バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
ナップスのピット作業でトラブル
この記事を検索で見つけて読まれた方、ナップス練馬店に車体を預ける時は覚悟されてください。
トラブルが発生しても過失を認めず言い訳だけする可能性が非常に高い店です。
他にも「もう来るな」と言われた方も居るようですし、自分の命を乗せて走る車体を預ける店は慎重に選んでください。


騙し騙し使ってきたが走行中にステップを通じて微妙な引っ掛かりの振動が伝わってきていたドライブチェーン。
「夏ボ」が期待した金額ではなかったので冬まで待ちかな…と思っていたけど、やはり危険なのと気持ちよくないので盆休みの合間に交換しようとナップス練馬店へ向かった。
この時は何年も世話になっているナップス練馬店とトラブルになるとは微塵も思ってなかった…
カシメ治具を持っていないのでピットへ作業を依頼し、待つ事30分ほど。
作業完了の連絡を受けて車両を引き取り走り出した後のことだった。

ん?ETCに電源が入っていない…

依頼した作業はチェーン交換と空気圧の点検だけ。
ハンドル周りは作業対象領域ではないはずだが、なぜかETCの電源コネクタが外れてトップブリッジの奥に顔を覗かせていた。(一体型ETCを装着しているが、イタズラ防止の為にソケット化して外せるようにしている)
ハンドルを左右に目一杯切ってもコネクタが引っ張られて外れないようにケーブルの長さも余裕も持たせているし、ピットに預ける直前にイグニッションをONにすることがあり通電しているのを目視確認していた。

家に戻ってから電話で練馬店のピット作業担当者と電話で話したが「そこは触れてないし、店側には一切の非は無い」の一点張り、しかも「運転する側も含め、他の要因ではないでしょうか」ときた。
確かに配線は私がいじっている、しかし、外れるのであれば過去数年の間に発生しているはずだが、今まで一度も無い。
それに配線はハンドルを左右限界まで切っても余裕がある長さで配線してあり、更に車体側の配線はカウルフレームのシャフトを一周するように巻かれていたが、私はこんな巻き方はしないし車体を預ける前の状態は巻かれていなかった。(自宅を出発する前に自分で装着したから覚えている)
仮に配線のコネクタが何かの弾みで外れたにしても、カウルフレームのシャフトを一周する訳が無い。
明らかに人が手を触れた形跡以外の何者でもない。

私が過去に整備系の仕事に就いている時は、自分たちの作業に自信があっても預かった車両でオーナーが不快感を示しているのだから理由は曖昧にしたまま、まずは謝りの言葉を一つ入れて相手を落ち着かせる指導を受けてたがナップスは違うと判断せざるを得ない。
最終的に落としどころは見つからず、自分の擁護しかしない店員と話をしても時間の無駄なので電話を切った。

しかし、「ハンドル周りに触れてない」と言いつつ、整備担当の者は「車体の簡単なチェックを行ってハンドルを左右に切った」と電話で答えるなど矛盾がある。
仮にハンドル周りのチェックを行った時にコネクタが外れたのであれば、それに気がつかないのもおかしい。(コネクタはトップブリッジの上に顔を出していた)
過去に3回ほどナップスのピットを利用したが、2回は不可思議な結果を見つけている。(RZ250のタイヤ交換でチェーンカバーのネジが交換されていた、ここ外すか?、それとGPZ900Rのタイヤ交換でアクスルシャフトがキツく締められていて次のタイヤ交換時に元町のケンタで難儀したこと)
何も無かったのは東八三鷹店でETCを取り付けた時だけだ。

少し熱くなってしまいナップスのピット作業で軽いトラブルになってしまったが、配線一つと言えども不信感を残す対応ではナップスのピットは今後一切利用せず、自分で作業する or 信頼できる店に依頼する(金と時間がかかっても)の二択しか残されていない。
店側も私のような面倒くさい客より、ホイホイ金だけ出して文句言わずに帰っていく客の方が良いでしょう。
「触れてない」と言いつつ、車体に変化があったのは確かなのに、原因不明と言い張る店は信用できないし危険すぎる。

 結論「ナップスのピットは金輪際、利用しない」

こんな店に車体を触れさせるのは危険だ。
預かった客の車体に責任を持っていないとしか考えられない。
大事に至る前に利用しないことにした。

【2014/10/13追記】
このトラブルのあった当日にナップスのEC会員から退会し、メンバーズカードも破棄した。
しかし、1年後に私の携帯にナップス練馬から電話…個人情報を不当に保持してるショップと認定。
半年超えて個人情報を保持するのは基本的に違反のはず、メンバーズ契約時の約款に「永久に保持」とか小さい文字で書いてあるのかもしれないが、神経を逆なでする行為に呆れ果てた。
こんな所に個人情報を晒してしまったのか…
コメント
この記事へのコメント
こんばんは、t・mと申します。
私も以前同じ様なことがありました、車検にだしたのですが受け取って家に帰る途中に燃料計が動かないのです、そのままナッ○ス東八店に持っていったら『そこはまったくいじっていない、ここからのって帰る途中におこったことで関係ない』といわれました、抗議をしたのですが言い張られてそのまま泣き寝入り、燃料計はそのままで2年後の車検後、燃料計が復活していました、たぶん配線等が抜けていたのではないでしょうか。それ以来車検は別のところに頼んでいます、皆さん他のバイク屋さん(購入したところも含めて)もそうですが自分で見極めて(検索・調べて)自分にあったバイク屋を探しましょう。

2016/01/17(日) 21:13:17 | URL | t.m #-[ 編集]
>t.mさん
返事が遅くなりました、失礼!

ナップスの整備に対する姿勢は一バイク乗りとしては受け入れられない考えは今も同じです。
t.mさんの話だと、車検整備でガソリンタンクを外してプラグチェックなどを行った際に配線コネクタの戻し忘れと思われますね…。
車検の整備記録にスパークプラグのチェックがあるので『そこはまったくいじっていない…(略)』という言葉が本当なら、法定項目をパスして車検を通したことになってしまいます。
店側もピット作業で単純なアフターパーツの装着作業後にユーザが勝手にいじって店側の責任にされたなどのトラブルが頻発して現在の「関係ない」という主張になっているのでしょうが、個人的には店の信用を落とすだけの話に思えます。
個人レベルでは店側の方針を変えることは出来ませんし、店を変える(二度と行かない)しかないですね。
私も今は大型車のタイヤ交換レベルの作業以外は全て一人で行っています。(RZ250のタイヤ交換&バランスは自分でやることにしています)

私たちが"たまたま"納得できない稀有な例に遭遇したのか、それとも恒常的に発生している出来事なのかは判断できないので情報は残しつつ店に近寄らないだけで十分と思います。
2016/04/07(木) 10:53:29 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
Re: ナップス
シークレットでのコメントありがとうございました。
大っぴらにコメントするには気が引けますね…

でも、ナップスの整備スタッフが信用できない点は同感です。
私も昔は自動車整備の端くれを目指したので生兵法ですが少しだけ知識があります。
その私から見ても不安になるので、とてもではないけどお金を出してまで命を預けるバイクの整備をまかせる気にはなりません。
ライコランドも同じ人が流れていくのでしょうが、指導が良いのか今のところ酷い目にあったことはありません。

街のバイク屋さんがあった昭和の時代であれば店主と客の間に信頼関係を構築できる余裕がありましたが、量販店のピットではそのような関係はまず無理です。
ユーザーが信頼できる店を探すのが困難な時代になってしまったのだと思います。
私の場合は幸いにも付き合いが長いバイクと単純な構造の古いバイクなので自分でなんとかできる領域が多いですが、そうではない車種や環境の人には厳しい時代だと思います。
狂ったようにナップスを批判する気はありませんが、他人に尋ねられたら私が遭遇した事実を伝え、判断は本人に委ねています。
私は余程の事情が無い限りナップスでは買い物をしないつもりですす、ピットには自分のバイクは二度と預けません。
2016/08/01(月) 14:56:54 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/542-6aff2f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック