バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
[夜走り] 2013年 初シオヤ
年末年始の休みもあと僅か。
家の行事も一通り終え、残りの時間を有意義に使うべくガレージにて整備など…と言えるような気温ではなかった2013年の初め。
道が空いている前提で夜走りに出た。
向かうは千葉県は下総のオートパラー シオヤ、初シオヤになるかな。
出発時の都内の気温は3度、恐らく現地は氷点下に近い気温になるだろう。
シオヤへ向かう時は国道6号線を北上することが多いが、言問い通りを東進して隅田川にかかる言問橋に差し掛かる場所が好きだ。
理由は東京スカイツリー。
浅草から向かう時にチラリと見えるが全体はビルの影に隠れて見えない、それが交差点に入った瞬間に言問橋の向こう正面にドーンと見える。
夜の早い時間であればライトアップもされてインパクトは十分、見慣れない人は車のブレーキをかけて見入ってしまいタクシーにクラクションを鳴らされてしまう光景も過去に何度が見ている。
三田から見る東京タワーと並んで好きな光景だ。

シオヤへ到着したのは日付も変わった深夜。
道中も車が少なかったが、シオヤには誰もおらず今晩も貸し切り。
外気温は1度、思ったより冷え込みは少ない。
しかし手を中心に体が冷えているのでハクキンカイロで暖めつつ、今年初のオートパーラー食に天ぷらうどんを頂く。
店内は昨年同様に安定稼働中、今年も夜走りでお世話になるだろう。
一つだけ残念だったのは使われていないグローリーの自販機に貼られているカレンダー。
毎年なぜか県警から頂いたと思われるカレンダーだったのだが今年は違っていた
去年のイメージキャラクターの女性の部分を残して汎用的なカレンダーが合体していた。
密かに楽しみにしていただけに残念。
来年は頼みますよ〜

シオヤのドアを開けて空を見上げると木星とプレアデス星団がランデブーしながら西へ沈もうとしていた。
シオヤを出ると国道408号線経由で筑波へ向かい、筑波山をバックに北の天頂でも撮ろうと思ったが薄い靄がかかってしまい断念。
気がつけば手元の温度計は氷点下6度を示している。
上空の湿気が冷え込みで降りてきてしまったのだろう、土の上を歩くと幾重にも重なった霜柱が固い音を立てて折れる音が響く。
信号で止められることが多い東大通りを避けて土浦上ノ室線から谷田部街道を経由し、茎崎牛久線で国道6号へ抜けると年始のトラックの群れに紛れて都内へ戻った。

今回の装備は指先を除けば氷点下5度の気温に耐えられる装備なのを確認。
グリップヒーターでも試してみるかな…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/502-83220b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック