バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
Ai Nikkor 50mm f/1.2S
また丸いのが増えました。
Ai ニッコール 50mm/F1.2S、いわゆるAi-Sレンズ(現行)の中で最も明るいとされるレンズの一つで、ノクトニッコールには及ばないものの固定ファンを持つと言われる大口径レンズ。(キャノンにも過去に0.95があったが、ニコンにもリプロニッコールという複写用の産業用レンズがあり、85mm/100mmなどでF1.0が…)
もちろん中古、相場は3万をゆうに超える金額だが、遥かに下の金額で幸運にも入手できた。
これを何処で使うか?
そう考えると出番は少ないのだが、F1.2を達成する為にガラスの塊とも言える重量感のレンズを目の前にすると「所有することに意義がある」などと最も口にしてはいけない言葉が出てきてしまう。
製造番号からするとコーティングが変わったか怪しい感じだが、私の技術力がコーティングを語る以前のレベルなので大きな問題にはならないだろう。
ネットで評価を見るとF1.2からF2.8あたりまでがレンズの味を楽しむ領域のようだ。
Noct-Nikkorと違い、サジタルコマフレアなどが「きちんと」出るレンズなので、滲みを前提に楽しむのが良いのだろう。
あぁ大きなレンズ萌え(笑

室内撮影だが、F1.2からF5.6までを使用して試写してみた。
F1.2では噂通り「カミソリ」とも比喩される合焦範囲の狭さがわかる。
もちろん、背景はボケボケになりフレアも盛大に出ているが、これを意図して楽しむ人も多いのがわかる。
F2.8からは急速に画像が引き締まり、F5.6では他の50mmレンズと同じ描写と思える。
DXフォーマットなので中央部分をクロップしているから気がつかないが、FXフォーマットであれば周辺減光なども謙虚に出ているのだろう。
なにしろニコンがこだわったのかフィルタ径52mmという小ささだから。

ちなみに、最小絞りの値は16。
回折限界を超えていると思われるが、強烈な光源が無い事も手伝ってか、この画像ではむしろ画像全域が引き締まった良い試写の結果だ。
AiAF50mm/1.8DなどではF16まで絞り込むと回折限界を超えたボケが発生し、画像全体が眠くなっていた気がする。
このあたりは普段のテスト撮影の風景を使って撮り比べしないと判断ができない。
贔屓目に見ても少し期待してしまう部分だ。
それぞれの絞り値の大きめの画像は下記のリンクにて。

Ai Nikkor 50mm/1.2S [F1.2]
Ai Nikkor 50mm/1.2S [F2.8]
Ai Nikkor 50mm/1.2S [F4]
Ai Nikkor 50mm/1.2S [F5.6]
Ai Nikkor 50mm/1.2S [F16]

これで50mm単焦点が5本…(汗
SERIES E 50mmを除く4本は、それぞれに特徴があって手放せないんだよなぁ…
意外にもAiAF 50mm/1.8Dが便利だし。
コメント
この記事へのコメント
そこにたどり着いてしまいましたか。こうなったらノクトも行ってしまおう、高いけど。そうそう、ウチの1.2Lもフィルター径は52φです。防湿庫の肥やしですけどね。
2012/01/04(水) 19:36:14 | URL | かぎま #-[ 編集]
>かぎま氏
昔の一眼レフ世代には大口径標準レンズは憧れですからねぇ、手が出ちゃいます。
ノクトは…無理ぽ、ノクトの中古一本でD700ボディの新品が2台買えちゃいます。
で、観音様の1.2Lも52φでしたか。
素人的には62φまで広げたほうが特性は良さそうに思えるけど、実際は製造工程や品質の問題があるんでしょうね。
使う側からすると標準単レンズなのにクソ重たいとか。
昨晩はEMボディに1.2Sを装着して、The Blend of Nikkaをチビチビ呑んでました。
見てるだけで酒が進みます(あぁ、ダメ人間)

このタイプのレンズは入手して、数枚撮ったら防湿ケースの番人になってしまうんでしょうね。
ポートレイト主体の人でも使うシーンが限定されそうです。(明るい85~135mm持ち出すでしょうし)
2012/01/05(木) 09:37:30 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/453-3ccb084d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック