バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
AiAF 50mm 1.8Dと1.4Sの比較
現行製品は絞りリングの無いGタイプレンズがそろっている50mmのF1.4とF1.8だが、今更ながらに手元の2本のレンズ「AiAF50mm/1.8D」と「AiAF50mm/1.4S(N)」の比較を行ってみた。
1.4が一世代古いSタイプになるのでコーティングも古く、逆行特性も悪いと思われるが、MF時代のAI NIKKOR 50mm/1.4Sでは定評のある描写だったので少しだけ期待があった。
テストの場所と被写体は今年の1月にレンズ比較で使用した環境と同じ。
遠くに見えるビルを中心にして先週末の晴れた日中に行った。
カメラのボディはD200、Aモードにしてホワイトバランスは「昼光」に固定し、ISO200。
レンズフードなどは使用せず素のまま。
やや霞がかった大気の状態に斜めから日の光が差し込んだので遠くのビルなどは少しぼやけている。

全てのF値で撮影したが、意味も無く並べるのもアレなので要点だけ。
まずは画像中央部分をF1.8で撮影したもの。
1.4Sでは一段絞り込んだ状態になるので像としては引き締まった結果になったが、1.8Dでは開放になるので少しだけボヤけた眠い画像だ。
それでも今年の1月に比較したAi NIKKOR 50mm/1.8SのF1.8開放と比べたら雲泥の差で画像が引き締まっているが、全体にフリンジっぽい色が出ているので明暗がはっきりしている状態では開放は避けるべきだろう(すごく常識的な言葉だ…)。
ちなみに1.4Sの開放(F1.4)はもっとボヤけた眠い画になっていた。

次にF5.6まで絞り込んだ場合の中央付近の画像だが、1.8Dの方が引き締まった画になり、1.4Sは像は結ばれているものの少しだけ甘い感じの線になって大きな差が確認できる。
元々50mm/F1.4は1.8と比較した場合にボケが奇麗に出ると言われることもあるので、線はカリカリせずに像を結ぶ(というか、像を浮かばせる?)性格が強いのだろう。
それにしても1.8Dの粘り具合にやはり驚く、さすがはNIKKOR H 時代から続くオーソドックスなガウス型の設計と言うべきか。

大きな差が出たのは端の部分だった。
画像の右端にあるマンションの手すりに視線をやると、1.8Dが眠たい描写になっているのだが、1.4Sではしっかり明暗をつけて描写されている。
また、後方に見える市ヶ谷の自衛隊のタワーも1.4Sの方が線をしっかり出している。
トリミングした画像全体を見ても1.8Dは少しだけ流れたような感じがあり、本来のイメージサークルからクロップした画角でこの差ということは、フルサイズのFXフォーマットでは端ではなく中間位置で差が出てしまうのかもしれない。
このあたりの設計が現行のGタイプレンズでどうなったのか気になるところだ。(フィルムとCCD(CMOS)では光の突入角度の特性が異なりCCD(CMOS)では垂直に光が入るのが理想、新設計のレンズほど改善されている可能性が高い)

コストパフォーマンスでは1.8D、動物や人物なら1.4Sかな…しかし、重さも2本は異なり、1.8Dは軽くて小さいメリットがある。
1.8Dを1.8Gにしてみたい気持ちもあるが、同じような画角を何本も持っても仕方ないので悩むなぁ…
コメント
この記事へのコメント
所有メーカーが違うとはいえいつも参考になります。
次はやはり50マクロ・マイクロニッコールでしょうw
基本的にマクロレンズは精密描写を目的とするのでボケや操作性を度外視するかわりに解像力はかなりのもの。(EL NIKKORにはかなわないけど)
仕事で人物撮る時(白バックとかスタジオの場合)はいつも100マクロです。モニターで拡大しなくてもパっと見で普段ズームとの違いを実感します。ただ、全身用には長くてカメラの引きスペースがある広い場所じゃないと使えないのでほぼ半身・寄り専用。全身用に70マクロか50マクロが欲しい所です。純正50マクロはさすがに設計が古すぎるのでどちらもΣが候補ですが。
2011/12/04(日) 10:01:26 | URL | かぎま #-[ 編集]
>かぎま氏
素人記事でも参考になってくれれば幸いです。
キャノンは色々あって縁が全くないのと、20年ばかりカメラ関係から離れていたので浦島太郎な気分が今もあります。(80年代半ばから知識が止まってますんで…いろいろと驚きが…)

>次はやはり50マクロ・マイクロニッコールでしょうw

あー、痛いトコ突いてきますねーwww
既にマクロ(ニコン的にはマイクロなんですが)レンズの物色を始めているんですが、かなり悩みます。
ニコンの純正マイクロレンズだと55/60/85/105/200といろんな長さが選べるんですが、かぎまさんも気にしている「設計の古さ」を考えると60/85のAF-Sタイプが理想になるかと思っていますが、問題は値段と実質的な画角。
最も短い55mmでもAPS-C換算だと82.5mm相当の画角になるので少し長いかな?と。
ここでAF-S DX 専用の40mm/2.8という選択肢が出てきてしまうので悩しいwww
設計の新しさで言えばAF-S DX 40mm/2.8、次いでAiAF 60mm/2.8かなと。(AF-S Micro 60mmは予算の都合で無理です...orz...)

まずはモーター無しの AiAF Micro NIKKOR 60mm/2.8を入手して、余裕があればAPS-C専用のAF-S DX Micro NIKKOR 40mm/2.8 かな?というのが思い描いているプランですね。
DX専用レンズはあまり増やしたくないんですが…
2011/12/04(日) 16:36:59 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
なるほど
>DX専用レンズはあまり増やしたくない
まったくですね。アレはどうにもならない広角だけにしておりますが、ニコンの場合周辺がケラレるもののFXでも使用可能らしい点が羨ましい。マクロ領域にレンズを繰り出してしまえばイメージサークル拡大で蹴られなくなりますから。
とはいえ、そのうちフルサイズになったら40~50マクロは短すぎて自分の陰やカメラが写り込んだりするから使い難くなるので現段階でのレンズ選定はむしろ楽しい事かもしれませんね
2011/12/04(日) 17:52:29 | URL | かぎま #-[ 編集]
>かぎま氏
たまに、メーカーはフルサイズは超高級にして限られた人にだけ販売(それこそニコンSCのプロ登録者だけとか)にして、庶民にはDX機種を売るだけにしたいと考えているのでは?と思ってしまいます。
ニコンがキャノンやソニー(ミノルタ)のようにマウントを捨てる覚悟があれば…ですがね。

周辺減光は出るようですが、DX 35mm・1.8Gも終点距離によってはフルサイズで使えるようです。
手軽に買える(使える)AF-Sレンズが無いので、仕方なく…という感じらしいですが、マウントを変えていないメーカーならではの事象かもしれないですね。

>自分の陰やカメラが写り込んだり

あぁ、コレ何度も経験しましたwww
それ以外にも照明を周り込ませるのに苦労したりして、結局はズームレンズで70~90mmくらいに落ち着いたという過去があったのですが、SERIES E 36-72mmの時は最短距離が1.2mとお話にならなかったので75-150mmズームで離れた場所から寄せた記憶も…
そう考えると90/100mmあたりのマクロレンズで寄せたほうがいいのでしょうね。

>現段階でのレンズ選定はむしろ楽しい事

え?楽しく…なんかありますよw
単レンズが個人で使いきれるか怪しい一定の数になったので、次はマクロや高価なレンズ、または際物に走る頃かな、と。
そこを過ぎると倦怠期に入って写真そのものが際物(ピンホールカメラとか、フィルムに戻ってコピーライカのキエフに走るとか)の領域に達するのかもしれません。
過去に見た他人の事例だとF3+300/2.8など豪華装備で揃えていた人が突然、「写るんです」に傾いてしまったり…とかですね。

まずは装備が重たくなっても首が揺れない三脚を買いますwww
2011/12/05(月) 14:12:39 | URL | 堀川@Ninja糊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/446-f9a5075b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック