バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
琵琶湖と平湯
3連休初日になる土曜の早朝、まだ気温が25度を計測している都内を出発し、中央道で甲府まで。
都内を出た時は半袖に皮ジャンとGパンのみだったが笹子トンネルを超えた所で気温が落ち込み、PAに立ち寄って長袖を着込みグリップヒーターを稼働させた。
甲府から塩尻までは富士山を背に早朝の空いた国道20号線をのんびりと走る。
竜王でガソリンを補給するが、朝焼けに染まる富士山が綺麗だった。
塩尻の国道20号終点である高出交差点に到達し、そのまま直進して国道19号線へ。
高出から暫く走ると気になるオートレストランらしき店があったのだが、辿りついてみると店内改装中の為に営業していなかった、残念。
そのまま国道19号線を走るが平均速度60km/hで順調に流れる。

しかし、このままのペースで琵琶湖に向かうと予定していた時刻を過ぎそうなので中津川から高速に乗って一気に琵琶湖まで…の前にガソリンが無い。
恵那峡SAへ立ち寄りバイクに燃料を補給すると共に人間にも燃料を補給。
店内の高めな価格設定の食事には食指が動かず、外の店舗に着目。
飛騨牛を使用したタコ焼きならぬ「牛たま」を単なる粉モンとして食べてみたが…しっかりした飛騨牛の風味があり、良くある「飛騨牛」を名前に冠しているものの他の食材の味に埋もれてしまうコロッケなどと違っていた。
ただ…タレがポン酢だって渡す時に言ってよオバチャン…気が付かずにこぼして歩いてた…もったいない。
次に恵那峡SAに寄る時も食べよう。


中央道から東名高速→名神高速と走り、途中で数キロレベルのプチ渋滞があっただけで彦根まで滞りなく到達。
彦根から先は湖岸道路を走り、無事に目的地に到着。
毎年恒例の湖から吹いてくる風の強さはあいかわらずだった…
ま、夜には収まるので日が出ている間の我慢。
夜には旨い酒を飲み、空を幾つもの流れ星が消えていくのを横目に焚火しながら1年に1回の琵琶湖を楽しんだ。

翌日は久しぶりに琵琶湖から平湯へ向かうことに。
去年と一昨年はRZ250で琵琶湖に向かったので平湯へ向かうだけの気力が残っていなかった…やはり長距離は排気量が大きいほうが楽だ。
彦根から高速に乗って北陸道経由で飛騨清見から高山道で高山市へ。
今年はラジオ代わりの無線機も搭載したので淡々と走る約300kmを暇せずに過ごす事が出来たが、部分的に何も電波が入らない地域もあるのでMP3プレイヤーなど補完する機能があると完璧か。
途中、高山市の丹生川でACOOPにゅうかわに立ち寄り晩飯の食材を購入。


いつもは平湯へ到着してから栃尾のACCOPまで買い出しに出かけるのだが、今年は手を抜いて丹生川で食材を購入してしまおうと考えたが、飛騨牛の品揃えは栃尾ACCOPが豪華かな?という気がした。
栃尾ACOOPは栃尾温泉の小規模な温泉宿が食材の購入にも使う面を持っているので他のACOOPとは違う要求もこなしているので特例なのかもしれない。
どっちにしても100gで2000円もするような肉は買えないのでどっちでもいい。
リーズナブルなモモステーキ780円で妥協、これに塩コショウを振り掛けて炭火で焼くだけだ。

10月の平湯キャンプ場へは3年ぶりになるが平湯峠の紅葉も例年からすれば足が遅いので「空いているかな?」と思ったがフリーサイトに四輪のファミリーキャンパーのテントが…やはり混雑しているようだ。
気温19度、実に快適な温度だ。
夕方に早目の食事を摂り、ひらゆの森で温泉に浸かってのぼせた体へ冷たい生ビールを流し込み、キャンプ場へ歩いて戻る道の途中にある交差点で見た気温の電光掲示板は「3」という数字を表示していた。
テントへ戻り、炭火をにあたりながら平湯峠を上りながら遠ざかるエンジン音を聞きながらシングルモルトを体に流し込んだ。

3連休最後の月曜、帰りの渋滞が気になったので昼過ぎには都内へ到着できるペースで早々に撤収。
安房トンネルへ入る平湯の交差点からは快晴の空に映える穂高岳が見送るようにそびえ立っていた。
松本から高速に乗り、甲府を通過中の10時半頃に電光掲示板には「小仏トンネル 渋滞2km」…マジですか…そーですか…
笹子トンネルに入る手前でも登坂車線からの合流も手伝ってプチ渋滞、道は2車線とも常に車両が配置される状態になって小仏の渋滞は5kmになっていたが完全に停止するような酷い区間は僅かだった。
ほぼ正午の時刻に自宅へ到着。

今回はテントも小型にして簡単装備にしたつもりだったが、使わない装備も多かったので更にコンパクト化ができないか検討しよう。
残念なのは肩の筋肉痛が2日目から…これって初日の移動だよなぁ…体鍛えよ。
コメント
この記事へのコメント
やはり平湯には飛騨牛がつきものなんですなあ。今度行ったら飛騨牛(の安いやつを)入手しようと思います。
2013/10/15(火) 22:09:31 | URL | かぎま #-[ 編集]
〉かぎま氏
飛騨牛は独特の風味で上手いですが、平湯だとモモ肉が格安で入手できます。
都内でも飛騨牛は手に入りますが、霜が降りまくった部位しか流通せず、こってりしすぎなので食べ飽きる事も。(その前に買えないw)
さっぱりしたモモ肉を沢山食べるか、こってりした霜降り肉を飽きるまで食べるかは個人の好みですな。
もっとも、平湯で一番美味しいのはバスターミナル前の郵便局横の湧き水だったりしますが(笑
2013/10/16(水) 11:14:32 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/552-bc58669f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック