バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
PENTAX Q:04 TOY LENS WIDE を使ってみた
PENTAX Qシリーズ用交換レンズ「04 TOY LENS WIDE」、レンズ構成 3群4枚・焦点距離 6.3mm・F値 7.1固定。
35mm判換算では35mmに相当する標準広角とも言えるオイシイ画角なのだがマニュアルフォーカスのみ、いわゆる「オモチャレンズ」だ。
安いお店では5千円を切る実売価格で入手可能な手軽に買える交換レンズ、それを購入してから初めてちゃんと使ってみた。
しかし、持ち出す前にやることが一つあった。
それはレンズキャップが03魚眼レンズと共通の為に04 TOY LENS WIDEではレンズ面とキャップの先端の隙間が大きく、指でつかみ易く脱着し易いメリットはあるが、収納時にコンパクトとは言い難かった。
せっかく全長20.5mm/重量21gという小型・軽量のスペックを少しだけスポイルしていたのでカッターで余計な部分をカットした。
これで無駄なスペースが気にならなくなる。(ただの自己満足)

トイレンズとは言え、ネットのレビューを見ると「そこそこ普通に写る」という意見が多い。
まずはそれを確かめるべく光量たっぷりの晴れた日に風景を映してみると…うん、普通に写る。
もちろん現在の携帯電話に装備されているレンズよりも解像していないし、全体的にフレアを纏い、色ズレも感じられる。
しかし、全くダメという訳でもなく、トイレンズ特有の周辺光量が盛大に落ちて独特の表現を持つかと言えば無い…
15年程前のデジカメ黎明期の画像を見ているような気分だ。

また、メーカーによると歪みは「味」として残しておいたとなっている。
公園のブランコ周辺の手すりなどを見ると確かに歪んでいる。
(フィルタはポップか鮮やかにしたので空の色含めてドギツイ色になってしまっている…)
PENTAX Q にはレンズ補正を行う機能が内蔵されているが、01 STANDARD PRIMEや02 STANDARD ZOOMなどに適用されているものの 03/04/05のトイレンズ群には適用されていないようだ。(03は魚眼なので適用しようもないし、適用すると意味が無い)
パソコンの画像ソフトで歪みを強制的に(手動で)修正するとこんな感じになるのだが、解像が甘いレンズで歪みだけ矯正すると実につまらない駄目レンズと感じてしまうから現在の歪みを残したメーカー側の判断は正しいと思っている。


その歪みも撮影条件を考えればこの画像の様に気にならないし、逆に表現方法として「あり」と思えてくる。
この画像の場合は歪みはあるものの、場所の広がり感が出ている…気にならないかな?
縦横に走る線、特に縦の線が両脇にこないようにすれば良いという大昔の安物レンズ(写るんです的な安物カメラね)と同じ使い方で十分楽しめるはずだ。
個人的には懐かしい感触なので、この歪みを非常に気に入ってる。

また、PENTAX Q 本体にはデジタルエフェクト機能がある。
やりすぎると前衛的な絵になってしまうのだが、それらを使うとこんな感じの絵になる。
ちなみに元絵はこれ
最初は「トイカメラ」をかけてから「シェーディング」をかけていたのだが、「トイカメラ」は全体にボカしを入れてしまうので非常に眠たい絵になってしまった。
中央にはピンが来ているが、周辺はボケボケ(しかも流れている)表現なら狙い通りだったのだが…
結果的にPENTAX Q 本体では「シェーディング」のみをかけ、パソコン側で色をキツくしてみた。
このレンズは無限遠の解像には期待してはダメだが、数メートル先の被写体までは意外にしっかりした像を結んでくれる。
むしろパンフォーカス的にとてつもなく深い被写界深度になってくれてればレンジファインダー的な使い方ができたので便利だったのだが…無理だったんだろうな。

あと、F値が7.1固定ということもあってか、日陰など暗い場所では極端に色温度が下がったコントラストの低い絵になる。
花などカラフルな素材はデジタルエフェクトを積極的に使うなどすることで色が沈んだ絵にならなくなるが、エフェクトも極端すぎることが多いので諦めるしか無いだろう。
補助光的にフラッシュを使うこともできるが、このレンズでは暗部が消えてしまうとメリハリの無いつまらない絵になってしまうだろう。
一部の色を残して(この場合だと赤色かな?)他の色は落としてしまうなどすることで表現につなげることが出来るかもしれない。
むしろ、曇天の日にこのレンズで撮影したら面白いかもしれない。

前に使っていたニコン D200という暗所にめっぽう弱いカメラがあったが、ノイズが出るデメリットを逆手に取ってISO1600や2000に設定してモノクローム画像にするとフィルムカメラのようなザラついた表現を実現できた。
最近の高感度に強いカメラだとこの技が使えず、良く写る事がデメリットになる珍しいケースもある。
PENTAX Q も1/2.3センサー故に暗所に強いとは言えないので、この 04 TOY LENS WIDE のトイレンズらしからぬチープさと掛け合わせる事で面白い表現が構成できるかも知れない。
コメント
この記事へのコメント
あーなんか懐かしい絵柄だー
2013/11/16(土) 22:57:10 | URL | こけ #-[ 編集]
>こけ
裏面照射CMOSセンサーだけど、サイズが小さ過ぎて初期のCCDになんか似てる。
デジカメ普及期の35万画素とか85万画素の時代の写り方に似ていると思うゾ。
2013/11/17(日) 16:52:58 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/556-30ca9989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック