バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
Nikon Ai AF NIKKOR 35mm f/2D
Nikon AF NIKKOR 35mm 2Dまたまた丸いの増殖、今度も単焦点。
焦点距離35mm、これはAPS-Cサイズの受光素子を持つニコンのデジタル一眼レフカメラだとフルサイズ換算で50mm相当の画角になる「標準」レンズ…のはず。
「…のはず」がつくのは、本来の焦点距離50mmのレンズよりも広角寄りになる35mmなのでパースが付いてしまうのでフルサイズ版の50mmに慣れた目で見ると若干の違和感を感じるから。
実際、ファインダーを覗いたまま左右にパンさせるとフルサイズの50mmよりもパースが付いているのを実感できる。
Nikon AF NIKKOR 35mm 2D購入するにあたっての比較検討モデルは同じニコンのAF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G。
モーターも内蔵し、イメージサークルはAPS-Cに合わせた専用設計なのだが…モーター内蔵による太めのボディ、意外と歪んでいる撮影画像が要因で回避してしまった。
あとは銀塩含めてフルサイズボディでも使えるという安心感だろうか。
私がフルサイズボディへ移行出来るのは当分先だと思うが、その頃にAF-S DX Nikkor 35mm f/1.8Gで安い中古物件があれば試して見ようと思っている。
ただ、最近の低価格帯ニコンレンズはエンプラだけで構成されてそうな勢いなので、耐久性を望んではいけないのかもしれないから中古業界も厳しくなっているのかもしれない。

Nikon AF NIKKOR 35mm 2Dパースはちょいと派手につくが、ファインダーを覗くと見慣れた50mm相当の画角が視界に飛び込んできた。
幼い頃にMIRANDA REにソリゴール50mmを通して見ていた光景が脳裏を過ぎる。
<懐古>
あの頃はフィルムだったからフィルム残数を頭の隅っこに置きつつ、仕上がった時のイメージをとかアレコレ考えてシャッターを切っていたなと、少しだけ懐かしむ。
デジタルな時代はフィルム残数とか気にせずにバシャバシャ撮れるけど、考えるプロセスが置き去りにされがちなのかもしれないと。
大した写真を残せたわけではないけど、当時は「写真を撮る」行為にいろんな意味があったのかもしれない。


Nikon AF NIKKOR 35mm 2Dしかし改めて使ってみると素直で使いやすい画角だ。
一歩前に出れば寄れるし、一歩下がれば引ける。
被写体を中央に於いてドン!と取るにはかなり近づかなければならないし、広大な構図でバーン!と取るにはかなり無理があることから被写体への取捨選択が要求されるので(負けが多いけど)試されている気分になって「こなくそ」的に考え始めるようになる。
私では名画は残せないけど、気楽にレンズを向けてシャッターを切ることが出来る楽しい画角だと再認識。
そう考えるとニコンがAF-S DX Nikkor 35mm f/1.8Gを出してきたのは妥当と思えるようになってきた。
一眼レフカメラに慣れていない世代の人も含め、あーだこーだ言わずにAFとプログラム露出で面倒なことは機械に任せて構図だけに集中し、シャッターボタンを押すだけ。
単焦点レンズの楽しみが手軽に得られ、コンデジからステップアップしてきた人の裾野を広げるには丁度良いのだろう。

Nikon AF NIKKOR 35mm 2Dレンズのスペックは5群6枚構成と歴代ニッコールの中でLENS SERIES E 35mm/2.5か、35mm/2.8に近い内容のようだが、スペック至上主義な腕前ではないのでレンズ群/枚数の数字は気にならない。
絞り優先オートで被写界震度に気をつけておけば大抵の撮影はこなせてしまう。
これより上のレンズを狙おうとするとAF-S Nikkor 35mm f/1.4G になるが、気軽に狙える価格帯ではないのでこのあたりが妥協点としては丁度良いのだろ。
ズーム全盛の時代だけど、基本に戻り敢えて標準1本だけで散歩しながら撮るのも面白いかもしれない。(そして自分の腕の無さとセンスの悪さに凹むわけだ)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/408-2f9bbbb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック