バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
KENWOOD PG-4Y自作
KENWOODのアマチュア無線機 TH-F7には400のメモリチャンネルがあるが、これを手でチマチマ入力していると面倒なのでPCで管理してTH-F7へ読み書きする機能が装備されている。
この機能を利用するにはPC側には専用のアプリが必要だが、メモリーコントロールアプリ「MCP-F6F7」がケンウッドから無償で提供されている。
問題はPCとTH-F7の接続、オプションとしてインターフェイスケーブル「PG-4Y」が設定されているが、メーカー価格で5,040円と高価だ。
年に数回、下手するとTH-F7を所有している間に数回しか使わないかもしれないケーブルに5千円は躊躇する。
航空無線やラジオのBCLなど傍聴マニアであれば頻繁にメモリ内容の変更を行うかもしれないが、私の使い方だとラジオ放送局を登録したら変更せずに使う。(実際、現在のTH-F7に登録されているメモリは10年前に手動で登録した100メモリ程度をずっと使い続けている)
とは言え、バイクに搭載して長距離移動の時のラジオ替わりにならないか模索している状況なので行き先に応じてメモリ内容は変更したいし、変更前に戻したい状況も発生するだろうと思い純正オプションをポチろうかと思った直前、「自作できるんじゃね?」という考えが沸き起こる。
ミニプラグ2本をDin-SUB9ピンに変換するだけかも…と淡い期待を持って色々調べたが、意外にTH-F7+PG-4Y自作の例が検索にヒットしない。
半ば諦めかけたとき、キーワードをシンプルに変えてみたら1件ヒットし、見事に希望する内容の情報だった。

検索にヒットした情報を元に秋葉原で部品を調達してくる。
判明した事実は淡い期待と異なり、TH-F7側がTTL信号の入出力であることから、シリアル信号レベルまで変換をかけなければならないという、言われてみれば当たり前の内容だった。
肝となるパーツはRS232CレベルコンバータIC [ADM3202]、秋月電子でDIPソケット・コンデンサ・データシート添付の2個セット300円也。(1個で十分なので単体売りを聞いたが「無い」とのこと、面倒なので2個セットで購入)
他に必要なのは基板、これは手持ちの蛇の目基板が余っていたので購入せず。(100円くらい)
それとRS232Cケーブルを接続するDin-SUB9ピンのメス端子 100円也、MIC/SP端子の3端子ミニプラグ(2.5φ/3.5φ)計2本、これも手持ちがあったので購入せず。(1本80円くらい)
ケーブルは不要なUSBケーブルがあったので流用。(百均ショップで購入できるから100円としておこう)
そして最後にPCにレガシーI/FであるRS-232Cが無いのでUSB→RS232C変換ケーブルが必要になるが、ヨドバシカメラなどで購入すると2千円ちょっとするのが秋月電子ブランドだと900円からというリーズナブルなお値段につき購入。(ドライバCD付きのスケルトンケーブル950円也)
これで合計1600円ほどのお値段。
純正オプション+メーカー品のUSBシリアル変換だと7千円ほどの価格になるので2割程の予算で済んだ計算だ。(ちゃんと動けば…ね)

情報元のページには実態配線図も掲載されていたので、それを見ながら部品を配置してハンダ付けしていく。
ウインカーLED化の時に組んだICリレー回路と比べれば非常に簡単、ハンダ付けそのものは30分もかからず終了。
意外と時間がかかったのがステレオミニプラグがTH-F7本体に差し込めるようにする修正だった。
TH-F7本体のプラグ差し込み口付近は意外と狭く、汎用部品のミニプラグだとプラグジャック周辺の盛り上がったボディが干渉してしまい奥まで差し込むことができず、プラグピンが押し出されてしまった。
最初はプラグピンのカバー部分の樹脂が太すぎると思っていたが、プラグピンの台座部分の金属もTH-F7本体の樹脂に干渉してしまい、差し込みきれていなかった。
結局、TH-F7本体のSP/MIC端子の周囲のボディ樹脂をリューターで1mmほど削り、汎用部品のミニプラグが奥まで差し込めるようにする必要があった。(同時にミニプラグ側も根元部分の樹脂を1.5mmほど削って金属の台座だけが飛び出す状態にした。)

PC側にメモリーコントロールアプリ・ケーブルのドライバをインストールし、ポート設定を終えてMCP-F6F7からTH-F7のメモリ読み込みを行うと…正常に読み込み完了。
MCP-F6F7は正直なところ使いやすいアプリケーションとは言い難いが、これでTH-F7のロータリーエンコーダをチマチマ回してメモりチャンネルへの登録を行う必要はなくなった。
高い純正品を購入せずに済んだので検索にヒットしたページの作者に感謝。(個人のページなので安易にリンクするとアレなので現在は伏せさせていただきます。)

あとは…申請中の局面が届くのを待つ間に350ch分のFM/AMラジオ局を登録する作業に勤しむだけ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/522-d7f14ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック