バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
星の手帖社 組立天体望遠鏡 35倍(その1)
2,880円の天体望遠鏡、ネットで見かけた夏休みの自由工作レベルと思われる「10分で完成!組立望遠鏡 35倍」を入手した。
これはガリレオ・ガリレイが望遠鏡で宇宙を観測してから400年ということで2009年に「君もガリレオ」プロジェクトが発足し、ガリレオが使用した口径4cmの望遠鏡を使ってガリレオの追体験をしてもらおうというものだ。
しかし、一般的に売られている天体望遠鏡では高価なので、プラスチック鏡胴・組み立て式キットなどコストダウンを計り多くの子供たちが手にできるようにしたのが本製品の意図らしい。(実際には大きなお友達にも受けているようですがw)
このプロジェクトに呼応して発売されたガリレオ望遠鏡は星の手帖社「組立望遠鏡」、もう一つはオルビィス社の「コルキット スピカ」の2種類となっている。
星の手帖社の「組立望遠鏡」は15倍モデルと35倍モデルの2製品が存在する。
どちらも4cm口径のアクロマートレンズを使用しているが、アイピース部分は15倍モデルがプラスチックレンズでコストダウンされているらしいが、35倍はガラスレンズになっている。
個人blogで情報を集めてみると値段の割りに使える性能、というか天体観測の沼にハマるには十分な誘導をしてくれる製品らしい。
(他にガリレオ関係だと「大人の科学マガジンVol.19」に「ガリレオの望遠鏡の製作」として15倍望遠鏡が添付された。)

密林で検索すると在庫アリが出てきたので即ポチ、当日発送の翌日受け取りだった。
届いた箱は月間漫画雑誌程度の大きさ、「この中に望遠鏡が?」と思うくらいにコンパクトな箱だった。
しかし中は紛れも無く望遠鏡、前玉となるアクロマートレンズは主さもあるしっかりした品が使用されているようだ。
このまま組み立てれば10分かからずに完成するのだろうが、楽しみは後日とした。
起毛テープで内部反射を軽減させないと月を見た時にゴーストが発生するらしいなど、製作は楽しみながらじっくり行ったほうがよさそうだった。

ガリレオが実際に使用したのは14倍の正立像式。
星の手帖社の望遠鏡は倍率15倍となっているのでガリレオが使用した望遠鏡に近いが、高性能な35倍モデルも用意されている。(今回入手した品がこの35倍モデル)
また、同じ「君もガリレオ」プロジェクトに呼応した製品のコルキット スピカは倍率35倍となっている。
どちらもケプラー式のアイピースが用意され、倒立像となってしまうが視野が狭くならないなどガリレオ式の欠点を補う工夫が施されている。
まぁ、ケプラー式も内部に補正レンズを入れれば正立像になるのだが…
冬の星座が拝める今のうちに組み立ててしまおうと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/413-bdf4c2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
購入から1週間たってしまったが、2,880円の天体望遠鏡を創ってみた。 創ってみた感想は「ともかく簡単!」の一言に尽きる。 謳い文句通り、組み付けるだけなら10分で完了してしまう。 雑誌程度の簡単な箱に望遠鏡本体のパーツ一式が入っているのは確かだった。
2011/02/26(土) 14:56:09 | バイクにのる人