バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
[夜走り]ドライブイン七輿
台風のおかげで猛暑が続いていた都心にも落ち着いた気温が戻ってきた…と思ったのもつかの間、再び30度越えの日中。
更に夜10時で気温28度という熱帯夜も戻ってきてしまい、たまらず脱出したのは深夜の関東北部。
何故か知らねど埼玉の夜は更けてく…ということで国道254をひたすら走る。
寄居で国道140に乗り換え、目指すは秩父は長瀬の「GAME COSMOS」。
秩父の国道140号線沿いにある店だが、ここにはトーストの販売機がある。
満足できたなら甲府まで抜けて河口湖から富士宮へ抜けて、そこから箱根経由で朝帰りしようと思っていたのだが、到着してみると単なるやかましいゲーセン、しかも店員と常連客?がこちらをジロジロ見る不快な状況ということで二度と訪れることはないと決めて即離脱。
次に目指したのは群馬県藤岡市にある「ドライブイン七輿」。
長静から藤岡まではちょっとした峠道を抜けるが大した時間はかからずに到着。

ドライブイン・スロットゲーム場に挟まれた形で併設されている自販機コーナーだが、到着した0時半頃はドライブインのレストランも、スロットゲームコーナーも閉まっていて自販機コーナーのみの静かな状況。
しかも客は誰もない…ということで、まったり愉しむ。
ハンバーガー・トースト・うどん/そば・カップラーメンに回転する商品棚のお菓子自動販売機と非常に充実した内容。
今晩は目当てが「トースト自販機」だったので迷わずトーストを購入。
出てきたトーストはアルミホイルに包まれた例の姿だが、ここのトーストは素手で持てないほど熱々ではなく程よい感じ。
味は…マスタードが効いてる普通のトースト、40年前ならこれでも十分美味しい食事だったんだろうなと思いつつ完食。

トーストを食べ終えたが腹が満たされない状態だったので「天ぷらうどん」も頂いた、ここも自販機は富士電機の機器だ。
しかも調理の残り時間を示す数字は懐かしのニシキー管表示、LEDではない所が嬉しい。
〆は初期の電子レンジを同じく物理的にベルを鳴らす「チーン!」という音。
昭和だ。

ドライブイン七輿で今晩の目的は達成されてしまった訳だが時刻はまだ深夜1時、手元のポータブルナビには幾つかの自販機設置店のリストが登録されているので立ち寄ってみることにした。
次に目指したのは富田町 自動販売機コーナー。
夜道をナビに案内されつつ走ると県道から更に小さな県道へ案内され、昔なら地元にとって重要な生活道路であっただろう道の側に煌々と光る一角を発見。
広い駐車場に自販機コーナーだけとい昔ながらのオートパーラーが存在した。

エアコンもない、自販機と机と除虫光が設置されたシンプルな店内がそこにあった。
表の道を走る車も少なく、本当にそこだけ昭和が残っているような錯覚に陥るスポットだ。
ここもハンバーガー・トースト・うどん/そば・カップラーメンとレアな自販機が一通り揃っているが、着目すべきはオリジナルのグーテンバーガー自販機が残っている点だ。
グーテンバーガーを製造していた会社が廃業してしまい現在はマルイケが食材を供給している話は有名だが、オリジナルの看板のまま稼働している自販機は数が少ない。
懐かしの看板を前にハンバーガーを購入…と思ったが既に満腹、仕方ないので珈琲自販機100円を頂いた。
これも今では単なるインスタントコーヒーの自販機なんだけど、姿がいいんだよね。
熱いブラック珈琲を飲みながら思ったのは、今の高速SA/PAにある自販機もインスタントで100円だな…と。

その珈琲を飲んでいる時に座っていた机に貼ってあった一つのコピー記事に目がいく。
なんでもここのオーナーは記事の段階で既に96歳、かなりのご高齢である。
ご本人は体が動くまで自販機コーナーを維持すると語られているが、その言葉通りだと10年後にここは…
(いや、私の祖母が100歳になってるんですが、100歳越え直前になると急激に体力が落ちてるのでね…)

富田町を出発して丸美屋自販機コーナーを目指そうと思ったが距離と帰りの時間(それに空腹状況)を考えて中止、そのまま国道17号線で都心へ戻ることにした。
17号線を走っている最中に気が付いたのが熊谷バイパス沿いにあるオートレストラン 鉄剣、いつも気になっていたので立ち寄ってみることにした。
熊谷バイパスが国道17号線へ戻る手前数キロ地点にあるぁゃι ぃ建物、前から気になっていたんだよね。
到着してみると誰もない閑散とした駐車場が。

店内は噂通りの青と赤のビビッドで毒々しい色遣い。
そんな中にハンバーガー・トースト・うどん/そば・カップラーメンとレアな自販機が一通り揃っている。
ドリンク類の自販機にはサンガリアな製品が…そういえば群馬まで足を伸ばしてサンガリアを飲んでいないと気が付き、ソーダを頂く。
時間は朝の4時、店内で飲むのもなんなので外に出て埼玉の夜を満喫。
右も左もみんな埼玉と謎の声を脳内に響かせながら少し薄いSOFT味なソーダを飲み干す。

さて、次は気が向けば寒くなる前に丸美屋自販機コーナーを体感してみるか…

■参考情報
グーテンバーガー~味わいの自販機コーナー~懐かし自販機
自動販売機ページ「山田屋」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/379-29b856a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック