バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
Nikon Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8D の鏡胴ガタつき改善
Nikon Ai AF NIKKOR 50mm/1.8D手持ちの単焦点レンズでは数少ない現行モデルであるAi AF NIKKOR 50mm/1.8D、しかしほとんどがエンプラで構成されてるのではないかと思うほど(実際そうなのだが)軽いレンズは質感的に少し物足りないものがある。
AFモーターの負担を考えれば軽量化するのは道理なのでエンプラ化を進めるのは仕方ないと思うし、ピントリングも重たいグリスで粘らせるとモーターへの負担が大きいので軽くするのはわかる。
Nikon Ai AF NIKKOR 50mm/1.8Dだが一つだけ気になって仕方ないことがあった、それは「鏡胴のガタつき」。
手持ちのボディは銀塩・デジタル含めてモーター内蔵機種は無いことから合焦作業は必然と手動になるが、ピントの山を掴もうとピントリングを左右へ小刻みに動かすと覗いているファインダーの像が「ガクッ」と動くのがわかる程だ。
レンズ先端部を見ながらピントリングを左右へ動かすと目視のレベルでガタついているのがわかり、道見ても遊びが多すぎる感じだ。
ネットで鏡胴のガタつきについて調べると幾つか同様の事例がヒットするが、一つはニコンのSSへ持ち込んだものの「仕様の範囲」というつれない返事で返されている。

Nikon Ai AF NIKKOR 50mm/1.8D私が入手した50mm/1.8Dは中古の為に保証期間も無く、ニコンへ持ち込んでも全てが有償扱いになるし、ニコンへ持っていっても門前払いくらいそうな感じということで自分でバラして改善できないか試みた。
ポイントは2箇所、鏡胴のヘリコイド部分に調整可能なガイドが無いかの確認と、レンズを駆動させるモーターも無いボディだけなのでヘリコイドグリスを塗りこんだらどうなるかだ。
調整可能なガイドの存在については過去にバラしたレンズの経験から期待はできない。
むしろグリスで隙間を埋めてしまうほうが現実的なのだが、夏場のクソ暑い気温になるとグリスが溶けて流れ出し、絞り羽根の隙間に浸入したり外部へ漏れ出して手がベトベトになる危険性も孕んでいる。
分解したAFレンズはシンプルだったがヘリコイド部分にグリスは少なく、予想通りAFモーターへの負荷を考えて軽いグリスが少量だけ使用されているようだった。
今回はヘリコイドは外さずに隙間から軽めのヘリコイドグリスを注入して少しだけ重たくなる程度にした。
また、レンズユニットが前後するのをサポートするガイドバーがあったので2本とも外してレンズユニットへ密着するような感じで装着しなおしたが、1回目は密着させすぎて動きが硬くなってしまったので少しだけ緩め、良い感じになったところで手を引いた。
これは調節前提のガイドではなく、ネジのクリアランスを利用したので本来の目的とは少々異なるが気にしないことに…

Nikon Ai AF NIKKOR 50mm/1.8D組み上げたAi AF NIKKOR 50mm/1.8Dは目的であった鏡胴ガタつきの改善という意味では劇的に改善した。
ピントリングを小刻みに動かしてもファインダー像がガタつくことはなく、改善前は手で触れてもハッキリわかるくらいにクリアランスがあった鏡胴部分も改善後は手で触れてもガタつきは感じられず普通だ。
スカスカな感触だったピントリングもヘリコイドグリスを塗りこんだことで適度な重さになっていた。
ただ、旧来のMF系レンズのような粘り気のある良い意味で重たい感触と比べたらオモチャっぽい感触に近いが、ヘリコイドの溝までエンプラ化されてしまっているので高望みはしないほうがいいと割り切った。

あたりまえだがガタつきの無いファインダー画像はやはり良い。
しかし、このレンズはモーター内蔵のボディで使う場合にヘリコイドグリスを少しだけ落とさないとダメかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/409-78be7874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック