バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
AF NIKKOR 28mm 2.8(N)と2.8Dの比較
Nikon AF NIKKOR 28mm 2.828mm広角単焦点レンズのAF NIKKOR 28mm/2.8Dを入手した。
28mm単焦点はAF NIKKOR 28mm/2.8(New)を持っていたが5群5枚構成、今回入手したAF NIKKOR 28mm/2.8Dは6群6枚構成と工学系に見直しが入っている。
ただ、AF化される直前のMF系レンズであるAi NIKKOR 28mm/2.8Sでは8群8枚構成とレンズ枚数も多く評価も非常に高い。
過去にAi 28mm/2.8SとAF 28mm/2.8(New)を比較した限りではAi 28mm/2.8Sが段違いに良い結果だったので、6群6枚構成のAF28mm/2.8Dのことが気になっていた。
Nikon AF NIKKOR 28mm 2.82.8(New)と2.8Dを並べてみると前玉の面積が大きく異なり、2.8Dは非常に大きな前玉を持つ。
また、レンズの全長も構成枚数が多い2.8Dが長く、単純に2.8(New)のボディに前玉を1枚だけ追加した訳ではなかった。
現物を並べて比較した訳でないが、2.8(New)と最初のAFレンズである2.8(OLD)は同じ5群5枚構成ということで同じ工学系だと想像している。
また、5群5枚という数字、周辺部の像も流れ方などからNikon EM向けのレンズとして開発された LENS SERIES E 28mm/2.8 の工学系が採用されているのではないかという想像も持っている。

色々と想像できるが、まずは写した画像を比較したほうが早いということでやってみた。
場所はいつもの風景が見える場所だが、晴れた日中の昼頃だったので毎度お馴染みの方向は完全にお日様の方向、逆光となってしまい比較には適さない時間帯だった。
夕方まで待つのもアレだったので角度を90度変えて撮影してみた。
比較する画像は並べるにはサイズが大きすぎるので中央部と周辺部の2箇所(明るくなった長方形部分)に絞った。
ISO200、ホワイトバランスは「日中」、マニュアル設定でシャッター速度と絞りの数字は各レンズで同じ数値を使用している。



■Ai AF NIKKOR 28mm f/2.8(New)
[画像中央部]
F2.8開放から比較的シャープな画像となっている。
このあたりは以前に夕方の風景を撮影してAi-S28mmと比較しているのでわかっていたことだ。
そして、絞り込んでいった画像も思ったよりシャープにならず、面白みに欠ける傾向も同じだ。
この写り方がニッコールらしからぬ甘い描写と言われた LENS SEIRES E 28mm に似ていると言われる所以だろう。

<画像周辺部>
周辺部は以前の比較でも判明している通り、F2.8開放ではボケた上に像が流れてしまうダメダメな描写だ。
絞り込んでいくことで徐々に画像が締まってくるが、F11あたりまで絞り込んで「なんとかなる」という感じだろう。
良くも悪くも被写体を中央に置いて撮影するのが無難なレンズという評価しか出せない。



■Ai AF NIKKOR 28mm f/2.8D
[画像中央部]
今回入手した2.8Dタイプのレンズだが、こちらは中央部の写り方は2.8(New)よりも比較的シャープな気がする結果だった。
F2.8開放では甘めの写りにはなるが、2.8(New)と比較すると右側の木の枝などが比較的はっきりとしている。
絞り込んでいくとF4あたりから描写に締まりが出てくるが、F5.6やF8などのオイシイ箇所は2.8(New)と大きな差は感じられない。(カメラのボディがD40なのでレンズの差を引き出せない可能性もある)
一言で言えば開放時の描写に差があるということだろう。

<画像周辺部>
周辺部は大きな差となって現れた。
F2.8開放の時点でボケた上に像が流れていた2.8(New)と違い、2.8Dでは開放時の甘さはあるものの像が大きく流れたりせずに像が結ばれている。
絞り込んでいくと更に像が締まって行き、回折限界を超えたのかF16とF22では甘さが増していく。
スペック上はレンズが1枚増えただけだが、工学系に見直しが入った結果なのか周辺部に関しては劇的な向上が見られる結果となった。
ただし、フリンジに関しては2.8(New)も2.8Dも目立つようになっており、現代のAFレンズらしいとも言える。



■Ai NIKKOR 28mm f/2.8S
[画像中央部]
参考までにMF系レンズの最終版(現行版)でもあるAi NIKKOR 28mm f/2.8S(8群8枚) の画像も置いてみた。
こちらは同じ露出なのに何故かアンダーな結果となってしまったが、F2.8開放の甘さはAFレンズ以上となっているが、絞り込んでいったF5.6やF8あたりではAF2.8(New)やAF2.8(D)よりも引き締まった描写となっている。
回折限界を超えているF22ではAFレンズ以上にボケた描写だ。
絞りに応じて描写が大きく変化するMF系レンズの傾向が出ている。

<画像周辺部>
こちらも以前の比較でAF系レンズと大きな差が見られた周辺部だが、今回も差が出た。
露出がアンダーに出ている点を差し引いてもF2.8開放から像に芯がある描写となり、絞り込んだF5.6やF8あたりでは十分な描写だ。
しかも直射日光に照らされたアパートの白い壁部分のフリンジがAF2.8(New)やAF2.8Dと違って明らかに少ない。
このあたりは8群8枚構成で光束を矯正した成果が良い部分として現れているのだろう。
前玉のコーティングも痛んだボロレンズでこの描写をされてしまうとAF NIKKOR 28mm/2.8Dでも価格なりの描写と言わざるを得ない。



結論からすると「2.8Dにするのが良い」ということにだろう。
2.8(OLD)や2.8(New)に関しては格安な値段で入手でき、且つ、単焦点を試してみたという場合なら価値があると思える。
あとはF2.8という明るさを手軽に入手する為程度だろうが、それなら無理してでも明るいズームレンズを装着した方が便利だろう。
中古相場だと数千円の差しかないと思われるので、迷わず2.8Dを選択するのがいいだろう。
コメント
この記事へのコメント
S100fs落札したどー(鼻息)
これで今年の運動会はすずしいオアシス(隣接公園築山)から望遠だぁああああ

いじょう。
2011/02/18(金) 23:58:53 | URL | こけ #JalddpaA[ 編集]
れす
遅ればせながらS100fs購入オメ。
Fujiならではの発色の良さを楽しみたまへ。
2011/03/07(月) 21:22:29 | URL | 堀川@Ninja糊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/411-1dedb027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック