バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CASIO PROTREK PRG-50電池交換(その2)
既に現役を引退しているカシオ プロトレック PRG-50、プロトレック初のタフソーラーモデルだが2006年12月の記事「CASIO PROTREK PRG-50電池交換」の通り、カシオにて二次電池の交換を行い今に至る。
現在はタフソーラー+電波時計であるPRW-1000JがメインのプロトレックなのでPRG-50は家族の気圧計として余生を過ごしているが、今年になってフル充電してもすぐに(30分持たない)電池残量インジケータが半分以下になってしまう状態となっていた。
再び太陽光を当ててフル充電するもあっという間に電池残量が半分になってしまう。
電池交換は必要ない…はずだが仕組み上は二次電池の劣化から逃れることは出来ないので、これは単純に「バッテリーの劣化」だろう。
光発電のみで安定して全ての機能を稼動させるほど効率の良い太陽パネルなら問題ないが、PRG-50は内蔵された二次電池からの電力をメイン動力としているので、光発電は補助動力にもなりゃしない。
ここでグーグル先生に相談してみるとPRG-50の内蔵二時電池は CTL1616 というコイン型リチウム二次電池が採用されており、これが全ての電源となっている。
更に調べると「カシオ PRG-50 時計充電点検調整料金のご案内」ではカシオテクノにて部品代・技術料込みで3,150円で交換してくれることも判明。
値段的には問題ないし、通勤・散歩ついでに秋葉原のカシオテクノへ立ち寄るのも可能だ。(PRG-50の最初の電池交換、PRW-1000Jのベゼルカバー取り寄せなどお世話になっている)

が、しかし、ヤフオクをチェックすると部品単体で1400円の即落出品が目に入る…
はい、ポチりました、速攻でポチってしまいました。
送料60円、振り込み手数料152円、値段的にも安く済んだが何よりも「自分で交換してみたかったから」という私的な理由のみ。
金曜に落札・振込み、当日に発送通知があり、届いたのは日曜午前中。

まずはベルトとベゼルカバーを外し、裏蓋のネジを外す。
ゴムパッキンは1枚だけ、しかも裏蓋とパッキンの間の汚れが…(汚い!)
電池がある箇所には「電池交換後に(ACC)と(-)端子をショートさせてリセットしやがってください」という丁寧な説明のシールが貼られている。
一昔前の時計なら常識だったので裏蓋に文字だけがわかりにくい刻印で存在していただけだが、最近は丁寧になったもんだ。
この白いシールを丁重に剥がすとバッテリーが見えてくる。(剥がさなくても作業可能と思われるが、念のために剥がしてしまった。勿論、新しい電池装填後は貼り直した)

爪楊枝の先など細いものでバッテリーを抑えている金具の片方(下側にあたる部分)にある樹脂とのひっかけ部分を外すと金具は簡単に浮いて二次電池が取り出せるようになる。
右側の電池が2006年にカシオテクノで交換してもらった電池、左側がヤフオクで調達した新品電池。
カシオテクノでは交換した日付・担当者がマジックで書かれていたので、自分も真似して日付に「セルフ」の文字を書いてPRG-50へ装着した。
2006年から2011年まで約5年、次に交換するとしたら5年後の2016年頃だろうか?
それまでPRG-50が残っているのかは何とも言えないなぁ。

ちなみに、PRG-50は裏蓋を外したことがわかるようにバネ端子が2本出ているが、更にもう一つのバネがパッキン外側にある。(画像だと中央より少し上のベルトの根本付近)
これが何の機能を持っているのか不明だが、気がつかずに汚れを取ろうとブラシなどでゴシゴシやってしまうと飛んでしまうかもしれないので注意が必要だ。
また、この機種では見かけなかったが、たまにベアリングボールのようなパーツも裏蓋を外すと見える機種があるようなので無闇にひっくり返したりしないほうがいいだろう。(オートELのスイッチらしい)
裏蓋をそっと外したら極力動かさず、私の場合はゴムパッキンを綺麗にしてパッキンが収まるレール部分の汚れを落としたが電池交換したら蓋を閉めるようにするのが無難だろう。(この手の作業で一番緊張するのは裏蓋を外す瞬間だろうなぁ…何かが飛び出したら…と思うから)

裏蓋とベルトを装着して作業が完了したPRG-50、これで数年は十分に役立ってくれるはずだ。
画像の液晶画面では電池残量が半分になっているが、到着したばかりの電池を装着した直後なのであしからず。
ちなみに、電池交換後のリセット作業(ACCと-をショートさせる)を行っていないと電池残量が残っている状態でも電池アイコンの下に[CHARGE]の文字が表示される。(勿論、本当に電池残量が無い状態の新品電池であれば普通に[CHARGE]が表示される)
日付と時刻を調整後に、PRW-1000Jを比較に方位・気圧・高度・温度など各機能をチェックしたが問題なし。
気のせいか方位だけは私のPRW-1000JよりもPRG-50の方が動きも早く正確な気がする…
気のせい…ではないよな…そろそろ新しいのが欲しいゾ…ボソ

−−−2013/04/04追記−−−
コメントにスプリングのことがありましたので、こちらへ画像を掲載します。
スプリングについては画像の通り3本が確認され、画像の下側2本は裏蓋を利用したアラーム用の信号線用スプリングと思われます。
上の1本は推測ですが裏蓋が開いているかどうかの確認用のスプリングと思われます。
長さが下側の2本と違う可能性があるので、全て外れてしまってわからない場合はご注意あれ。
コメント
この記事へのコメント
バネ
CASIO製品は裏ブタの金属板に圧電ブザーが埋め込まれているみたいです。
なので、バネを抜くとアラームが鳴らなくなります。
(逆に言うと、バネ紛失してもアラームが鳴らなくなる程度の被害)
多分、裏ブタに付けることで、音量を稼いでいるんでしょう。

あと、確かメーカーによる電池交換だと、裏ブタのパッキンも交換対象なので、お外で使う用のは、出した方が無難です。
室内観賞用の場合は不要ですw

PRW-5100 も出たことだし、PRW-5000 が安くならないかな~と思ってみたり。
2011/05/09(月) 18:48:06 | URL | やち #-[ 編集]
>やち
ナルホド、裏蓋でアラームブザーの構成でしたか。セルフ交換だと密閉に影響があるのはわかってましたが、室内の気圧計専用機になっているので無問題かと。(本当は10気圧対応すべくカシオ送りですがね)PRX-2000欲しいと家族にいったら速攻却下されてしもた…
2011/05/10(火) 12:44:48 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
おかげさまで2次電池交換できました
本記事を読ませて頂き,プロトレックの2次電池を交換することができました.ありがとうございました.
2012/11/20(火) 18:11:24 | URL | カナジー #-[ 編集]
Re: おかげさまで2次電池交換できました
コメントありがとうございます。PRG-50はデザイン的に今でも好きなプロトレックの一つです、大事に使ってあげて下さい。 
2012/11/23(金) 13:11:17 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
こんにちは。
こちらを参考に電池交換してみました。
が、交換中にうっかり傾けてしまい中からバネが出てきてしまい、どこから出てきたものかわからなくなってしまいました。
写真の中の3ヶ所のバネ以外に外から見えるバネはあるのでしょうか?
2013/04/03(水) 23:10:25 | URL | あむ #-[ 編集]
>あむさん
電池交換した時のデジカメ画像が残っていたので、裏蓋を外した全景を記事に追加しました。
これでわかりますか?
スプリング戻しが無事に成功することを願っています。
2013/04/04(木) 22:49:46 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
ありがとうございます!
どうやらоリング外側のスプリングが落ちてきたみたいです。
組みなおしてばっちり動いてます!
2013/04/06(土) 09:36:23 | URL | あむ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/422-d13e3ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
山登りをするわけではないが、腕時計にカシオ プロトレックのトリプルセンサーモデル(PRG-50)を愛用している。 元々はツーリング中に方位を知りたいのと夜間走行中に時間を知りたいという理由からフルオート...
2011/05/09(月) 12:56:05 | バイクにのる人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。