バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
Cyber-shot U40のCCDまで分解
春一番が吹いた翌日、一転して強い北風が吹き荒れる土曜となってしまったので外へ出掛ける気分にならず、CCDが死んでいるCyber-shot U40のレンズ部分の分解を行った。
当初の予定では今回行ったCCD素子を取り出す所までだったのだが、以外にブロック化されていたので一昨日の2個1作業はレンズ・フラッシュ部ごとの交換になった。
そのレンズ・フラッシュ部までの分解は既に行った作業なので難なくクリア。
フレキシブルケーブルが巻き付くように配置されているレンズ・フラッシュ部をよーく観察してフレキシブルケーブルを1カ所外し、ネジを2個外すだけでCCD部が簡単に外れた。
CCD基板そのものはソニーへCCD交換に出した時に返却してもらった部品で見ていたが、そのCCDセンサー部の前に青緑色の硝子パーツがあることは想定していなかった。
恐らく赤外線領域の情報を調節する為のローパスフィルタ代わりのパーツではないかと推測するが、それにしては厚みがあるので想像の域を出ない。
ともかく分解方法がわかってすっきりした。

U40のCCD分解まで習得した後、センサーが光に過剰反応するので放置していた別のU30を引っ張り出して分解した。
U30もCCD部まで分解したが、基板部分の構成がU30とU40では異なることが判明した。
CCD部分は共通部品のはずなんだが、CCD部が完全に共通パーツならお互いがバックアップパーツとなり得ただけに残念。
ソニーもUシリーズの修理対応を終了(点検までしかしないと想像する)しそうな雰囲気なので、ハレーション気味に写ってしまうU30のCCD交換を行うか早々に決めておかねば…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/517-7a34804e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック