バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
二つの28mm
単焦点28mmレンズはAi AF 20mm f/2.8の無印を1本持っているが、これは5群5枚の構成だ。
そこで、やはり気になる8群8枚の構成を持つAi Nikkor 28mm f/2.8S、そのレンズを格安で手に入れた。
格安ということでコンディションはそれなり、前玉のコーティングも劣化が目立つ部分もあるがバルサム切れで中玉が曇ってしまってるなどの決定的なダメージは無い。
マニアな人なら絶対に手を出さない内容だが痩せても涸れても「ニッパニッパ」、遊びで使うには十分だった。
これで二つの単焦点28mmが手元にあることになる。
MFのみのAi 28mm f/2.8Sと、AFにも対応したAi AF 28mm f/2.8、現行モデルのAi AF 28mm f/2.8Dが6群6枚構成になっているので何かしら改善しなければならない状態だったと思われる。
ネットで情報を探すが特にこれといった情報が見つからないので同じ条件で試写してみた。

試写に使用した場所は遠くにビルを見る夕方の景色。
ボディはD40を使い、AFレンズで絞り優先露出で撮影し、Ai-SレンズはAFレンズの時の露出値を使ってマニュアル露出で撮影してみた。
明るさが数分レベルで変化していく夕方だったので全く同じ露出結果とはならなかった部分もあるが、そこは脳内補完で。
絞り値はAFレンズが細かく設定できるが、Ai-Sレンズに合わせて2.8/4/5.6/8/11/16/22のみとした。
その中で特徴的なものだけを等倍切り出しで下記にまとめてみた。
(ど素人が行った確認なので見落としがある点はご容赦をば…)




■画像の中心部分■

AFレンズは開放から締まりのある画となっている。
このあたりはAi-S以前のアナログな時代とは違い、フォーカシングの都合なのか開放から使えるレンズの傾向が強いAFレンズらしい癖とも言える。
そのかわり絞り込んだF5.6の画像はAi-Sレンズよりも甘めの結果となっているので面白みに欠けるのかもしれない。

Ai-Sレンズは開放では残念なくらいに甘い画像となっているが、絞り込んだF5.6あたりでは引き締まった良い結果となっている。
そのかわり、F22まで絞り込んでしまうと開放以上にボケボケな締まりのない画像となってしまう。
AFレンズと違って絞り込みで撮影結果が大きく変化する典型的な例とも言える。
このレンズは昔から絞り込んでカリカリな絵を撮るのに使われているようなので、癖をつかめばニコンらしい引き締まった絵になるのだろう。




■画像の左下部分■

AFレンズは周辺部の像は諦めた方が良い。
開放では見事なまでに像が流れてしまい、F5.6まで絞り込んでも引き締まった感じがしない。
F8まで絞り込んでようやく像が安定し、F22まで絞り込むと像は流れないが甘い感じになる。
画像中心部の切り出しでは開放から使えるように思えたAFレンズだが、周辺部の像の流れ方を見るとF5.6まで絞り込まないと全体的に引き締まった絵にならないレンズだ。
逆に、絞り開放ならば中心部だけ像を結ばせて周辺部は流すということが表現として使えるということになる。

Ai-Sレンズは開放から見事なまでに像が安定している。
絞り込んだF5.6とF8では差がわからない程度にまで像が結ばれており、F22まで絞り込むと甘くはなるものの大きな差は感じないのは流石というべきところだろうか。
中心部が絞り開放では甘い絵となるので絞り込みが必要なレンズだが、周辺部の締まり具合は見事なまでに安定している。




非常に簡単な比較ではあるが、2本のレンズのF5.6/F8の絵を比較するとAi-Sレンズの方が引き締まった画像となっており描画力では確実にAFレンズの上を行くのがド素人の私の目でもわかる。
それと歪みについてもAi-Sレンズのほうが押さえ込んでいるので、この場合のみかもしれないが5群5枚と8群8枚の差は歴然だった。
しかも私が入手したAi Nikkor 28mm f/2.8Sはお世辞にも良いコンディションとは言えず、使い込まれて性能が劣化しているレンズだ。
最新のコーティングが施された現行のAi Nikkor 28mm f/2.8Sならば更にはっきりとした結果となっているかもしれない。
しかも、イメージサークルの中央部分をクロップしているDXフォーマットで上記の結果ということは、FXフォーマットで比較した場合は更に差が広がる可能性が高い。
まぁ、フルサイズセンサー機種は今の私では買うことが出来ない価格帯なので気にすることではないが…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/402-cd1bd92a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック