バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
シオヤ夜走り
冬支度のまとめとして土曜の夜にシオヤへ軽く夜走りしてきた。
出発時の都内の気温は約6度、これが郊外に出ると一気に下がって2度〜3度、場合によっては0度になる想定だ。
電熱ジャケットや電熱グローブなど電気による防寒装備が増えてきている昨今だが、電気は使わない方向で足掻いてみる。
よって、熱源は今まで通りハクキンカイロを主体に…
今年の新調装備の一つがコレ、ラフ&ロードのウォームインナーパンツ。
今まではユニクロのヒートテックタイツ(ハイテクモモヒキと脳内変換)を使用していたが、汗が出ない状況ではむしろ寒く感じるので単なる布と化していた。
そんなに高価な品でもないので試しに購入。(ダメならガレージで整備する時の防寒服として活用するつもりだった)
普段からLサイズで服を購入しているのでインナーパンツもLサイズにしたが、届いた品を試着したところ若干大きめな感じ。
ひょっとしたらMサイズで十分だったのかもしれないが、弊害は無いのでこのまま使用。

もう一つの装備が同じくラフ&ロードのイージーラップオーバーパンツ。
オーバーパンツは既に持っているが、中綿が程々に入っているタイプなので装着するとかなりモコモコ感が出てくる。
また、高速を走ると余った布地の部分がバタつきはしないものの、風を受けているのがわかる違和感もあって体にフィットしたものが欲しかった。
探せばゴールドウィンなどで体へフィットさせやすい製品が存在するが、値段は自分の予算にフィットしない高価な製品。
ということで巻き付けタイプを購入したが、試着した段階でLサイズは私には大きかった。
実は巻き付けタイプのオーバーパンツが無いか先々週に練馬ナップスへ見に行ったのだが在庫無し、仕方ないのでWEB通販を利用した。
店舗で試着できればサイズの問題はクリアできたのだが、こればっかりはどうしようもない。
多少ダブつく感触は残るが、装着は可能なのでこのまま使用する予定。

ということでシオヤ到着、ウェストバッグの温度計は4度ちょい上を示していた。
下半身はウォームインナーパンツ+Gパン+イージーラップオーバーパンツで全く寒いと感じなかった。
上半身は去年から変わらぬ装備でフリースの長袖Tシャツ+マイクロダウン+革ジャンの構成。
革ジャンの左側内ポケットへ貼付けたハクキンカイロポーチをそのままに、背中の襟元(首の根元から背中にかけての位置)にもハクキンカイロを入れておけるポケットを増設しておいた。
どちらも革ジャンの冬用インナーユニットを利用するので夏場は冬用インナーと共に外しておける。
更に近くのホームセンター700円のネックウォーマーで襟元から鼻まで覆うようにして首とアゴの冷気をカット。
シオヤへの道のりで寒いと感じたのは足のつま先と手の先だけだった。
足は厚手の靴下で回避できるし、手は電熱グローブからヒートグリップ化しなければ対策できないと思われるので、バッテリーが貧弱なRZ250は諦めてGPZ900Rだけに装備するか今後の検討項目。(グローブ自体に電熱線が入った製品もあるが、逆に言えばグローブを選べないので今の所は選択肢から外している)

この日のシオヤは他に誰も訪れない貸し切り状態だった。
今年のシオヤへの夜走りは今回がラストかもしれないな…なんて思いながら、天ぷらうどんを頂いた後、来年の警視庁カレンダーは誰がモデルをやるのだろうなどと考えながら珈琲を飲んでまったり過ごす。
帰りは国道408号線で牛久へ抜け、茎崎から大穂を通り、国道294号線で国道6号へ抜けて都内へ入った。
途中、背中から腰にかけて寒さを感じたが、家に戻ってからアメダスの気温を確認したら0度から氷点下域の-2度まで気温が落ちていたので、流石にこの温度になるとハクキンカイロを2個追加して腰ベルト装備が必要なようだ。
あとは、慣れ…かな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/495-99d2ec62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック