿にお参りしてから、元筑波大観測所の裏手にある祠にもお参りして御幸ヶ原まで戻る。
(次はもちっと装備見直して三連峰の一つ、筑波隠しまで足を伸ばしてみよう)

御幸ヶ原には既に人影がちらほら。
ケーブルカーが動く9時まであと1時間だが、既に10人以上の人影が動く御幸ヶ原になっていた。
もちろん、店は何一つ開いていない。
ツクバヤマハレということで神社ルートで下山開始。

小学生の遠足でも使われる筑波山だが、改めて見るとやはり急勾配だと思う。
実は登山用ステッキなぞ持っていないので手ぶら登山となったが、下りではヒザへの負担が大きく落ちていた枯れ木の枝をステッキ代わりにした。
下りはじめた8時過ぎの時間になると一気に人が増えたのが実感できる。
5分に1回は誰かとすれ違うのだ。
しかも熊鈴付けているけど話し声の方が先に聞こえて来るので熊鈴いらないのでは?と冗談めいたことも考えたくなる高齢な女性グループが圧倒的に多い。
まぁ、中にはガレた場所であろうが跳ねるように駆け抜けるトレイルランな人もいましたが…いや、すごい体力と脚だ。

今回、初のパターンは犬を2頭連れたペアの人と、3歳か4歳と思われる男の子を連れたお父さんのペア。
犬は体力的に良いとして、幼子連れには正直驚いた。
休憩しながらゆっくり登るのだろうが、御幸ヶ原まで到達できるのだろうか?かなりの高低差だ。
そして最後、ケーブルカー駅の上にある水道施設付近で猿の姿を見た。
ついに筑波山にも猿が…(猪は大昔からいたが、猿の被害は20年前はまったく聞かなかった)

下山の中間地点で脚を滑らせてしまい左膝を更に痛めてしまった。
梅園下の駐車場に到着する頃には走るには無理がある程度の痛みになっていたが、それでも下り50分だった。
上り1時間50分、下り50分、個人的には想定していた時間よりも短かったので満足。
コメント
この記事へのコメント
女体山を小学生の時に登った事があります
筑波山周辺案外近いし、フラりと登りに行くには良さそうですねぇ
GWの荒船山で初めて二本組のトレッキングポール使ったんですが、歩くのがかなり楽になって良いですよ
下山時の膝への負担もだいぶ減らしてくれます
2010/05/16(日) 10:46:27 | URL | 腕相撲 #-[ 編集]
>>腕相撲氏
筑波山は、隠れ筑波を含めて北方の山までの縦走も出来るので奥深いようです。
見に行ってはないのですが、女体山山頂の岩に手すりがついてしまったとか、無いとか。
アノ身投げするのも躊躇するようなスポットに策は野暮だと思うのですが、時代の変化かもしれんです。

下山時にすれ違う人のステッキやストックにチェック入れましたが、I型が主流のようですね。
とりあえず、ナチュラムに1000円のT/I兼用のステッキを注文しましたw
さかいやでカーボン製ストックに見とれたのは内緒ですwww

いつかは荒船山に登っちゃる!

で、部屋の片づけの進捗は?
2010/05/16(日) 11:01:53 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/365-59e5462e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック