バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
夜走り
GPZ900Rのトラブルも解消されたので久々にシオヤへ夜走りに出かけた。
都内の気温は18〜20度程度、いつもの皮グローブに上着だけ1枚多く重ねて下道のみでシオヤを目指す。
国道6号では幾度となく信号待ちに遭遇するがアイドリングは800rpmでもフラつきは少なく安定していた。
信号が青になるとクラッチをゆっくりつないでアクセルを少しだけ煽るとアイドリング回転数そのままに車体が前に動き出して速度とともにエンジンの回転数も上昇していった。
ここ1年ばかりはアイドリングでもバラつくことが多かったのでアイドリング回転数を1200rpmあたりの高い設定にしていたが、今回のトラブルシュートでアイドリングから静かに発進する下道ツーリングの乗り方が再び出来るようになっていた。
定期的にメンテナンスしていれば何も困ることは無かったのだろうが…(ちと反省)

シオヤへはAM2:30頃に到着。
2月に訪れたっきりのシオヤだったが、カップヌードルの自動販売機が一時販売停止になっていた。
単なる故障であればいいのだが、この自動販売機は取り出し口の横に「フォーク」と書かれたスペースを持つ古いタイプなので残っていて欲しいものだ。(神宮外苑にある自動販売機は新しいタイプなのでフォーク取り出し口は無かったはず)
また、いつものうどん・そばの自販機も割り箸が在庫僅かになっていたのと店内も掃除が行き届いていない状態だった。
単に夕方からマナーの悪い客が来ただけならいいが、このご時世なので嫌な想像だけが先走りする。
気になるので近いうちに訪れる予定だ。

帰りは知人から私が大昔に住んでいた住宅が空き室が多くなっているとの情報を貰っていたので、薄明の東の空を背につくば市方面へ向かった。
まだバイクの免許も取れない年齢の頃に住んでいた住宅は木々が生い茂っていたが、確かにほとんどが空き室になっていた。
自転車を置くスペースも数台だけしか無く、このエリアはまとめて整備されてマンションか何かに変わるのだろう。
形ある物はいつか崩れる、ここにある建物は記憶の中だけで十分。
もう訪れることは無いだろうから、少しだけ目に焼き付けてから高速に乗って都内へ戻った。

高速域でも少しだけ整備後の確認を行ったが、エンジンはインターチェンジから本線へ乗る時の加速も、走行車線の巡航も以前より滑らかに動き、トラブルが出る前と比較しても以前の調子に戻っているのが確認できた。
下道走行中にエンジン左側から聞こえる音を除けば問題なしだろう。
カムチェーンのテンションが緩くなっているのかもしれないが、自動調整だったかな?まじめに調べてみよう。
さてと…寝る。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/535-6fd62168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック