バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
[夜走り]秋のシオヤ
琵琶湖を終えた翌週の週末、金曜日に座間へ初来訪するなどあったが、土曜の夜は秋のシオヤへ久々の夜走りになった。
都内の気温は21度、しかし利根川を渡ると一気に気温が下がって15度前後という秋を感じさせる夜。
冬と大きく異なるのは夜露の降下を感じさせない乾いた空気。
それでも皮グローブの中にはインナーグローブを装着し、装備も秋仕様。
気分次第でルートを選んだが、いつもの国道6号→利根川沿いをひたすら東進は飽きたので京葉道路→東関道の高速ルートを選択。
幕張PAは警察が検問を敷く物々しい状態だったのでパスして酒々井PAでトイレ&タバコ買い足し(今年で6箱目、もの凄いローペース消費)。
PAの建物の中は何やら工事をしていたが、よく見ると松屋がキッチンカーで出張店舗を展開していた。
これはこれで面白そうなのだが、ここで何かを食べてしまうとシオヤに行く意味が無くなってしまうので我慢してスルー。

日付が変わって日曜になってから少し経過した頃にシオヤへ到着。
他に誰もおらず一人で天ぷらうどんを満喫、今日もニキシー管が元気に点灯しとりました。
9月に訪れた時はコオロギの輪唱だったが、10月も半ばに差し掛かると声も少なくなって天頂に輝くオリオン座が冬の足音を伺わせた。
天井の殺虫灯も電源が切られて窓も閉め切られた様子に夏の暑さが懐かしく思える。

グローリーの自販機に貼られている2012年のカレンダーも残りわずか。
婦警さんのイメージキャラクターのこの娘も3ヶ月後には新しい娘に変わっているのだろう。(なぜか毎年更新されているwww)

シオヤを後にして408号線から江戸崎→美浦と抜け、霞ヶ浦沿いに走る旧国道125号線で木原の街を通りながら土浦へ出た。
そのまま国道6号を左手に眺めながら神立から石岡へ県道で抜けて龍神山の脇から八郷→真壁と通り筑波山を一周して朝の5時に都内へ戻る。
八郷の中ではぶら下げた温度計が12度付近を示していた。
あと2週間もしたら冬用グローブが欲しくなるのかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/481-717311a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック